トヨタ 前田CTO「30年までに電池に1兆5000億円投資」… – レスポンス

トヨタ 前田CTO「30年までに電池に1兆5000億円投資」… – レスポンス

トヨタ自動車は9月7日、電池およびカーボンニュートラルに関する報道関係者向けのオンライン説明会を開いた。このなかで2030年までに電池の開発と供給において合計1 …

トヨタ 前田CTO「30年までに電池に1兆5000億円投資」…20年代後半に台当たりコストは50%低減 | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車は9月7日、電池およびカーボンニュートラルに関する報道関係者向けのオンライン説明会を開いた。このなかで2030年までに電池の開発と供給において合計1兆5000億円の投資を行う方針を明らかにした。

トヨタ、EV用車載電池の開発に 1・5兆円投資へ…1台 – 読売新聞オンライン

トヨタ自動車は7日、電気自動車(EV)など電動車の中核部品となる車載電池の開発・生産について、2030年までに1・5兆円を投資すると発表した。

トヨタ、EV用車載電池の開発に1・5兆円投資へ…1台あたりの電池コスト半減目指す : 経済 : ニュース
トヨタ自動車は7日、電気自動車(EV)など電動車の中核部品となる車載電池の開発・生産について、2030年までに1・5兆円を投資すると発表した。 新技術の開発などにより、1台あたりの電池コストを5割削減することを目指す。

トヨタが出資するJoby、いよいよ上場を果たす | DRONE

eVTOL Joby Aviation TOYOTA エアモビリティ 空飛ぶタクシー. トヨタが出資するJoby、いよいよ上場を果たす. eVTOL開発企業のJoby Aviationが、ニューヨーク証券取引所 …

トヨタが出資するJoby、いよいよ上場を果たす
eVTOL開発企業のJoby Aviationが、ニューヨーク証券取引所への8月に上場した。空飛ぶタクシーの試作機を展示し、大々的に株式公開のセレモニーを行った。 Joby社は、前日Reinvent Technology Partners社との合併の完了を発表もおこなっている。JOBYの創業者兼CEOのJoeBen B...

トヨタ、電池生産ライン増設へ 脱炭素で各社も電動化急ぐ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

トヨタ自動車は車載電池の増産や研究開発のため、2030年までに1兆5千億円を投資すると7日に発表した。脱炭素の世界的な流れを受けて、大手メーカーは電動車の性能や …

トヨタ、電池生産ライン増設へ 脱炭素で各社も電動化急ぐ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 電気自動車(EV)などの電動車向け電池をめぐる競争が激しくなっている。トヨタ自動車は車載電池の増産や研究開発のため、2030年までに1兆5千億円を投資すると7日に発表した。脱炭素の世界的な流れを受

トヨタが新型レクサスの生産を「東日本」で始めるワケ – ニュースイッチ

小型車を得意とするトヨタのノウハウを生かし、自動車メーカー各社が力を入れる小型SUV市場での競争力を高める。 新型車は小型車「ヤリス」のプラットフォーム(車台) …

トヨタが「レクサス」新型SUVの生産を「東日本」で始めるワケ|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、トヨタが「レクサス」新型SUVの生産を「東日本」で始めるワケのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

トヨタ「45分で車検」の表示取りやめが示す課題 | 経営 | 東洋経済オンライン

トヨタ自動車系の販売会社、トヨタカローラ名古屋の幹部はそう話す。同社では「でらはや45分車検」と銘打った短時間車検を8月上旬まで展開していたが、お盆休みを …

トヨタ「45分で車検」の表示取りやめが示す課題 | 経営
「トヨタからの通達があったので、すべて45分で完了するといった誤解を生まないように短時間車検の名前を変えた」トヨタ自動車系の販売会社、トヨタカローラ名古屋の幹部はそう話す。同社では「でらはや45分車検」…

爆速トヨタ「アバロン」公開!? 全長5m級&車高ビタビタのカスタマイズイメージがスゴい!

トヨタは、北米市場などで「アバロン」というセダンをラインナップしています。 そんなアバロンを過激にカスタマイズした仕様が発見されました。

爆速トヨタ「アバロン」公開!? 全長5m級&車高ビタビタのカスタマイズイメージがスゴい!(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタは、北米市場などで「アバロン」というセダンをラインナップしています。    そんなアバロンを過激にカスタマイズした仕様が発見されました。

トヨタの超小型電気自動車「シーポッド」×「太陽光発電」で二酸化炭素排出ゼロの通勤を実現

トヨタ自動車が開発した超小型の電気自動車と、太陽光発電を使った充電システムを組み合わせ、二酸化炭素の排出ゼロで通勤できるサービスが、岐阜県多治見市で実用化 …

トヨタの超小型電気自動車「シーポッド」×「太陽光発電」で二酸化炭素排出ゼロの通勤を実現(メ〜テレ(名古屋テレビ)) - Yahoo!ニュース
 トヨタ自動車が開発した超小型の電気自動車と、太陽光発電を使った充電システムを組み合わせ、二酸化炭素の排出ゼロで通勤できるサービスが、岐阜県多治見市で実用化されています。環境への配慮と利便性を合わせ

トヨタとBMW、自動車業界の逆張り投資家 – WSJ – ウォール・ストリート・ジャーナル

テスラの後を追うだけが脱炭素の道ではない. トヨタのハブリッドセダン「カムリ」(2021年 …

トヨタとBMW、自動車業界の逆張り投資家
 トヨタ自動車や独BMWは、テスラを礼賛する投資家が電気自動車(EV)について聞きたい内容を口にすることはない。

トヨタの新型「ランドクルーザー」(300系)、オンロードでのフィーリングやいかに? – Car Watch

トヨタ自動車いわく「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」というランクルが持つそもそものコンセプトをさらに引き伸ばすべく、新型は「世界中のどんな道でも …

【試乗レポート】トヨタの新型「ランドクルーザー」(300系)、オンロードでのフィーリングやいかに?(橋本洋平)
 生誕70周年を迎えた今年8月、「ランドクルーザー」が14年ぶりにフルモデルチェンジした。プロユースから乗用までをこなすステーションワゴンタイプ・200シリーズの後継モデルである300シリーズがそれだ。トヨタ自動車いわく「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」というランクルが持つそもそものコンセプトをさらに引き伸...
タイトルとURLをコピーしました