F1が新たな『オーバーテイク賞』を創設、年間追い越し回数最多ドライバーを表彰 へ。現時点の …

F1が新たな『オーバーテイク賞』を創設、年間追い越し回数最多ドライバーを表彰へ。現時点の …

F1は、仮想通貨のエコシステムを構築する企業Crypto.comとのパートナーシップのもとで、新たに『オーバーテイク賞』を創設することを発表した。

F1が新たな『オーバーテイク賞』を創設、年間追い越し回数最多ドライバーを表彰へ。現時点の首位はベッテル(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 F1は、仮想通貨のエコシステムを構築する企業Crypto.comとのパートナーシップのもとで、新たに『オーバーテイク賞』を創設することを発表した。

2022年型マシン開発における緊密なチーム同士の協業やコピー行為の再発を懸念 – autosport web

アルピーヌF1チームのエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、規則違反の可能性があるチーム間の協業を、FIAが厳重に監視することを求めると …

アルピーヌF1のブコウスキー、2022年型マシン開発における緊密なチーム同士の協業やコピー行為の再発を懸念 | F1 | autosport web
 アルピーヌF1チームのエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、規則違反の可能性があるチーム間の協業を、FIAが厳重に監視することを求めると述べている。 来シーズンはF1の技術ルールとレギュレーションが大幅に改訂されるが、ブコウスキーはすでに緊密な結びつきを持つチーム同士が、許可されている範囲を超え...

ストーブリーグは今年もアツい! F1の2022年シーズン、どのドライバーがどのチームへ行く?

来年のF1グリッドはどのようになるのか見てみよう。 メルセデス. 間違いなく、メルセデスの来季のドライバーラインナップに注目が集まっている。ハイブリッドV6ターボ時代 …

ストーブリーグは今年もアツい! F1の2022年シーズン、どのドライバーがどのチームへ行く?
今年も、来季に向けドライバーの移籍や引退の噂がF1界を飛び交う季節がやってきた。どのドライバーが2022年シーズンのシートを確約しているのか、そしてどのドライバーに可能性があるのかを見てみよう。

フェラーリF1の風洞使用時間は前年から1回分増加「アドバンテージは0.1秒に満たないが重要」と …

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、今年割り当てられた追加の風洞使用時間は、2021年型マシンの0.1秒に満たないわずかな改善にしかつながらないと …

フェラーリF1の風洞使用時間は前年から1回分増加「アドバンテージは0.1秒に満たないが重要」とチーム代表(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、今年割り当てられた追加の風洞使用時間は、2021年型マシンの0.1秒に満たないわずかな改善にしかつながらないと述べている。

2021年11月に、F1カタールGP初開催か? 新型コロナで中止となったレースの代替候補 …

F1関係者は、当初11月21日に予定されていたオーストラリアGPの代替グランプリを検討しており、現在のスケジュール上はTBAのままとなっている。 しかし複数の情報筋によれば …

2021年11月に、F1カタールGP初開催か? 新型コロナで中止となったレースの代替候補(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 今年も新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けているF1。先週には2年連続の日本GP開催中止が決まるなど、複数のグランプリの開催が断念された。

アルファタウリ、ルーキー角田裕毅の苦戦は想定内「複雑な現代F1で、日々進歩している」

しかしチームのテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、今のF1でルーキーが困難な状況に陥るのは珍しいことではないと話した。 角田はシーズン序盤、予選で …

アルファタウリ、ルーキー角田裕毅の苦戦は想定内「複雑な現代F1で、日々進歩している」
アルファタウリF1のテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、若手ドライバーにとって複雑化しているF1でいきなりパフォーマンスを発揮するのが難しいことだと分かっていたと語った。

ガスリーは「トップドライバーよりも優れたパフォーマンスを発揮している」と元F1王者バトンが …

元F1チャンピオンのジェンソン・バトンは、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)の2021年シーズン前半戦のパフォーマンスに感心しており、ガスリーは …

ガスリーは「トップドライバーよりも優れたパフォーマンスを発揮している」と元F1王者バトンが評価 | F1 | autosport web
 元F1チャンピオンのジェンソン・バトンは、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)の2021年シーズン前半戦のパフォーマンスに感心しており、ガスリーは現在"集中すべきところに集中している"おかげで、多くのトップドライバーより優れたパフォーマンスを発揮していると主張している。

レーシング・ディレクターが語るマクラーレンの2021年型F1マシンへの適応が難しいとされるワケ …

獲得ポイントとフェラーリで並ぶマクラーレンは現在4番手 F1 2020年チームランキング しかしその争いは熾烈を極めている。シーズン前半戦を締めくくる第11戦 …

レーシング・ディレクターが語るマクラーレンの2021年型F1マシンへの適応が難しいとされるワケ(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 一時大きく低迷したマクラーレンにとっては、フェラーリとコンストラクターズランキング3位を昨年に続いて争う2021年シーズンは大きな励みになっていることだろう。

【ノリスは気づかず?】マクラーレン F1用シートの素材変更 環境負荷の低い繊維へ(AUTOCAR …

2030年までに炭素排出量ゼロを達成するというF1の目標を受け、マクラーレンは「すべての人にメリットがある」というグリーン・テクノロジーをモータースポーツに導入した。

【ノリスは気づかず?】マクラーレン F1用シートの素材変更 環境負荷の低い繊維へ(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
執筆:Damien Smith(ダミアン・スミス) 翻訳:Takuya Hayashi(林 汰久也)

F1マシンの素材を使ったカシオ「エディフィス」発売 アルファタウリとのコラボで – ITmedia NEWS

カシオ計算機は8月24日、F1チームのScuderia AlphaTauri(アルファタウリ)とコラボレーションした腕時計「EDIFICE」(EQB-1200AT)を発表した。文字板にF1マシンと …

F1マシンの素材を使ったカシオ「エディフィス」発売 アルファタウリとのコラボで
カシオ計算機は24日、F1チームのScuderia AlphaTauri(アルファタウリ)とコラボした腕時計「EDIFICE」を発表した。文字板にはF1マシンのウイングなどに使われる6Kカーボンを採用した。
タイトルとURLをコピーしました