大胆な挑戦と豪快な失敗こそマツダの魅力 今こそ絶賛したいマツダ車たち

大胆な挑戦と豪快な失敗こそマツダの魅力 今こそ絶賛したいマツダ車たち

同年6月には2代目MPVも発売され、競合ひしめくミニバン市場においてマツダは存在感を発揮していった。 そんな状況のなか、5ナンバーサイズで …

RX-8 ランティス…“今こそ絶賛したいマツダ車”の大胆な挑戦と魅力 5選 - 自動車情報誌「ベストカー」
 2020年1月30日に創立100周年を迎えたマツダの真骨頂といえば、世界一を目指すスピリットと常識を覆す技術革新。そのプロダクトのなかには成功を収めたモデルがあるいっぽうで、不遇な境遇を強いられたモデルも存在する。しかし、後者をあらためて…

マツダ ロードスターに初装着のエアコンフィルターはシンプル。だからこそできたアフターパーツ

というのも1989年に初代モデルが誕生したマツダ ロードスターに、代々エアコンフィルターは装着されてこなかった。オープンカーだから重要視され …

マツダ ロードスターに初装着のエアコンフィルターはシンプル。だからこそできたアフターパーツ(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
現行モデルで4代目となるロードスターにエアコンフィルターが採用されたのは、現行型が初となる。しかし、装着されていた純正品の性能は・・・。エアコンフィルターのメーカー「エムリット」が開発したND専用エ

連載「ものづくりクライシス 自動車生産の現在」(5)マツダ 高精度な需要予測でうまく在庫抑制

マツダの2020年度(20年4月~21年3月)世界生産台数は、前年度比18・3%減の117万台と大幅に落ち込んだ。新型コロナウイルス …

連載「ものづくりクライシス 自動車生産の現在」(5)マツダ 高精度な需要予測でうまく在庫抑制|自動車メーカー|紙面記事
マツダの2020年度(20年4月~21年3月)世界生産台数は、前年度比18・3%減の117万台と大幅に落ち込んだ。新型コロナウイルス感染拡大や半導体不足によって大幅な減産を余儀なくされたものの、きめ…

1位は噂の新型軽オフローダー…「スクープ」記事ランキング 2021年上半期

15位)マツダ2 次期型は今秋登場!? 1.5L・3気筒「SKYACTIV-X」搭載か 16位)プジョー 308 次期型は“新ライオンマーク”装着!高級感アップ、PHEV …

1位は噂の新型軽オフローダー…「スクープ」記事ランキング 2021年上半期 | レスポンス(Response.jp)
『ラガー』の再登場か!?。スクープ記事部門における上半期の記事ランキング1位を獲得したのは、2022年前半のデビューが噂されているダイハツの新型軽オフローダーに関する記事となりました。「SUV、クロカン」部門でも2位に来ています。

ADR主要銘柄(日本)-富士フイルム、住友鉱山が上昇、大和証G、マツダが下落

ADR主要銘柄(日本)-富士フイルム、住友鉱山が上昇、大和証G、マツダが下落. トレーダーズ・ウェブ – 8/14 07:19 …

ADR主要銘柄(日本)-富士フイルム、住友鉱山が上昇、大和証G、マツダが下落 - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
ADR主要銘柄(日本)-富士フイルム、住友鉱山が上昇、大和証G、マツダが下落...

あまり売れなかったけど実は絶品! MTで楽しめる「激辛ホットハッチ」4選

稀代のホットハッチ、まさに“じゃじゃ馬”的な乗り心地がたまらなかったマツダスピードアクセラ. コンパクトなハッチバックに力強いエンジンを搭載 …

あまり売れなかったけど実は絶品! MTで楽しめる「激辛ホットハッチ」4選(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 コンパクトなハッチバックに力強いエンジンを搭載し足まわりを締め上げて走行性能を高めた、いわば庶民的なスポーツカーといえる存在が“ホットハッチ”だ。初代「VWゴルフGTI」がその発祥といわれ、日本で

あと10年で新車のすべてが電動化されると3ペダルMTが消滅するのか?

マツダ3にはSPCCI(火花点火制御圧着火)と、P0タイプのマイルドハイブリッドシステムM-HYBRIDを組みわせていたe-SKYACTIV-Xが設定されている …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

仕事用? レジャー向け? 日本で普及しないピックアップトラックとは (1/2ページ)

… に加わることは皆無ですが、トヨタ、日産、三菱、マツダ、またなさそうなイメージが強いホンダでさえ海外市場向けにモデルを用意しています。

仕事用? レジャー向け? 日本で普及しないピックアップトラックとは
日本では人気とはいえないピックアップトラック。それゆえ定義などをはっきりと認識していない人も少なくないだろう。そこで今回はピックアップトラックとは何か、メリット・デメリット、国内で購入できるモデルや今後導入されるモデルなどについて詳しく解説したい。

あまり売れなかったけど実は絶品! MTで楽しめる「激辛ホットハッチ」4選 (1/2ページ)

TAG: フォード・フォーカス ST, フォルクスワーゲン up! GTI, プジョー308GTi 270, ホットハッチ, マツダスピードアクセラ · Facebook Twitter Hatena …

あまり売れなかったけど実は絶品! MTで楽しめる「激辛ホットハッチ」4選
コンパクトなハッチバックに力強いエンジンを搭載し足まわりを締め上げて走行性能を高めた、いわば庶民的なスポーツカーといえる“ホットハッチ”。今回は、新車ではあまり売れなかったが、今ならまだ程度の良い個体が手に入る注目のホットハッチを紹介しよう。

【巨人】ビエイラ、NPB最速166キロ…勝負カウントで力を入れた「まさかそこまで速いとは」

続くスライダーで見逃し三振に打ち取った。1回打者3人の完璧救援で2点リードを守って10セーブ目。5月3日の広島戦(マツダ)から24試合 …

このURLの記事はみつかりませんでした - エキサイトニュース
タイトルとURLをコピーしました