トヨタ、日産、ホンダ/7月の生産台数、トヨタのみ前年比増 – LNEWS

トヨタ、日産、ホンダ/7月の生産台数、トヨタのみ前年比増 – LNEWS

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業の3社は8月30日、7月の生産台数実績を発表した。 それによると、トヨタ自動車の国内生産は30万9138台(前年同月比21.8%増)、 …

トヨタ、日産、ホンダ/7月の生産台数、トヨタのみ前年比増
トヨタ自動車、日産自動車

トヨタの自動運転車「e-Palette」が横断歩道を横断しようとしたパラリンピック選手と接触事故 …

トヨタは、東京オリンピック / パラリンピック選手村で運行している自動運転車 e-Palette(イーパレット)が26日に起こした、パラリンピック選手との接触事故を受け …

トヨタの自動運転車「e-Palette」が横断歩道を横断しようとしたパラリンピック選手と接触事故、選手は負傷で欠場に | TechCrunch Japan
トヨタは、東京オリンピック / パラリンピック選手村で運行している自動運転車 e-Palette(イーパレット)が26日に起こした、パラリンピック選手との接触事故を受けて、選手村でのe-Palette運行をいったん取りやめました。豊田章男社長は運行再開について問われ「絶対に安全だといえる立場ではない」と、慎重な姿勢..

トヨタ新型「ヤリスGRスポーツ」発表! 専用エアロで武装した独自ヤリスの正体とは? 尼で登場 …

全幅が3ナンバー枠相当の5ドアボディを採用. トヨタのインドネシア法人は、現地仕様の「ヤリス」の新たな仕様となる「ヤリスGRスポーツ」を2021年8月 …

トヨタ新型「ヤリスGRスポーツ」発表! 専用エアロで武装した独自ヤリスの正体とは? 尼で登場(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタのインドネシア法人は、現地仕様の「ヤリス」の新たな仕様となる「ヤリスGRスポーツ」を2021年8月9日に発表しました。

「日常改善」「ものづくり革新」「再エネ・水素」 3本柱でカーボンゼロへ 挑戦通じ競争力強化狙う

トヨタ自動車は、2035年に国内外の工場をカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)にする目標を定めた。工場の日常改善、生産技術開発などものづくり …

脱炭素への革新 (1) トヨタ自動車 「日常改善」「ものづくり革新」「再エネ・水素」 3本柱でカーボンゼロへ 挑戦通じ競争力強化狙う(中部経済新聞) - Yahoo!ニュース
 中部の自動車関連企業を中心に脱炭素社会への道を切り開く挑戦が始まっている。トヨタ自動車は、2035年に国内外の工場をカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)にする目標を定めた。工場の日常

トヨタ:7月のグローバル販売は前年比15%増の約86万台、過去最高 – Bloomberg

トヨタ自動車は30日、7月のグローバル販売(ダイハツ・日野自除く)について、前年同月比約15%増の85万8569台で過去最高となったと 発表した。

トヨタ:7月のグローバル販売は前年比15%増の約86万台、過去最高
トヨタ自動車は30日、7月のグローバル販売(ダイハツ・日野自除く)について、前年同月比約15%増の85万8569台で過去最高となったと発表した。グローバル生産は、同約12%増の77万3135台だった。

日立アステモ×アイシン共同開発の減衰力調整式アブソーバーを採用 – レスポンス(Response.jp)

日立アステモは、アイシンと共同開発した減衰力調整式アブソーバーが、6月に世界初公開されたトヨタ自動車の新型『ランドクルーザー』に採用されたと発表した。

【トヨタ ランドクルーザー 新型】日立アステモ×アイシン共同開発の減衰力調整式アブソーバーを採用 | レスポンス(Response.jp)
日立アステモは、アイシンと共同開発した減衰力調整式アブソーバーが、6月に世界初公開されたトヨタ自動車の新型『ランドクルーザー』に採用されたと発表した。

後場コメント No.4 トヨタ、CARTAHD、フリー、小林製薬、日油、イーブック、日本製鉄 …

13:52 トヨタ自動車-反発 7月のグローバル販売14.9%増 トヨタ自動車<7203>が反発。同社は30日、7月のグローバル販売が85.9万台(前年同月比14.9%増)だったと発表した。

後場コメント No.4 トヨタ、CARTAHD、フリー、小林製薬、日油、イーブック、日本製鉄、三井不 - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
後場コメント No.4 トヨタ、CARTAHD、フリー、小林製薬、日油、イーブック、日本製鉄、三井不...

トヨタのロボタクシー用車種、第1号は「シエナAutono-MaaS」か 自動運転技術搭載 | 自動運転ラボ

トヨタはこのほど、ソフトウェアとコネクテッド分野に関する説明会「トヨタのクルマづくりへのこだわりと未来への挑戦」を実施した。

トヨタのロボタクシー用車種、第1号は「シエナAutono-MaaS」か 自動運転技術搭載
トヨタはこのほど、ソフトウェアとコネクテッド分野に関する説明会「トヨタのクルマづくりへのこだわりと未来への挑戦」を実施した。 Chief Product Integration Officerの山本圭司氏がプレゼンテーシ

中嶋一貴選手、村田久武WECチーム代表がトラブルと勝利の要因を語る – Car Watch

トヨタGR、ル・マン24時間1-2フィニッシュ会見 小林可夢偉選手、中嶋一貴 … 2021年のル・マン24時間レースは、8月21日~22日に決勝レースが行なわれ、トヨタ自動車 …

トヨタGR、ル・マン24時間1-2フィニッシュ会見 小林可夢偉選手、中嶋一貴選手、村田久武WECチーム代表がトラブルと勝利の要因を語る
 2021年のル・マン24時間レースは、8月21日~22日に決勝レースが行なわれ、トヨタ自動車のワークスチームであるTGR WECチームが走らせる「GR010 HYBIRD」の7号車が優勝し、8号車が2位に入り、新しいLMH(ル・マン・ハイパーカー)規定の初年度を1-2フィニッシュで飾った。これにより、昨年までのLMP...

フタバ産業、CO2排出量半減 トヨタに追随、30年度目標引き上げ | 日刊工業新聞 電子版

… 排出量 トヨタ自動車 カーボンニュートラル 排気系部品 車体部品 重油 デジタル技術 物流効率化. フタバ産業、CO2排出量半減 トヨタに追随、30年度目標引き上げ …

フタバ産業、CO2排出量半減 トヨタに追随、30年度目標引き上げ
【名古屋】フタバ産業は、2030年度の二...
タイトルとURLをコピーしました