3カ月遅れの鈴鹿は伊沢/大津組Modulo NSX-GTが今季初ポール… – レスポンス

3カ月遅れの鈴鹿は伊沢/大津組Modulo NSX-GTが今季初ポール… – レスポンス

ニッサンGT-Rが今季初めて予選でトップ3に入ってきた。 GT300クラスのQ2は残り3分で#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が1分57秒322 …

【SUPER GT 第3戦】3カ月遅れの鈴鹿は伊沢/大津組Modulo NSX-GTが今季初ポール…GT300クラスはSUBARU BRZが今季2度目のポールポジション | レスポンス(Response.jp)
SUPER GT第3戦の公式予選が21日、鈴鹿サーキットで行われ、GT500クラスは#64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)が、GT300クラスは#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がポールポジションを獲得した。

日産・キックス用マフラーがカキモトレーシングからデビュー/CX-5 (4WD用) – モーターファン

カキモトレーシング・クラスケーアール/日産キックス昨年国内に導入されたニッサン・キックス。1.2Lガソリンエンジンを発電用として使用し、モーターで走行 …

【e-POWERだって音が変わる!】日産・キックス用マフラーがカキモトレーシングからデビュー/CX-5 (4WD用)もさらに追加
e-POWER採用のコンパクトSUV、日産・キックス。モーター走行のキックスにエキゾーストチューンは意味がない!? いえいえ、見た目もサウンドもしっかり変わっちゃいます!!

スポーティな日産新型「オーラNISMO」をクールにカスタム! ニスモが専用パーツ発表

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、2021年8月17日に発表された新型「ノート オーラNISMO」用のカスタムパーツを発表しました。

スポーティな日産新型「オーラNISMO」をクールにカスタム! ニスモが専用パーツ発表 - ライブドアニュース
新型オーラNISMOのカスタムパーツが早くも登場!ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、2021年8月17日に発表された新型「ノート オーラNISMO」用のカスタムパーツを発表しました。新型オ

右足がとまらない! このご時世にエンジンの「快音」が楽しめる激レアなクルマ5選 | 自動車情報 …

2)日産スカイライン400R. 2台目は、羊の皮を被った狼との呼び声高い、ニッサン・スカイライン400R。スカイライン史上最強の3リッター …

右足がとまらない! このご時世にエンジンの「快音」が楽しめる激レアなクルマ5選
ガソリン車の魅力をクルマ好きに聞けば「エンジン音がする」という返答は返答は多く返ってくることだろう。実際、トヨタ自動車の社長である豊田章男さんも「ガソリンの匂いがするうるさいクルマが好き」と語っており、水素エンジンのカローラも排気音がすることにこだわって開発している。そこで今回は、エンジン音を楽しめるクルマを紹介する。

押し寄せる軽自動車電動化の波 (2021年8月19日) – エキサイトニュース

日産の電動軽自動車コンセプトカー「IMk」市販車ではどのような形になるのか? … 「ニッサンネクスト」と呼ばれる構造改革が進み、北米市場が持ち直していることを …

押し寄せる軽自動車電動化の波 (2021年8月19日) - エキサイトニュース
「報道部畑中デスクの独り言」(第260回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、軽自動車の電動化について---お盆休みが終わりました。自動車業界はかつてこの時期になると、「秋の商戦」と...

プリンス・スカイライン 2nd(1963年)美しさを追求したスポーツセダン【週刊モーターファン …

そして何よりも一番大きかったのが1966年にプリンス自動車が日産と合併したこと。これにより車名はニッサン・プリンス・スカイラインに変更された。

プリンス・スカイライン 2nd(1963年)美しさを追求したスポーツセダン【週刊モーターファン ・アーカイブ】
日本のグランドツーリングセダンの先駆けともいえるスカイライン。 2度目はプリンス自動車として最後の作品であり、日産自動車の最初のクルマでもある。 時代の転換期に育った名車は今もなお人々の心に印象を残す。 週刊モーターファン・アーカイブでは、これまでのモーターファンの懐かしい秘蔵データから毎週1台ずつ紹介していく。 解説...
タイトルとURLをコピーしました