ホンダ新型「アメイズ」発売! 全長4m未満な小型セダン 印での改良でどう進化? – Yahoo!ニュース

ホンダ新型「アメイズ」発売! 全長4m未満な小型セダン 印での改良でどう進化? – Yahoo!ニュース

ホンダのインド法人(ホンダ・カーズ・インディア)は、2021年8月18日に新型「アメイズ」を発売しました。インドで販売されるホンダ車のなかで、もっとも手頃な価格の …

目ヂカラ強調!? ホンダ新型「アメイズ」発売! 全長4m未満な小型セダン 印での改良でどう進化?(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダのインド法人(ホンダ・カーズ・インディア)は、2021年8月18日に新型「アメイズ」を発売しました。インドで販売されるホンダ車のなかで、もっとも手頃な価格のクルマがモデルチェンジとなりました

ホンダの新クロスオーバー「CB200X」登場! 空冷単気筒で約21万4000円?! – WEBヤングマシン

ホンダインディアは新型クロスオーバーモデル「CB200X」を発表した。昨年末に発表されていたホーネット2.0というネイキッドモデルの兄弟車で、NC750Xや400Xに通じる …

ホンダの新クロスオーバー「CB200X」登場! 空冷単気筒で約21万4000円?!【インド】
ホンダは、インドでCB200Xという名の新型クロスオーバーモデルを発表。前後17インチホイールやゴールドに輝く倒立フロントフォーク、フルLED灯火類などを採用し、エンジンは空冷単気筒184.4ccでBS6排出ガス規制(ユーロ5相当)に適合し

長いものに巻かれるホンダ、総合自動車メーカーをあきらめるのか(大原 浩) – 現代ビジネス

ホンダの提携先GMでも、「2035年までに乗用車を全面的にEV化(または燃料電池車〈FCV〉化)する方針」との「努力目標」が発表されている。 だが、「EV化推進」は、日本勢に …

長いものに巻かれるホンダ、総合自動車メーカーをあきらめるのか(大原 浩) @gendai_biz
ホンダの三部敏宏社長が「2040年までに世界での新車販売全てを電気自動車と燃料電池車(FCV)に切り替える。ハイブリッド車も含め走行中に二酸化炭素を排出する新車の販売はやめる」と発表したのは致し方がない部分がある。だが、ホンダが、やすやすと「長いものに巻かれる」形で、ひれ伏すのは信じられない。エンジン技術を捨ててしまっ...

ホンダ レブル250に魔法の杖! アクティブ「パフォーマンスダンパー」の4機種目が登場 WEB …

ヤマハ車以外への展開や開発はアクティブが担当しており、その4機種目としてホンダ・レブル250用が登場、8月中には発売される運びだ。さらにCB400スーパーフォア用も発売 …

ホンダ レブル250に魔法の杖! アクティブ「パフォーマンスダンパー」の4機種目が登場
走行中、常にブルブルと振動している車体に“減衰力”を与えることで、快適性や操縦性を向上させるのがヤマハ発動機のパフォーマンスダンバー。ヤマハ車以外への展開や開発はアクティブが担当しており、その4機種目としてホンダ・レブル250用が登場、8月

『AT型ホンダ・シビック』猛威をふるったジャイアントキラー【忘れがたき銘車たち】(オート …

今回のテーマは、グループAレースに参戦したホンダのAT型シビックです。 … ホンダ・シビックといえば、モータースポーツのイメージが強い車両でもある。

『AT型ホンダ・シビック』猛威をふるったジャイアントキラー【忘れがたき銘車たち】(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racing on』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツwebがコラボしてお届けするweb版『Racing on』では、記憶

新型ホンダ・シビックのインテリアは、シンプルで高いクオリティ、視界の良さを享受できる …

こちらは、大きさ、操作荷重、クリック感などが吟味され、指先に適度な刺激を返すことで、心地よい操作感になっています。 ホンダ・シビック 特徴的なエアコン用ダイヤルを …

新型ホンダ・シビックのインテリアは、シンプルで高いクオリティ、視界の良さを享受できる | clicccar.com
■クリーンなインパネと広くて開放感に富むキャビンが魅力 ハッチバックのみ日本で発売される新型ホンダ・シビック。

通勤通学と遊びを両立! ホンダ グロム試乗インプレッション【5速化でよりスポーティーに】

最大のポイントは、タイホンダのウェイブ125iをベースとした空冷SOHC2バルブ単気筒が、ボアストローク値から見直されたこと。よりロングストローク比となり、圧縮比も …

通勤通学と遊びを両立! ホンダ グロム試乗インプレッション【5速化でよりスポーティーに】(WEBヤングマシン) - Yahoo!ニュース
原付二種スポーツモデルのグロムが’21年に3代目へと進化した。エンジンはボアストローク比の変更およびミッションの5速化など大幅に刷新。また、外装やマフラーはカスタマイズしやすい設計となり、ブレーキは

ホンダ次期新型ステップワゴンの開発車両を再び捉えた!スパーダの可能性が高い? – MOBY

ホンダの5ナンバーミニバン「ステップワゴン」。その次期型と思われる開発車両が2021年8月23日に目撃されました。撮影されたのはサイドとリア部分。

ホンダ次期新型ステップワゴンの開発車両を再び捉えた!スパーダの可能性が高い? | MOBY [モビー]
ホンダの5ナンバーミニバン「ステップワゴン」の次期型モデルと思われる開発車両を再びスクープ!車両から読み解ける新型に関する情報をお伝えしていきます。

ホンダのトニー・ボウ選手、トライアル世界選手権アンドラ大会1日目優勝 – Yahoo!ニュース

Repsol Honda Teamのトニー・ボウ選手が、アンドラ大会の初日、今シーズン3度目の勝利を飾りました。2位のA・ラガ選手(TRRS)とはわずか1点差の勝利でした。

ホンダのトニー・ボウ選手、トライアル世界選手権アンドラ大会1日目優勝(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
 Repsol Honda Teamのトニー・ボウ選手が、アンドラ大会の初日、今シーズン3度目の勝利を飾りました。2位のA・ラガ選手(TRRS)とはわずか1点差の勝利でした。開幕戦で勝利した藤波貴久

証明した「安全」1000万通り ホンダの自動運転開発 – 朝日新聞デジタル

本田技術研究所 先進技術研究所 チーフエンジニア 加納忠彦さん(44). 形がなく、目に見えない「安全」。それを証明するのが仕事だ。ホンダの運転支援技術や自動運転 …

証明した「安全」1000万通り ホンダの自動運転開発:朝日新聞デジタル
■凄腕しごとにん■本田技術研究所 先進技術研究所 チーフエンジニア 加納忠彦さん(44) 形がなく、目に見えない「安全」。それを証明するのが仕事だ。ホンダの運転支援技術や自動運転技術の安全設計の責任者…
タイトルとURLをコピーしました