サマーマイル王者はロータスランド、辻野師「チャンピオンに相応しい走り」 – Yah oo!ニュース

サマーマイル王者はロータスランド、辻野師「チャンピオンに相応しい走り」 – Yahoo!ニュース

2021年サマーマイルシリーズは、米子S1着(8P)・中京記念5着(2P)・関屋記念1着(10P)で計20ポイントを獲得した、ロータスランド(牝4、栗東・辻野泰之厩舎)が …

【JRA】サマーマイル王者はロータスランド、辻野師「チャンピオンに相応しい走り」(netkeiba.com) - Yahoo!ニュース
 2021年サマーマイルシリーズは、米子S1着(8P)・中京記念5着(2P)・関屋記念1着(10P)で計20ポイントを獲得した、ロータスランド(牝4、栗東・辻野泰之厩舎)がチャンピオンに輝いた。

【佐賀・ロータスクラウン賞結果】牝馬トゥルスウィーが押し切り三冠達成! – 競馬ニュース

12日、佐賀競馬場で行われた第18回ロータスクラウン賞(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金300万円)は、2番手でレースを進めた山口勲騎手騎乗の1番人気トゥル …

【佐賀・ロータスクラウン賞結果】牝馬トゥルスウィーが押し切り三冠達成! | 競馬ニュース - netkeiba.com
 12日、佐賀競馬場で行われた第18回ロータスクラウン賞(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金300万円)は、2番手でレースを進めた山口勲騎手騎乗の1番人気トゥルスウィー(牝3、佐賀・北村欣也厩舎)が、… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

サマーマイルシリーズ ロータスランドがV 辻野師「チャンピオンにふさわしい走り」― スポニチ …

今年のサマーマイルシリーズは京成杯AHで全4戦が終了。第1戦の米子S、第3戦の関屋記念を制して計20ポイントを獲得したロータスランド(牝4=辻野)が …

サマーマイルシリーズ ロータスランドがV 辻野師「チャンピオンにふさわしい走り」 - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル
 今年のサマーマイルシリーズは京成杯AHで全4戦が終了。第1戦の米子S、第3戦の関屋記念を制して計20ポイントを獲得したロータスランド(牝4=辻野)がシリーズVを果たした。褒賞金として同馬の馬主に2400万円、厩舎関係者に600万円が贈られる。

サマーマイルS ロータスランドが制す 米子S、関屋記念ともにV – スポニチ Sponichi Annex

サマーマイルシリーズは京成杯AHで全4戦が終了。第1戦米子S、第3戦関屋記念を制して計20ポイントを獲得したロータスランド(牝4=辻野)が優勝した。

サマーマイルS ロータスランドが制す 米子S、関屋記念ともにV - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル
 サマーマイルシリーズは京成杯AHで全4戦が終了。第1戦米子S、第3戦関屋記念を制して計20ポイントを獲得したロータスランド(牝4=辻野)が優勝した。

サマーマイルシリーズ ロータスランドが戴冠 辻野師「名に恥じない走りを秋にも」/競馬・レース …

サマーマイルシリーズが12日に全日程を終了、米子Sと関屋記念でシリーズ2勝を挙げたロータスランド(牝4歳、栗東・辻野)が20ポイントを獲得し、夏の …

サマーマイルシリーズ ロータスランドが戴冠 辻野師「名に恥じない走りを秋にも」/デイリースポーツ online
 サマーマイルシリーズが12日に全日程を終了、米子Sと関屋記念でシリーズ2勝を挙げたロータスランド(牝4歳、栗東・辻野)が20ポイントを獲得し、夏のマイルチャンプの座についた。同馬の馬主に2400万円、厩舎関係者には600万円が褒賞金として贈られる。 辻野師は「チャンピオンの名に恥じない走りを、秋にも見せていきたい」と...

【京成杯AH】7番人気カテドラルが重賞初制覇 サマーマイル王者はロータスランドに決定 …

勝ち時計は1分32秒0。 これにより、合計20ポイントを挙げたロータスランド(牝4歳、栗東・辻野泰之厩舎、父ポイントオブエントリー)がサマー …

【京成杯AH】7番人気カテドラルが重賞初制覇 サマーマイル王者はロータスランドに決定
 サマーマイルシリーズの最終戦は、戸崎圭太騎手とコンビを組んだ7番人気のカテドラル(牡5歳、栗東・池添学厩舎、父ハーツクライ)が重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分32秒0。

自動車の大衆化に貢献したオースティンセブンは、ビギナーもベテランも虜にする、魔性の魅力を …

マクラーレンもロータスも、オースティンセブンからはじまった!? 1931年型のRM SALOONは、いわゆるボックスサルーンと呼ばれるオースティンセブンの原型である。

自動車の大衆化に貢献したオースティンセブンは、ビギナーもベテランも虜にする、魔性の魅力をたたえたモデルである──戦前車を21世紀に愉しむという、魅惑の自動車趣味世界 Vol.02
今、自動車趣味人の間で第2次世界大戦前に生産された、いわゆる”戦前車”への注目度が高まっている。自動車文化の「ヘリテージ」を所有するという絶大な満足感、路上やイベント会場で多くの人の視線を奪うことの快感、そして年毎に高騰する傾向にある旧い車たちのなかでも比較的まだ手の届く価格帯にあること……などが、近年の戦前車人気の理...
タイトルとURLをコピーしました