フェラーリF1、新型エンジンで10馬力アップを実現との報道 – F1-Gate.com

フェラーリF1、新型エンジンで10馬力アップを実現との報道 – F1-Gate.com

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは今シーズンの終了までに“パワーユニットの開発をもたらす”と語り、チームも“重要”なアップグレードがあることを …

フェラーリF1、新型エンジンで10馬力アップを実現との報道
フェラーリF1は、アップデートされたスペック3エンジンで約10馬力のアップを実現していると報じられている。フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは今シーズンの終了までに“パワーユニットの開発をもたらす”と語り、チームも“重要”なアップグレードがあることを夏休みの前に確認していた。

殺人容疑の元警察署長(愛称ジョー・フェラーリ)を逮捕 | タイランドハイパーリンクス

… 中だったタイ警察ムアンナコンサワン署の前署長であるティティサン・ウタナポン(ธิติสรรค์ อุทธนผล)容疑者(39歳)<愛称ジョー・フェラーリ>を逮捕しました。

殺人容疑の元警察署長(愛称ジョー・フェラーリ)を逮捕 | タイランドハイパーリンクス:Thai Hyper
タイ東部チョンブリ県のタイ警察センスク警察署は2021年8月26日(木)午後4時頃、殺人容疑で指名手配中だったタイ警察ムアンナコンサワン署の前署長であるティティサン・ウタナポン(ธิติสรรค์ อุทธนผล)容疑者

メイウェザーが高級車を爆買い 総額30億円コレクションに米困惑「金の無駄遣いだ」 | THE …

フェラーリや、ランボルギーニなど超高級車ばかり7台を購入したようで、これまでのもを含めると総額は2000万ポンド(約30億円)にも達するという。

メイウェザーが高級車を爆買い 総額30億円コレクションに米困惑「金の無駄遣いだ」
ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が自慢の高級車コレクションに新たなラインナップを加えた。フェラーリや、ランボルギーニなど超高級車ばかり7台を購入したようで、これまでのもを含めると総額は2000万ポンド(約30億円)にも達するという。自身のインスタグラムで実際の動画を投稿。海外ファンからは「凄い...

2023年限りで終了のGTEプロクラス、最終年はワークスチーム不在となる可能性/WEC | ル・マン …

WEC世界耐久選手権のLMGTEプロクラスを戦うポルシェとフェラーリは、同クラスにおいて2023年まで参加資格を有するにもかかわらず、両社はいずれも以前にアナウンスした …

2023年限りで終了のGTEプロクラス、最終年はワークスチーム不在となる可能性/WEC | ル・マン/WEC | autosport web
 WEC世界耐久選手権のLMGTEプロクラスを戦うポルシェとフェラーリは、同クラスにおいて2023年まで参加資格を有するにもかかわらず、両社はいずれも以前示した方針を変えることなく、2022年末をもってWECのプロフェッショナルGTカテゴリーから撤退する意向であると考えられている。

アルピーヌF1、2022年もフェルナンド・アロンソを起用と発表。オコンとのコンビを継続 | F1 …

2001年にF1にデビューしたアロンソは、2005年、2006年にルノーで2年連続でF1チャンピオンに輝いた。その後はマクラーレンやフェラーリなどに在籍し、2018年シーズンを …

アルピーヌF1、2022年もフェルナンド・アロンソを起用と発表。オコンとのコンビを継続 | F1 | autosport web
 8月26日(木)、アルピーヌF1チームはフェルナンド・アロンソとの契約を延長し、2022年もアロンソを起用すると発表した。 2001年にF1にデビューしたアロンソは、2005年、2006年にルノーで2年連続でF1チャンピオンに輝いた。その後はマクラーレンやフェラーリなどに在籍し、2018年シーズンを最後に一度F1を離...

2023年限りで終了のGTEプロクラス、最終年はワークスチーム不在となる可能性/WEC(2021年8 …

WEC世界耐久選手権のLMGTEプロクラスを戦うポルシェとフェラーリは、同クラスにおいて2023年まで参加資格を有するにもかかわらず、両社はいずれも以前示した方針を …

2023年限りで終了のGTEプロクラス、最終年はワークスチーム不在となる可能性/WEC(2021年8月26日)|BIGLOBEニュース
WEC世界耐久選手権のLMGTEプロクラスを戦うポルシェとフェラーリは、同クラスにおいて2023年まで参加資格を有するにもかかわらず、両社はいずれも以前示した方針を変えること…|BIGLOBEニュース

リアルすぎるミニカー 価格は約200万円 ポルシェ、フォードなど精密に再現 | SlashGear Japan

フォード『GT40』は、2019年の映画『フォードvsフェラーリ』でも活躍した、1969年のル・マン優勝マシンを再現。1/8スケールで、価格は約15,000ドル(約160万円)から。

リアルすぎるミニカー 価格は約200万円 ポルシェ、フォードなど精密に再現
最高級のミニカーを販売しているアマルガム・コレクションは、ル・マン24時間レースを主催するACO(Automobile Club de l’Ouest)とパートナーシップを結び、歴史的なレーシングマシンの数々
タイトルとURLをコピーしました