ホンダの小型セダン、『アメイズ』に改良新型… アコード 顔に表情一新 | レスポ ンス(Response …

ホンダの小型セダン、『アメイズ』に改良新型… アコード 顔に表情一新 | レスポンス(Response …

ホンダは8月18日、改良新型『アメイズ』(Honda Amaze)をインド市場で発売した。 アメイズは、ホンダのコンパクトセダンで、初代は2013年に登場し、インドで需要の …

ホンダの小型セダン、『アメイズ』に改良新型… アコード 顔に表情一新 | レスポンス(Response.jp)
◆前後マスクを大幅に変更 ◆17.7cmのタッチスクリーンを備えたアドバンストディスプレイオーディオ ◆1.2リットル「i-VTEC」ガソリンと1.5リットル「i-DTEC」ディーゼル

ホンダ「CB200X」 若者に向けた新型アドベンチャーモデルがインド市場に登場 … – Yahoo!ニュース

ホンダのインド二輪車法人、ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は新型のアドベンチャーモデル「CB200X」をインド市場で発売しました。

ホンダ「CB200X」 若者に向けた新型アドベンチャーモデルがインド市場に登場(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダのインド二輪車法人、ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は新型のアドベンチャーモデル「CB200X」をインド市場で発売しました。

ホンダ インテグラ「タイプR」も復活なるか!? 新型デザインを大予想 | レスポンス(Response.jp)

米アキュラは、カリフォルニアで開催された「モントレーカーウィーク」にて、『インテグラ』を復活させることを発表したが、果たしてホンダから日本仕様は発売される …

ホンダ インテグラ「タイプR」も復活なるか!? 新型デザインを大予想 | レスポンス(Response.jp)
米アキュラは、カリフォルニアで開催された「モントレーカーウィーク」にて、『インテグラ』を復活させることを発表したが、果たしてホンダから日本仕様は発売されるのか。デザインを大予想した。

ホンダ「55歳で退職金8000万円」大名リストラの中身、残っても地獄の管理職剥奪! | 新・階級 …

ホンダといえば、給料や福利厚生などの待遇に恵まれた“社員に優しい”会社として知られている。そのホンダが、本気のリストラに着手。今年4月に募集をかけた「早期退職 …

ホンダ「55歳で退職金8000万円」大名リストラの中身、残っても地獄の管理職剥奪!
ホンダといえば、給料や福利厚生などの待遇に恵まれた“社員に優しい”会社として知られている。そのホンダが本気のリストラに着手。今年4月に募集をかけた「早期退職プログラム」には国内正社員の5%に相当する2000人もの社員が殺到した。ここでは、割増退職金の詳細条件などプログラムの全容を明らかにすると共に、それと並行して進む“...

ホンダCB250Rディテール写真解説【スポーツライディングのスタートにふさわしい基礎マシン …

倒立フロントフォークなど、走りの装備に抜かりはない。 スタイリング&カラーバリエーション. ──【’21 HONDA CB250R】□全長2020 全幅805 全高1045 軸距1355 シート高 …

ホンダCB250Rディテール写真解説【スポーツライディングのスタートにふさわしい基礎マシン】(WEBヤングマシン) - Yahoo!ニュース
ホンダCB250Rディテール写真解説【スポーツライディングのスタートにふさわしい基礎マシン】

長いものに巻かれるホンダ、総合自動車メーカーをあきらめるのか – Yahoo!ニュース

だが、そのような状況を考えても「反骨精神」が原点であるはずのホンダが、やすやすと「長いものに巻かれる」形で、科学的根拠のない脱炭素やEV化に進んでひれ伏すのは信じ …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

岡崎静夏のホンダCB250R試乗インプレッション【シンプル構成だからこそ基本を学べるバイク …

上品に、でも力強い発進加速を見せてくれるから、自分が大好きな下道ツーリングが苦にならないんです。 ホンダCB250R|岡崎静夏. [写真タップで拡大].

岡崎静夏のホンダCB250R試乗インプレッション【シンプル構成だからこそ基本を学べるバイク】
今や貴重なアナログな味。これぞバイクライディング こんなご時勢なので、自分の住んでいる県から出ずに、CB250Rでショートツーリングしました。お借りしている間に、つい2回ほど(笑)。それぐらい気兼ねなく乗りたくなるバイクです。加速感が楽しい

【どうなる?】オデッセイ/レジェンド撤退も ホンダの描く未来予想図とは – Yahoo!ニュース

2040年までに新車で販売するすべてのモデルをEVとFCVにするというホンダのカーボンニュートラルに向けた目標の具現化と言っても過言ではない存在ではなかったのだろうか。

【どうなる?】オデッセイ/レジェンド撤退も ホンダの描く未来予想図とは(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
執筆:Chika Sakikawa(先川知香) 編集:Taro Ueno(上野太朗)

技術はあれど成功ならず 2代目「ホンダNSX」はなぜ短命に終わるのか? – webCG

1990年に登場するや、それまでなかった高性能スポーツカー像を提案する一台として注目された初代「ホンダNSX」。以後、およそ15年にわたって生産された。

技術はあれど成功ならず 2代目「ホンダNSX」はなぜ短命に終わるのか? - webCG
2022年の生産終了が決まった、ホンダの高性能スポーツカー「NSX」。今の時代に求められるであろう先進のハイブリッド技術を持ちながら、商業的に成功できなかったのはなぜなのか? その要因についてリポートする。

ホンダ、販売低迷FCV生産終了 開発は継続(共同通信) – Yahoo!ニュース

ホンダが水素で走る燃料電池車(FCV)「クラリティ」の生産を月内に終える。製造する狭山工場(埼玉県狭山市)が2021年度中に閉鎖するためで、水素ステーションの整備 …

ホンダ、販売低迷FCV生産終了 開発は継続(共同通信) - Yahoo!ニュース
 ホンダが水素で走る燃料電池車(FCV)「クラリティ」の生産を月内に終える。製造する狭山工場(埼玉県狭山市)が2021年度中に閉鎖するためで、水素ステーションの整備不足や割高な価格がネックとなり販売
タイトルとURLをコピーしました