通学路、安全対策に寄付 ダイハツ下中自動車・安芸社長 売上金一部、熊取町に / 大阪 | 毎日新聞

通学路、安全対策に寄付 ダイハツ下中自動車・安芸社長 売上金一部、熊取町に /大阪 | 毎日新聞

地域の子どもたちの通学路の安全対策に役立ててもらおうと、ダイハツショップ下中自動車(熊取町久保)の安芸幸司社長(50)が7日、熊取町役場を訪れ、昨年 …

通学路、安全対策に寄付 ダイハツ下中自動車・安芸社長 売上金一部、熊取町に /大阪 | 毎日新聞
 地域の子どもたちの通学路の安全対策に役立ててもらおうと、ダイハツショップ下中自動車(熊取町久保)の安芸幸司社長(50)が7日、熊取町役場を訪れ、昨年の車の売上金の一部を町に寄付した。目録を受け取った藤原敏司町長は「有意義に使わせていただきたい」と感謝を伝えた。【安田美香】

「ムーヴキャンバス」とガチのライバル!? ハイト系スライドドア車を比較 – くるまのニュース

このジャンルでは、ダイハツ「ムーヴカスタム」が2016年9月に発売されていますが、新型ワゴンRスマイルとはどのような違いがあるのでしょうか。両車を比較してみました …

スズキ新型「ワゴンRスマイル」は先駆者「ムーヴキャンバス」とガチのライバル!? ハイト系スライドドア車を比較
スズキ「ワゴンR」にスライドドアを備えた新型「ワゴンRスマイル」が設定されます。このジャンルで先行していたダイハツ「ムーヴキャンバス」とはどのような違いがあるのでしょうか。両車を比較してみます。

デカいだけが原因じゃない? 海外でバカ売れの日本車が日本で売れない決定的理由 – Yahoo!ニュース

その結果、2021年1~7月における乗用車メーカーの国内新車販売台数ランキングは、1位:トヨタ、2位:スズキ:3位:ダイハツ、4位:ホンダ、5位:日産、6位:マツダ、7位:スバル、8 …

デカいだけが原因じゃない? 海外でバカ売れの日本車が日本で売れない決定的理由(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 21世紀の訪れとともに日本車のグローバル化は一挙に加速。従来も海外で販売される日本車は存在したが、それでも日本市場では国内をメインに考えられた車種が多数であった。それが令和の今や、グローバルで販売

スズキ、「ワゴンR」にスライドドア搭載モデル ムーヴ超え狙う – 日経クロストレンド

軽ハイトワゴン市場では、スライドドア付きモデルは16年発売のダイハツ工業「ムーヴキャンバス」のみだった。今回スズキが新モデルを投入すること …

スズキ、「ワゴンR」にスライドドア搭載モデル ムーヴ超え狙う
スズキは新型軽乗用車「ワゴンRスマイル」を2021年9月10日に発売する。軽ハイトワゴン市場では、スライドドア付きモデルは16年発売のダイハツ工業「ムーヴキャンバス」のみだった。今回スズキが新モデルを投入することで、「ワゴンR」の存在感を高められるかどうかが注目される。

見かけによらず実力はすごい? スポーツカーじゃないけど気合が入った軽自動車3選 | くるまの …

1995年にダイハツは、ワゴンRに対抗するためにトールワゴンの初代「ムーヴ」を発売。軽セダンの「ミラ」をベースに開発され、ワゴンRと人気を二分するヒット作になりました …

見かけによらず実力はすごい? スポーツカーじゃないけど気合が入った軽自動車3選
日本独自の規格である軽自動車は庶民の足として誕生しましたが、今では装備や安全機能も充実し、日本の自動車市場でもっとも売れているクルマへと成長しました。種類もニーズに合わせるように多種多様で、なかには高性能なモデルも存在。そこで、見た目以上にハイスペックだった軽自動車を、3車種ピックアップして紹介します。
タイトルとURLをコピーしました