【荒野を冒険】スバル・フォレスター・ウィルダネス 北米で発表 外装/内装/詳細 は?

【荒野を冒険】スバル・フォレスター・ウィルダネス 北米で発表 外装/内装/詳細は?

スバルは今後もSUVラインナップを強化していくという。 AUTOCAR JAPAN. 記事にリアクションしてみませんか?

【荒野を冒険】スバル・フォレスター・ウィルダネス 北米で発表 外装/内装/詳細は?(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
編集:AUTOCAR JAPAN編集部 スバルは、北米専用車「フォレスター・ウィルダネス」を現地時間2021年9月2日に米国で発表した。

1次予選県大会 スバル70連覇 28日から2次予選 太田暁工業と /群馬 – 毎日新聞

第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の1次予選県大会は5日、太田市運動公園野球場で決勝が行われ、SUBARU(スバル)が太田暁工業硬式野球クラブ …

第92回都市対抗野球:1次予選県大会 スバル70連覇 28日から2次予選 太田暁工業と /群馬 | 毎日新聞
 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の1次予選県大会は5日、太田市運動公園野球場で決勝が行われ、SUBARU(スバル)が太田暁工業硬式野球クラブを9―3で降し、大会70連覇を果たした。両チームは、本大会の代表2枠を争う2次予選北関東大会(28日から6日間、茨城・日立市民球場)に

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル「アウトバック」はレヴォーグより広くて悪路もイケる

「アウトバック」はスバルのラインナップで最も大きなステーションワゴンであり、実質的に同ブランドのフラッグシップといえる存在だ。 そんな重要なモデルが、ついに …

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル「アウトバック」はレヴォーグより広くて悪路もイケる | &GP
「アウトバック」はスバルのフラッグシップといえる存在だ。そんな重要なモデルが、ついに新型へと生まれ変わる。今回は正式発売に先立ち、一部公開されたオフィシャル写真やスペックなどから、注目の日本車である新型アウトバックの実力を予想する。

スバル 新型アウトバック日本導入は2年遅れ! 先行する北米では早くも新バージョン登場 …

スバルは2021年9月2日(木)、フルモデルチェンジした新型「レガシィ アウトバック」を発表した。2021年10月の正式発売を前に先行予約を開始する。

スバル 新型アウトバック日本導入は2年遅れ! 先行する北米では早くも新バージョン登場!? 日本にはない2.4ターボ版も|日本にない日本車【MOTA】
スバルは2021年9月2日(木)、フルモデルチェンジした新型「レガシィ アウトバック」を発表した。2021年10月の正式発売を前に先行予約を開始する。実はこの新型アウトバック、2019年4月の北米・ニューヨークショーで公開済み。同年夏には北米での発売を開始しており、日本は実に2年遅れの導入となった。 そんな経緯もあって...

MTは滅ぶしかないのか!? 先進安全装備と「マニュアル車」の相性がよくない事情(ベストカーWeb)

しかし、7月に正式発表されたスバル新型BRZはニューモデルでありながら、マニュアルトランスミッション(MT)車のほうには衝突被害軽減ブレーキであるアイサイトの設定は …

MTは滅ぶしかないのか!? 先進安全装備と「マニュアル車」の相性がよくない事情(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 最近では標準装備が当たり前になってきている衝突被害軽減ブレーキ。しかし、7月に正式発表されたスバル新型BRZはニューモデルでありながら、マニュアルトランスミッション(MT)車のほうには衝突被害軽減

GR 86 vs 新型 BRZ、骨肉のあらそい?…ジャーナリスト10人がジャッジ – レスポンス

スバルのBRZはトヨタのGR 86と兄弟車だが、どっちがいいのか、10人のモーター … 万円~スタートもコスパは十分 SUBARU BRZ○e-筑波アタック 新型GR 86○ディーラーで …

GR 86 vs 新型 BRZ、骨肉のあらそい?…ジャーナリスト10人がジャッジ | レスポンス(Response.jp)
『CARトップ』10月号は日産『フェアレディZ』新型、ランボルギーニ『カウンタック』復活、ホンダ『NSA』最終型など、巻頭から新型車レポートが目白押し。筑波アタックはトヨタの新型スポーツ、『GR 86』だ。

日本はなぜ、世界で最も多くのスポーツカーを作り続けるのか(Forbes JAPAN) – Yahoo!ニュース

最近、発表された新型トヨタGR86やGRヤリス、スバルBRZ、日産フェアレディZの他に、作り続けられるマツダ・ロードスター、トヨタ・スープラ、ホンダ・シビック …

日本はなぜ、世界で最も多くのスポーツカーを作り続けるのか(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース
この1年以内に、ホンダ初のEV「e」が出たり、マツダ初のEV「MX-30」が登場したりして、日本のカーメーカーも欧米のメーカーと同様に、EV車を含めた電動車や人気急上昇中のSUVをどんどん出している

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル「アウトバック」はレヴォーグより広くて悪路もイケ …

新型アウトバックに搭載されるエンジンは、スバルの最新ユニットである1.8リッターの水平対向直噴ターボ“CB18”型。最高出力177馬力、最大トルク30.6kgf-mを発生するこの …

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル「アウトバック」はレヴォーグより広くて悪路もイケる|au Webポータル
au Webポータル

ソリオ対ルーミー、売れ筋トールワゴン徹底比較 | トレンド | 東洋経済オンライン | 社会をよくする …

当ジャンルの将来性に目をつけたトヨタやダイハツ、スバルの参入により、コンパクトトールワゴンはあっという間に競合ひしめく一大セグメントとなった。 中でもルーミーは …

ソリオ対ルーミー、売れ筋トールワゴン徹底比較 | トレンド
近年、自動車の国内市場において、子育て世代を中心に、幅広い層に支持を受けているのがコンパクトトールワゴンだ。全長4000mm以下、全高1700mm以上の背が高い5ナンバーサイズのモデル群は、日本の道路事情でも運…

レヴォーグのマイナーチェンジモデルに期待したいのは2.4リッターターボエンジン搭載と … – MOTA

スバル 新型レヴォーグがデビューしたのは2020年11月のこと。先述の通りスバル車の多くは毎年改良が施されることが通例となっており、新型登場後にすぐに購入せず、 …

レヴォーグのマイナーチェンジモデルに期待したいのは2.4リッターターボエンジン搭載とサンルーフの設定だった【みんなの声を聞いてみた】|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
2020年11月に発売されたスバル 新型レヴォーグ。発売からまもなく1年を迎えるためにマイナーチェンジ(年次改良)モデルの発売を気にするユーザーも少なくないはず。というのもスバルはほとんどの車種を毎年改良をすることが通例となっていおり、レヴォーグもまもなくの改良が実施される見込みなのだ。そこで今回はユーザーが新型レヴォ...
タイトルとURLをコピーしました