F1イタリアFP1:逆襲誓うハミルトンが速さを見せトップタイム、アルファタウリ角 田は14番手 …

F1イタリアFP1:逆襲誓うハミルトンが速さを見せトップタイム、アルファタウリ角田は14番手 …

F1が世界選手権として発足された1950年から今に至るまで、ほぼすべてのイタリアGPを開催してきた歴史がある。 全長5.793kmのコースは4つのストレートをつないだ …

F1イタリアFP1:逆襲誓うハミルトンが速さを見せトップタイム、アルファタウリ角田は14番手(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1第14戦イタリアGPのフリー走行1回目が行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がセッショントップタイムをマークした。

F1角田裕毅はQ1敗退「とにかくガッカリ」コースはみ出しタイム抹消(日刊スポーツ) – Yahoo!

<F1:第14戦イタリアGP>◇予選◇10日◇モンツァ・サーキット第14戦イタリアGPの予選はメルセデスAMG勢が圧倒的な速さを見せ、レッドブル・ホンダ陣営は …

F1角田裕毅はQ1敗退「とにかくガッカリ」コースはみ出しタイム抹消(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
<F1:第14戦イタリアGP>◇予選◇10日◇モンツァ・サーキット 第14戦イタリアGPの予選はメルセデスAMG勢が圧倒的な速さを見せ、レッドブル・ホンダ陣営はマックス・フェルスタッペンが0・41

【タイム結果】F1第14戦イタリアGPフリー走行1回目 – autosport web

2021年F1第14戦イタリアGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・ …

【タイム結果】F1第14戦イタリアGPフリー走行1回目 | F1 | autosport web
 2021年F1第14戦イタリアGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは10番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは5番手、角田裕毅は14番手となっている。 ■2021年F1第14戦イタ...

アルファタウリF1の角田裕毅「クラッシュし続けていたから、残留できて少し驚いた」 | F1 …

角田裕毅は、2022年の残留が確定した状態で、アルファタウリのホームグランプリであるF1第14戦イタリアGPに臨む。 アルファタウリは、9月7日、2022年の …

アルファタウリF1の角田裕毅「クラッシュし続けていたから、残留できて少し驚いた」 | F1 | autosport web
 角田裕毅は、2022年の残留が確定した状態で、アルファタウリのホームグランプリであるF1第14戦イタリアGPに臨む。 アルファタウリは、9月7日、2022年のドライバーラインアップを発表、ピエール・ガスリーと角田裕毅の残留を明らかにした。

アルボンを迎える2022年のウィリアムズF1マシンにはレッドブルのロゴが? – Yahoo!ニュース

アレックス・アルボンが2022年にウィリアムズでF1復帰を果たすことが発表されたが、イギリス生まれのタイ人ドライバーであるアルボンがレッドブルの契約下に …

アルボンを迎える2022年のウィリアムズF1マシンにはレッドブルのロゴが?(TopNews) - Yahoo!ニュース
アレックス・アルボンが2022年にウィリアムズでF1復帰を果たすことが発表されたが、イギリス生まれのタイ人ドライバーであるアルボンがレッドブルの契約下にあることは誰もが知るところだ。 伝えられると

苦楽をともにした"ホンダマン"。ジェンソン・バトンとホンダのF1キャリア回顧録 – autosport web

ホンダF1ラストイヤーとなる2021年。あらためて2015年からのホンダのF1活動を総括するF1速報別冊『HONDA Racing Addict』の第2集『Honda RA616H & 617H』が9 …

苦楽をともにした"ホンダマン"。ジェンソン・バトンとホンダのF1キャリア回顧録 | F1 | autosport web
 F1キャリアの半数近くをホンダとともに過ごしたジェンソン・バトン。最後の道のりは平坦なものではなく、苦難の連続だったが、「ホンダは強くなるためにすべてを懸けている」と忍耐強く、成功を信じて挑み続けた2シーズンだった。 ホンダF1ラストイヤーとなる2021年。あらためて2015年からのホンダのF1活動を総括するF1速報...

モンツァのパラボリカコーナー、元F1ドライバーにちなみ『アルボレート』に名称変更へ(オート …

【関連写真】ミケーレ・アルボレート(フェラーリ) アルボレートは1981年から1994年までF1に参戦。ティレルで2回、フェラーリで3回、計5回のF1優勝を …

モンツァのパラボリカコーナー、元F1ドライバーにちなみ『アルボレート』に名称変更へ(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 モンツァ・サーキットは、故人であるイタリア人グランプリドライバーのミケーレ・アルボレートに敬意を表し、名物コーナー、パラボリカの名称を“クルバ・アルボレート”に変更することを決めた。

【あなたは何しに?】元F1ドライバーが母国レースで奔走。 – Yahoo!ニュース

ギド・ヴァン・デル・ガルデがオランダGPの週末、ザントフォールト・サーキットを訪れていた。 【写真】「優勝おめでとう」とホンダF1の山本MDへサムアップ …

【あなたは何しに?】元F1ドライバーが母国レースで奔走。レース後にはレッドブル・ホンダの優勝を祝う(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 ギド・ヴァン・デル・ガルデがオランダGPの週末、ザントフォールト・サーキットを訪れていた。

【順位結果】F1第14戦イタリアGP予選 – autosport web

2021年F1第14戦イタリアGPの予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスが最速タイムを記録した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3 …

【順位結果】F1第14戦イタリアGP予選 | F1 | autosport web
 2021年F1第14戦イタリアGPの予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスが最速タイムを記録した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは9番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅は17番手となっている。 ■2021年F1第14戦イタリアGP予選 暫定...

ヒュルケンベルグ、F1復帰を断念。でも「人生が終わったわけではない」 – Yahoo!ニュース

ヒュルケンベルグは2010年にウイリアムズからF1デビュー、以来2019年までF1に参戦し続けた。しかし同年限りでルノー(現アルピーヌ)のシートを失うことになって …

ヒュルケンベルグ、F1復帰を断念。でも「人生が終わったわけではない」他シリーズからのオファーも?(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にF1に戻る可能性があるとは考えておらず、他のシリーズから魅力的なオファーが舞い込んでいると明かした。
タイトルとURLをコピーしました