フェラーリ…コロナ禍でも売れ続ける「高級外車」輸入総計台数は16.6%増 – Yahoo! ニュース

フェラーリ…コロナ禍でも売れ続ける「高級外車」輸入総計台数は16.6%増 – Yahoo!ニュース

メルセデス・ベンツ3万5474台(前年同期比5.7%増)、BMW2万3891台(同15%増)、ポルシェ4899台(同8.1%増)、フェラーリ765台(同17.2%増)。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

フェラーリ、失地回復のPU全面刷新…鍵は15馬力増見込まれるハイブリッドのアップグレード | F1 …

今季のスクーデリア・フェラーリはレッドブル・ホンダとメルセデスのタイトル争いに絡めず、マクラーレンとのコンストラクターズ選手権3位争いに甘んじて …

フェラーリ、失地回復のPU全面刷新…鍵は15馬力増見込まれるハイブリッドのアップグレード | F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】
今季のスクーデリア・フェラーリはレッドブル・ホンダとメルセデスのタイトル争いに絡めず、マクラーレンとのコンストラクターズ選手権3位争いに甘んじているが、2022年の優勝及び王座争い復帰に向け、舞台裏では着々と開発が進められている。

フェラーリF1代表 「アルファロメオのドライバー選定への影響力はない」 – F1-Gate.com

フェラーリF1のマッティア・ビノットは、ドライバー選択はアルファロメオとの会話の一部ではあるが、ラインナップを決めるのは“チームの選択”あると断固 …

フェラーリF1代表 「アルファロメオのドライバー選定への影響力はない」
フェラーリF1のマッティア・ビノットは、ドライバー選択はアルファロメオとの会話の一部ではあるが、ラインナップを決めるのは“チームの選択”あると断固として主張している。2019年、フェラーリは、ジュニアドライバーのアントニオ・ジョビナッツィをアルファロメオに配置し、2020年と今年も彼をシートに留めることはフェラーリの決...

〝魅惑の高級車コレクション〟でメッシが永遠のライバルのC・ロナウドに圧勝!(東スポWeb …

メッシのコレクションの中でもっとも価値があるのは1957年製のフェラーリ335Sスパイダースカグリエッティで評価額は驚きの2500万ポンド( …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

来季のアルファタウリ残留を決めた角田裕毅、2021年シーズンの成績を振り返ってみた

… フェラーリ)2 18位 A.ジョビナッティ(アルファロメオ・フェラーリ)1 ただ、チームメイトのガスリーと成績を比較してみると、予選で角田は14戦全敗。

来季のアルファタウリ残留を決めた角田裕毅、2021年シーズンの成績を振り返ってみた(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
2021年9月7日、角田裕毅が来季2022年シーズンもスクーデリア・アルファタウリからF1に参戦することが正式に発表された。同時に、チームはピエール・ガスリーとのコンビを継続することも明らかにしてい

カルロス・サインツJr.、相次ぐクラッシュの連鎖”ストップ”を誓う「すぐに同じようなことは …

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1イタリアGPのフリー走行2回目でクラッシュを起こしたが、既に学習プロセスを進めており、すぐに再びクラッシュする …

カルロス・サインツJr.、相次ぐクラッシュの連鎖”ストップ”を誓う「すぐに同じようなことは起こさない」
フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1イタリアGPのフリー走行2回目でクラッシュを起こしたが、既に学習プロセスを進めており、すぐに再びクラッシュするようなことはないと誓った。

ランボルギーニ幻の「オープンモデル」! 市販されなかった「ジャルパ・スパイダー」とは何か …

これはスポーツカーのロングセラーとなっていた、ポルシェ911を意識したとされています。実際に3年後にはフェラーリも2+2のディーノ308GT4を投入することになっ …

ランボルギーニ幻の「オープンモデル」! 市販されなかった「ジャルパ・スパイダー」とは何か(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 1963年に設立されたアウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)は当初、フロントに3.5LのV12エンジンを搭

FIAがレッドブルF1の主張に反論、ペレスのペナルティ決定の過程を説明「当然の処分」と …

… 位に降格された。32周目にシャルル・ルクレール(フェラーリ)をオーバーテイクする際に、コース外を使ってアドバンテージを得たと判断されたためだ。

FIAがレッドブルF1の主張に反論、ペレスのペナルティ決定の過程を説明「当然の処分」とルクレール | F1 | autosport web
 レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、F1第14戦イタリアGP決勝を3位でフィニッシュしながら、5秒ペナルティを受けて5位に降格された。32周目にシャルル・ルクレール(フェラーリ)をオーバーテイクする際に、コース外を使ってアドバンテージを得たと判断されたためだ。これについてレッドブル代表クリスチャン・ホーナーは、F...
タイトルとURLをコピーしました