【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第11回】大きな向上心を持つが故のクラッシ ュ。ミックの …

【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第11回】大きな向上心を持つが故のクラッシュ。ミックの …

2021年シーズンで6年目を迎えたハースF1チームと小松礼雄エンジニアリングディレクター。シーズン前半戦の最後のレースとなった第11戦 …

【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第11回】大きな向上心を持つが故のクラッシュ。ミックの成長には“バランス”が不可欠(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2021年シーズンで6年目を迎えたハースF1チームと小松礼雄エンジニアリングディレクター。シーズン前半戦の最後のレースとなった第11戦ハンガリーGPは、FP3でミック・シューマッハーがクラッシュを

フェラーリのラインアップは、F1全チーム中最高! ビノット代表信頼「将来が本当に楽しみだ」

シャルル・ルクレールと、今季新加入のカルロス・サインツJr.を擁するフェラーリは、現在F1に参戦する全てのチーム中もっとも優れたラインアップ …

フェラーリのラインアップは、F1全チーム中最高! ビノット代表信頼「将来が本当に楽しみだ」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 シャルル・ルクレールと、今季新加入のカルロス・サインツJr.を擁するフェラーリは、現在F1に参戦する全てのチーム中もっとも優れたラインアップであると、同チームの代表を務めるマッティア・ビノットは語

レッドブルF1、ルノーのエンジン開発責任者を引き抜きとの噂

アルピーヌF1は、エンジン部門の責任者を務めてきたレミ・タフィンがチームを去ったことを確認。すでにレッドブルF1のエンジン部門である …

レッドブルF1、ルノーのエンジン開発責任者を引き抜きとの噂
アルピーヌF1は、エンジン部門の責任者を務めてきたレミ・タフィンがチームを去ったことを確認。すでにレッドブルF1のエンジン部門であるレッドブル・パワートレインズへの加入が噂されている。1999年にルノーに加入したレミ・タフィンは、フェルナンド・アロンソのレースエンジンアとして2005年と2006年にダブルタイトルを2連...

「気持ちよく終われず残念なレースだった」多重クラッシュの影響でまともに戦えず/ホンダF1 …

【写真】2021年F1第11戦ハンガリーGP 赤旗中にフェルスタッペン車のダメージを確認するレッドブル・ホンダのクルー レース後、ホンダF1の山本雅史 …

「気持ちよく終われず残念なレースだった」多重クラッシュの影響でまともに戦えず/ホンダF1山本MDインタビュー(1)(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2021年シーズン前半戦の最後のレースとなった第11戦ハンガリーGP。レッドブル・ホンダの2台はスタート直後に発生した多重クラッシュに巻き込まれ、セルジオ・ペレスはリタイアに終わり、マックス・フェ

角田裕毅 「もっと落ち着いて自分をコントロールする必要がある」

アルファタウリ・ホンダF1のチームメイトのピエール・ガスリーは、角田裕毅がもっと苦労しているように見えるコーナーエントリーでアグレッシブに …

角田裕毅 「もっと落ち着いて自分をコントロールする必要がある」 / アルファタウリ・ホンダF1 前半戦レビュー
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅裕毅は、F1ルーキーシーズンの残りを成功させるために「もっと落ち着いて自分をコントロールする」方法を見つける必要があると語る。21歳の角田裕毅は、シーズン最初の5レースで1ポイントしか獲得できなかったが、8月のブレークに向けて最後の6レースで4回のトップ10フィニッシュを果たした。そ...

元F1ドライバーのベルガーがロッシに熱烈オファー!? 2022年はDTM(ドイツツーリングカー …

レーシングカーを走らせるヴァレンティーノ・ロッシの画像を見る(6枚) 1980年代中盤から1990年代後半にかけ、F1のフェラーリやマクラーレン・ …

元F1ドライバーのベルガーがロッシに熱烈オファー!? 2022年はDTM(ドイツツーリングカー選手権)を走る可能性も(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
 2021年いっぱいでMotoGPから引退することを発表したヴァレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チーム)。今後の活動に注目が集まるが、もしかしたら来年の今頃は、ドイツで

フェラーリF1、ミック・シューマッハの2022年のハースF1残留を議論

フェラーリF1は、アカデミードライバーであるミック・シューマッハを2022年もハースF1に残留させることについてチームと話し合っていることを …

フェラーリF1、ミック・シューマッハの2022年のハースF1残留を議論
フェラーリF1は、アカデミードライバーであるミック・シューマッハを2022年もハースF1に残留させることについてチームと話し合っていることを認めた。F1のレジェンドであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、2022年にフェラーリのF1エンジンを搭載する別のチームであるアルファロメオF1に移籍する可...

英国人ライターのF1ルーキーペア観察日記:代表の怒りを買ったシューマッハーがレースで信頼回復

2021年F1にデビューしたミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンは、ともにハースF1チームで初めてのシーズンを送っている。ふたりはどの …

英国人ライターのF1ルーキーペア観察日記:代表の怒りを買ったシューマッハーがレースで信頼回復 | F1 | autosport web
 2021年F1にデビューしたミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンは、ともにハースF1チームで初めてのシーズンを送っている。ふたりはどのように学び、つまずき、成長していくのか。キャラクターの異なるふたりのルーキーのデビューシーズンを、英国人ジャーナリスト、クリス・メッドランド氏が観察していく。今回は第11戦ハンガ...

キミ・ライコネン 「F1は過去20年間でルールに縛られるようになった」

キミ・ライコネンのF1ワールドチャンピオンに加えて、ザウバー、マクラーレン、フェラーリ、ロータスでの340回のスタートで21勝を挙げている。 F1 …

キミ・ライコネン 「F1は過去20年間でルールに縛られるようになった」
2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンによると、F1は過去20年間でますますルールに縛られるようになった。41歳になったキミ・ライコネンは、F1史上最も経験豊富なドライバーとなった。ライコネンは、2001年オーストラリアGPでザウバーからF1デビューを果たしている。

レッドブルF1が提起する予算上限の再考にハースF1代表らが異議

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2戦連続でドライバーの過失ではない事故によってレッドブルが大きなクラッシュ …

レッドブルF1が提起する予算上限の再考にハースF1代表らが異議
レッドブルF1が予算上限の再考を求めていることに対し、ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、クラッシュのコストを考慮に入れた“適切な管理”が重要であるとして反対している。レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2戦連続でドライバーの過失ではない事故によってレッドブルが大きなクラッ...
タイトルとURLをコピーしました