F1日本GP開催中止の衝撃…わが国に「国際レース」はいつ帰ってくるのか – Yahoo!ニュ ース

F1日本GP開催中止の衝撃…わが国に「国際レース」はいつ帰ってくるのか – Yahoo!ニュース

昨年、新型コロナウィルスの感染拡大で初めて中止になったF1日本グランプリだが、今年こその開催を目指し、鈴鹿サーキットは国の省庁や三重県など各所と連携し、F1日本 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

マイケル・アンドレッティがF1参入に関心。既存チーム買収のため交渉開始か | F1 | autosport web

マイケルはF1では成功を収めることができなかったものの、CARTで1991年にタイトルを獲得しており、現在インディカーやフォーミュラEなどに参戦するアンドレッティ・オート …

マイケル・アンドレッティがF1参入に関心。既存チーム買収のため交渉開始か | F1 | autosport web
 アンドレッティ・オートスポートを率いるマイケル・アンドレッティが、F1への参入に関心を持っていることを認めた。既存F1チーム買収を検討し、すでに交渉をスタートしているとも伝えられている。 マイケル・アンドレッティは、1978年のF1ワールドチャンピオンであるマリオの息子で、自身は1993年にマクラーレンからF1に参戦...

ルノー、新規F1チームへのパワーユニット供給を視野に交渉中 – autosport web

2021年にマクラーレンがメルセデスのパワーユニット(PU/エンジン)にスイッチしたことで、ルノーのパワーユニットを使用しているのはアルピーヌF1チームのみになった。

ルノー、新規F1チームへのパワーユニット供給を視野に交渉中 | F1 | autosport web
 ルノーは新規F1チームへのエンジン供給を視野に入れ、将来のエントラント候補とすでに話し合いの機会を持ったことを、アルピーヌ・レーシングのエグゼクティブディレクター、マルチン・ブコウスキーが明らかにした。

ダニエル・リカルドが語るF1マシンの”フィーリング”。馴染みあるモノでないと – Yahoo!ニュース

マクラーレンのダニエル・リカルドが、F1マシンをドライブする際のフィーリング … そのリカルドは、F1ドライバーがマシンからどんなフィーリングを感じているか …

ダニエル・リカルドが語るF1マシンの”フィーリング”。馴染みあるモノでないと「自信を持って攻められない」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 マクラーレンのダニエル・リカルドが、F1マシンをドライブする際のフィーリングについて説明した。

F1 | 角田、ゴルフでもピー音を放つ&エイドリアン・ニューウェイ、Spotifyに登場 – autosport web

夏休みも後半に差し掛かったF1界に、日本GP中止という残念な話題が舞い込んでしまった。2022年の開催を祈るなか、各チーム・ドライバーから悲しみと激励のメッセージが …

角田、ゴルフでもピー音を放つ&エイドリアン・ニューウェイ、Spotifyに登場【SNSピックアップ今週のF1界】 | F1 | autosport web
 夏休みも後半に差し掛かったF1界に、日本GP中止という残念な話題が舞い込んでしまった。2022年の開催を祈るなか、各チーム・ドライバーから悲しみと激励のメッセージが次々と寄せられている。一方で暗い話題だけではなくドライバーたちが夏休みを謳歌する様子や、あの天才デザイナーがラジオで自論を展開するなどホットなコンテンツも...

アロンソの”技術”にアルピーヌ感嘆。「良いマシンがあれば、すぐにはF1からいなくならない」と …

2021年シーズンの前半戦ラストのレースとなったF1第11戦ハンガリーGPで、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)は世界中のファンを魅了する走りを披露した。

アロンソの”技術”にアルピーヌ感嘆。「良いマシンがあれば、すぐにはF1からいなくならない」と今後にも期待(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2021年シーズンの前半戦ラストのレースとなったF1第11戦ハンガリーGPで、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)は世界中のファンを魅了する走りを披露した。メルセデスのルイス・ハミルトンを10周に

超高回転のF1エンジンが使う「ニューマチックバルブシステム」ってなんだ? – モーターファン

少し前の話になるが、スパ・フランコルシャン・サーキットで行なわれた2020年F1世界選手権第7戦ベルギーGPの決勝レースでは、珍しいシーンがテレビで中継された。10周 …

超高回転のF1エンジンが使う「ニューマチックバルブシステム」ってなんだ? 金属ばねでなく「空気」を使うF1のバルブシステム=PVRSを解説する
超高回転のF1エンジンのバルブは金属ばねでは対応できない。そこで使われるのが「圧縮空気」の力だ。ニューマチックバルブシステム(Pneumatic Valve Return System)とはどんなシステムか? TEXT◎世良耕太(SERA Kota)

F1は中断期間を経てベルギーGPより再開…次戦の舞台はスパは角田裕毅にとって … – Yahoo!ニュース

それから1年が経過し、角田はF1ドライバーとしてベルギーGPの舞台、スパ・フランコルシャンへと戻ってくる。果たして角田は2021年もスパで最高のレースを見せることが …

F1は中断期間を経てベルギーGPより再開…次戦の舞台はスパは角田裕毅にとって特別な一戦|F1(DAZN News) - Yahoo!ニュース
中3週のサマーブレイク期間を終えると、F1は第12戦ベルギーGPより再開となる。今季からF1に参戦している角田裕毅は、今季ここまで18ポイントを獲得し、総合13位につけている。 その角田にとって次

FIA、F1ピットストップ機具の共通化を計画も、レッドブルとメルセデスの反対で断念 | F1 …

FIAはF1において共通パーツを多数導入していく意向を持っている。しかし、2022年に全F1チームにピットストップ作業に関連する機具を供給するサプライヤーとの契約が、 …

FIA、F1ピットストップ機具の共通化を計画も、レッドブルとメルセデスの反対で断念 | F1 | autosport web
 FIAはF1において共通パーツを多数導入していく意向を持っている。しかし、2022年に全F1チームにピットストップ作業に関連する機具を供給するサプライヤーとの契約が、先週、一部チームの反対により中止された。

入国ビザと1500人の防疫体制の課題……F1日本GP中止決断の背景【モビリティランド田中薫社長 …

8月18日、F1日本グランプリを開催する鈴鹿サーキットから発表された、2021年のF1日本GPの開催中止の報。鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの田中薫社長が8月22 …

入国ビザと1500人の防疫体制の課題……F1日本GP中止決断の背景【モビリティランド田中薫社長会見】 | F1 | autosport web
 8月18日、F1日本グランプリを開催する鈴鹿サーキットから発表された、2021年のF1日本GPの開催中止の報。鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの田中薫社長が8月22日、スーパーGT第3戦鈴鹿の決勝レース前にメディアに対し取材に応じ、中止決定に至るまでの詳細などについて言及した。
タイトルとURLをコピーしました