MZRacing、マツダ「ルマン優勝30周年記念」iPhoneケース

MZRacing、マツダ「ルマン優勝30周年記念」iPhoneケース

なお、マツダからロゴの使用許諾とデザイン監修を受けて開発した、マツダ公式ライセンス品となっている。 「ルマン30th Anniv. レザーiPhoneケース …

価格.com - MZRacing、マツダ「ルマン優勝30周年記念」iPhoneケース
MZRacingでは、マツダ「ルマン優勝30周年記念」プロダクトとして、「ルマン30thAnniv.レザーiPhoneケース」と「ルマン30th.Anniv.ストレージiPhoneケース」を発表。「MZRacingウェブストア」にて販売を...

フォルクスワーゲン ゴルフ8 VS マツダ3 ファストバック~Cセグメントコンパクト対決~

マツダ3の前身は、Cセグメントのコンパクトカーであるアクセラだ。3代目アクセラが、4代目へフルモデルチェンジする2019年のタイミングで、欧州 …

フォルクスワーゲン ゴルフ8 VS マツダ3 ファストバック~Cセグメントコンパクト対決~
8代目フォルクスワーゲン ゴルフ8は、Cセグメントという激戦カテゴリーで世界が注目するほど完成度が高い。日本の輸入車ではトップレベルの販売台数だ。 マツダ3ファストバックも同じセグメントだ。個性的な外観デザインや、世界初のスカイアクティブX技術を採用。 日本の販売現場で頻繁に競合する、正統派コンパクトカーの2車種を...

絶好調トヨタ・ハリアーに死角あり!? 今なおコスパ抜群なマツダCX-5はどこが強い?

しかし、それ以前はCセグメントSUVの中で圧倒的な走りと内外装の質感、そしてコストパフォーマンスの高さを備えていた現行マツダCX-5に対し、 …

絶好調トヨタ・ハリアーに死角あり!? 今なおコスパ抜群なマツダCX-5はどこが強い?
2020年度の販売台数が9万台弱と、2020年6月の発売以来絶好調の新型トヨタ・ハリアー。しかし、それ以前はCセグメントSUVの中で圧倒的な走りと内外装の質感、そしてコストパフォーマンスの高さを備えていた現行マツダCX-5に対し、死角はないのだろうか? 首都圏から本栖湖までを往復する各400km前後を走り、今なおCX-...

「ルマン優勝30周年記念」iPhoneケース2種類を発売

なお、マツダ株式会社からロゴの使用許諾とデザイン監修を受けて開発した、マツダ公式ライセンス商品です。 ルマン30th Anniv. レザーiPhoneケース

「ルマン優勝30周年記念」iPhoneケース2種類を発売:時事ドットコム
[株式会社MZRacing]2021年は、ロータリーエンジンを搭載したマツダ787Bが、1991年のルマン24時間レースで日本車初の総合優勝を遂げてから30年を迎えます。MZRacing(東京)では、これを記念し、「マツダルマン優勝30周年記念」プロダクトを発売しています。このラインアップに、このほど「ルマン30th ...

マツダ CX-8、貴重な3列シートSUVはスライドドアを好まないユーザーから好印象【みんなの声を …

マツダがミニバンに代わる存在として2017年に投入した3列シートのラージSUV「CX-8」。3列シートを備えるSUVとして貴重な同モデルは、 …

マツダ CX-8、貴重な3列シートSUVはスライドドアを好まないユーザーから好印象【みんなの声を聞いてみた】|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
マツダがミニバンに代わる存在として2017年に投入した3列シートのラージSUV「CX-8」。3列シートを備えるSUVとして貴重な同モデルは、デビューから4年目を迎えている2021年現在も月平均で2000台近くのセールスを誇るなど堅調な売れ行きを記録している。ここでは改めてCX-8を支持する声など、SNSで挙げられている...

マツダ CX-5、現行型ではディーゼルや内外装デザインを推す声も、新型には期待と不安が渦巻く …

マツダを牽引する中核モデル「CX-5」. 新技術群“SKYACTIV(スカイアクティブ)”戦略を開発段階から反映し、2012年にデビューした …

マツダ CX-5、現行型ではディーゼルや内外装デザインを推す声も、新型には期待と不安が渦巻く【みんなの声を聞いてみた】|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
2022年度にも登場が予定されている新型マツダ CX-5。現行モデルもデザイン性の高さやディーゼルエンジンの人気などで堅調なセールスを記録しているが、ここではCX-5を支持する声や次期型に関する声など、SNSで挙げられているみんなの声を探ってみた。

「ルマン優勝30周年記念」iPhoneケース2種類を発売

なお、マツダ株式会社からロゴの使用許諾とデザイン監修を受けて開発した、マツダ公式ライセンス商品です。 ルマン30th Anniv. レザーiPhoneケース.

「ルマン優勝30周年記念」iPhoneケース2種類を発売
株式会社MZRacingのプレスリリース(2021年8月16日 17時25分)iPhoneケース2種類を発売

今では完全に珍車? かなりイケてるのにヒットしなかった車3選

このマツダのCXシリーズには、かつてもう1台が存在しており、それは同社のクロスオーバーSUVの先駆けだった「CX-7」です。 2007年に誕生したCX- …

今では完全に珍車? かなりイケてるのにヒットしなかった車3選(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 世界中の自動車メーカーから、毎年数多くの新型車が誕生しています。近年はSUV人気の高まりと、電動化へ舵を切ったことから、新型のSUVとEVがトレンドになっているといえるでしょう。

持続的な人気SUV。スムーズで力強い走り、マツダCX-5の革新性

スムーズで力強い走り、マツダCX-5の革新性. 2021/08/17 07:00 カー・アンド・ドライバー.

持続的な人気SUV。スムーズで力強い走り、マツダCX-5の革新性(カー・アンド・ドライバー)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
The実力車。適切なリファインで高い完成度をキープ販売台数:1万1284台(2021年1~5月)CX-5人気グレード1:XDブラックトーンエディション(特別仕様:336万500~350万1500円)2:XDエクスクルーシブモード(特別仕様:...(ヘッドライン)

今では完全に珍車? かなりイケてるのにヒットしなかった車3選

そこで、いま見ると意外とスタイリッシュながらヒットに恵まれなかったクルマを、3車種ピックアップして紹介します。 tags: 三菱, エメロード, マツダ, …

今では完全に珍車? かなりイケてるのにヒットしなかった車3選
毎年、各メーカーから新型車がデビューしますが、すべてがヒット作になるとは限りません。なかにはフルモデルチェンジすることなく、数年後に消えるクルマも存在。そこで、いま見ると意外とスタイリッシュながらヒットに恵まれなかったクルマを、3車種ピックアップして紹介します。
タイトルとURLをコピーしました