【F1特集:2022年ドライバー契約状況】角田、ライコネンの動向は? 海外ジャーナ リストに聞く …

【F1特集:2022年ドライバー契約状況】角田、ライコネンの動向は? 海外ジャーナリストに聞く …

ベテランF1ジャーナリスト、マティアス・ブルナー氏が、全10チームの来季ドライバーラインアップについて、現時点での契約状況や噂をまとめた。

【F1特集:2022年ドライバー契約状況】角田、ライコネンの動向は? 海外ジャーナリストに聞く10チームの現状と噂 | F1 | autosport web
 F1がサマーブレイク真っただ中のいまも、舞台裏では2022年に向けてドライバーとチームの交渉が続けられている。ベテランF1ジャーナリスト、マティアス・ブルナー氏が、全10チームの来季ドライバーラインアップについて、現時点での契約状況や噂をまとめた。 ──────────────────────── 【メルセデス】 ■...

【F1特集:2022年ドライバー契約状況】角田、ライコネンの動向は? 海外ジャーナリストに聞く …

F1がサマーブレイク真っただ中のいまも、舞台裏では2022年に向けてドライバーとチームの交渉が続けられている。ベテランF1ジャーナリスト、 …

【F1特集:2022年ドライバー契約状況】角田、ライコネンの動向は? 海外ジャーナリストに聞く10チームの現状と噂(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 F1がサマーブレイク真っただ中のいまも、舞台裏では2022年に向けてドライバーとチームの交渉が続けられている。ベテランF1ジャーナリスト、マティアス・ブルナー氏が、全10チームの来季ドライバーライ

フェラーリは”F1の頂点”に戻るために正しい歩みを進めているのか? それを判断する重要な「数字」

【ギャラリー:美しきF1マシン】流れるようなクビレ、ボディライン……フェラーリ640 チーム代表のマッティア・ビノットは、今シーズン中何度も …

フェラーリは”F1の頂点”に戻るために正しい歩みを進めているのか? それを判断する重要な「数字」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2020年、コンストラクターズランキング6位とどん底とも言えるシーズンを過ごすことになったフェラーリ。しかし今シーズンは、そのパフォーマンスは目に見えて向上しており、チームにとっては励みになってい

【ベル&ロス】×「アルピーヌF1チーム」の限定コラボレーションウオッチ全4型が誕生。象徴的な …

ベル&ロスのF1にヒントを得たコレクションが2021年も登場。 フランスのパリで創業され、製造は時計の本場=スイスで行っているウオッチ …

【ベル&ロス】×「アルピーヌF1チーム」の限定コラボレーションウオッチ全4型が誕生。象徴的なブルー・ブラック・ホワイトを纏う(WATCHNAVI Salon) - Yahoo!ニュース
フランスのパリで創業され、製造は時計の本場=スイスで行っているウオッチブランド【ベル&ロス(BELL & ROSS)】が、2021年シーズンからF1に参戦している「アルピーヌF1チーム」とのコラボレ

2022年のF1マシンにDRSは装備されるのか。新規則の影響が評価されるまでは「残すべき」との …

マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1の2022年の新型マシンは、少なくともオーバーテイクについての新レギュレーション …

2022年のF1マシンにDRSは装備されるのか。新規則の影響が評価されるまでは「残すべき」との意見も(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1の2022年の新型マシンは、少なくともオーバーテイクについての新レギュレーションの影響が適切に評価されるまでは、DRSを装備するべきだ

F1技術解説ハンガリーGP(1)なぜレッドブルはメルセデスより0.4秒も遅かったのか

2021年F1第11戦ハンガリーGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点 …

F1技術解説ハンガリーGP(1)なぜレッドブルはメルセデスより0.4秒も遅かったのか | F1 | autosport web
 2021年F1第11戦ハンガリーGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点について解説する。今回は、レッドブルが予選でメルセデスに敗れた背景について推察する。 ───────────────────────────

ボッタス、メルセデスF1残留に希望を捨てず「この数年で多くのことを学んだ。挑戦の準備はでき …

ボッタス、メルセデスF1残留に希望を捨てず「この数年で多くのことを学んだ。挑戦の準備はできている」. autosport web Translation: AKARAG …

ボッタス、メルセデスF1残留に希望を捨てず「この数年で多くのことを学んだ。挑戦の準備はできている」 | F1 | autosport web
 バルテリ・ボッタスは、自身がメルセデスにとって"良い資産"であると考えており、もし彼がメルセデスにいなかったら、状況は間違いなく違っていたと主張している。 メルセデスの2022年のラインアップ決定が差し迫っているなかで、憶測が飛び交っている。関係者は、メルセデスが月末の第12戦ベルギーGPの前にジョージ・ラッセル(現...

F1ブラジルGPはフル観客で=パンデミック後初の大イベント

ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は16日、サンパウロ市でのF1グランプリ開催について、開催日は11月7日で、「通常の観客規模で開催する」と …

F1ブラジルGPはフル観客で=パンデミック後初の大イベント(ニッケイ新聞) - Yahoo!ニュース
 ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は16日、サンパウロ市でのF1グランプリ開催について、開催日は11月7日で、「通常の観客規模で開催する」と宣言した。同グランプリはすでに4万枚のチケットを完売。追

【レッドブル・ホンダ】F1ベルギーGPでのグリッド降格ペナルティは回避

全23戦の開催が計画されている2021年のF1だが、年間に使用できるエンジンの主要コンポーネントは3基までとなっている。そして、第10戦 …

【レッドブル・ホンダ】F1ベルギーGPでのグリッド降格ペナルティは回避(TopNews) - Yahoo!ニュース
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が、夏休み明け最初のレースとなる第12戦ベルギーGP(29日決勝)でグリッド降格ペナルティを受ける可能性は小さいようだ。 全23戦の開催が計画されて

F1特集:2022年のレギュレーション革命の成功に対する最大の脅威

2022年のF1の劇的な空力レギュレーション変化は、F1マシンの“レース性”と呼ばれるものを劇的に改善することを目的としている。 しかし、新しい …

F1特集:2022年のレギュレーション革命の成功に対する最大の脅威
2022年のF1の劇的な空力レギュレーション変化は、F1マシンの“レース性”と呼ばれるものを劇的に改善することを目的としている。しかし、新しいルールの成功を左右する変更はこれらだけではない。13インチから18インチのホイールリムに切り替えるためピレリの新しいタイヤも重要となる。
タイトルとURLをコピーしました