ポルシェ・マカンGTSへ試乗 2.9L V6ツインターボで440ps(AUTOCAR JAPAN) – Yahoo!ニュース

ポルシェ・マカンGTSへ試乗 2.9L V6ツインターボで440ps(AUTOCAR JAPAN) – Yahoo!ニュース

ポルシェの経営は順調で、すでに7年が経過しているにも関わらず、マイナーチェンジが施された。 その理由は、2023年に純EVとなる新型マカンが登場するから。あと …

【トップグレードに格上げ】ポルシェ・マカンGTSへ試乗 2.9L V6ツインターボで440ps(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
執筆:Illya Verpraet(イリヤ・バプラート) 翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)   ポルシェは、それぞれのモデルを大切に育てることが多かった。大きなアップデートを何度も繰り

次世代パワーソースに対するポルシェの回答。2022年からeフューエルの生産をスタート …

ポルシェとシーメンス・エナジーは、多くの国際企業と協力してカーボンニュートラルに近い燃料(eFuel:eフューエル)を生産する工業プラント「Haru Oni」を、 …

次世代パワーソースに対するポルシェの回答。2022年からeフューエルの生産をスタート!
ポルシェとシーメンス・エナジーは、多くの国際企業と協力してカーボンニュートラルに近い燃料(eFuel:eフューエル)を生産する工業プラント「Haru Oni」を、チリのプンタ・アレーナスに建設する。この将来を担うプロジェクトの起工式が、9月10日にチリのエネルギー大臣フアン・カルロス・ジョベト氏の立会いのもとに行われた...

ポルシェ パナメーラ に新グレード「ターボGT」!高速テストでニュルデビュー – レスポンス

ポルシェの4ドアサルーン、『パナメーラ』に新たに設定されると思われる「ターボGT」グレードの市販型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始 …

ポルシェ パナメーラ に新グレード「ターボGT」!高速テストでニュルデビュー | レスポンス(Response.jp)
ポルシェの4ドアサルーン、『パナメーラ』に新たに設定されると思われる「ターボGT」グレードの市販型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

持続可能素材を取り入れた未来のレーシングコンセプトカー! ポルシェ「ミッションR」を発表 …

ポルシェ「ミッションR」を発表 (1/2ページ). 投稿日: 2021年9月13日 TEXT: WEB CARTOP PHOTO: ポルシェジャパン.

持続可能素材を取り入れた未来のレーシングコンセプトカー! ポルシェ「ミッションR」を発表
近年、EVに力を入れているポルシェがミュンヘンで開催されるIAA MOBILITY 2021にて未来のEVレーサー「ミッションR」を発表した。持続可能素材などを多く取り入れて、環境に配慮したマシンメイクが注目点だが、スペックも1000馬力を超えるなどモンスター級となっている。EVの可能性を広げる注目のモデルだ。

腐食したポルシェ「カレラRS」のオブジェを、米現代アーティストが制作|Real Sound|リアル …

ポルシェもまた、「このアートカーは、3020年に発見された『911』を表している。1000年後には車体の大部分が損傷しているが、それでもパフォーマンスは低下し …

腐食したポルシェ「カレラRS」のオブジェを、米現代アーティストが制作
米ニューヨークのアーティスト、ダニエル・アーシャム氏が、“腐食した”ポルシェ「カレラRS」のオブジェを制作した。Instagramに111万人のフォロワーを擁する同氏は、過去にディオールやティファニーといった有名ブランドともコラボしており、現代アートを牽引する存在だ。 今回制作された「カレラRS」…

「大味」「直線番長」は思い込みだった! レーシングドライバーが乗って「走りに驚いた」アメ車 …

ほかにもポルシェ911やアストンマーティンなど強豪が居並ぶル・マンでのこの活躍は、ミッドシップ化したことが単なるイメージ変更やファッション性だけで …

「大味」「直線番長」は思い込みだった! レーシングドライバーが乗って「走りに驚いた」アメ車3台(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 アメリカ製スポーツカーと言えば、最近登場した「シボレー・コルベット」を思い浮かべる。その最新モデルは伝統のFRレイアウト(フロントエンジン後輪駆動)を廃し、ミッドシップレイアウトとなっていて驚きを

ポルシェのワンメイクレースも電動化の時代へ!「ポルシェ ミッションR」を発表【IAAモビリティ …

フロントに435ps、リアには653psを発生する電気モーターを搭載 ポルシェAGは、ミュンヘンで開催されている「IAA MOBILITY 2021」にてコンセプトカー …

ポルシェのワンメイクレースも電動化の時代へ!「ポルシェ ミッションR」を発表【IAAモビリティ2021】(LE VOLANT CARSMEET WEB) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
フロントに435ps、リアには653psを発生する電気モーターを搭載 ポルシェAGは、ミュンヘンで開催されている「IAA MOBILITY 2021」にてコンセプトカーの「ミッションR」を発表した。ポルシェミッションRに搭載された新開発の...

【環境負荷の低い燃料】ポルシェ 合成燃料工場の建設開始 ガソリンに代わる新しい選択肢 – carview!

CO2削減に向けた重要な取り組み 2022年から内燃機関車用の合成燃料を生産する、ポルシェの新プラントの建設が南米チリで進められている。

【環境負荷の低い燃料】ポルシェ 合成燃料工場の建設開始 ガソリンに代わる新しい選択肢(AUTOCAR JAPAN)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
CO2削減に向けた重要な取り組み2022年から内燃機関車用の合成燃料を生産する、ポルシェの新プラントの建設が南米チリで進められている。ポルシェは独自に生産した合成燃料の試験を来年開始することを目指している。この燃料は、現在のエンジンに無改造...(ヘッドライン)
タイトルとURLをコピーしました