最後の純粋なイタリアメイド|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスターを試 す – octane.jp

最後の純粋なイタリアメイド|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスターを試す – octane.jp

この記事は「20世紀最後の“やりすぎた”ワンオフカー|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスター【前編】」の続きです。

最後の純粋なイタリアメイド|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスターを試す【後編】 | octane.jp | Fuelling the Passion - 車に情熱を!-
この記事は「20世紀最後の“やりすぎた”ワンオフカー|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスター【前編】」の続きです。 その後のプレグンタ 誕生から23年を経ても、いまなおプレグンタは見る者を圧倒する。スペイン語で「

最後の純粋なイタリアメイド|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスターを試す【後編】 | マイ …

「10代の頃から好きだったランボルギーニのコレクション、20台を完成させるために、ユーリエス・トリノから直接購入したのです。フェラーリもいい車でした …

最後の純粋なイタリアメイド|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスターを試す【後編】
この記事は「20世紀最後の“やりすぎた”ワンオフカー|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスター【前編】」の続きです。 その後のプレグンタ 誕生から23年を経ても、いまなおプレグンタは見る者を圧倒する。スペイン語で「・・・

ランボルギーニ幻の「オープンモデル」! 市販されなかった「ジャルパ・スパイダー」とは何か …

ランボルギーニの経営難に振り回された悲運のプロトモデル 1963年に設立されたアウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Automobili Ferruccio Lamborghini …

ランボルギーニ幻の「オープンモデル」! 市販されなかった「ジャルパ・スパイダー」とは何か(Auto Messe Web)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ランボルギーニの経営難に振り回された悲運のプロトモデル 1963年に設立されたアウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)は当初、フロントに3.5LのV12...(ヘッドライン)

アンジャッシュ児嶋、3200万円ランボルギーニがお似合い 「かっこよすぎる!」と絶賛の声 …

お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉がYouTubeを更新し、3200万円ランボルギーニの運転姿を公開。「かっこよすぎる!」と反響を呼んでいる。

アンジャッシュ児嶋、3200万円ランボルギーニがお似合い 「かっこよすぎる!」と絶賛の声
お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉がYouTubeを更新し、3200万円ランボルギーニの運転姿を公開。「かっこよすぎる!」と反響を呼んでいる。

ランボルギーニを格安で買う裏技?「キットカー」ってなに? – エキサイト

キットカーの中でも、別の車をベースに本物のスーパーカー瓜二つにつくられた車のことを「レプリカ」と呼びます。 フェラーリ・360モデナ、ランボルギーニ・ …

ランボルギーニを格安で買う裏技?「キットカー」ってなに? (2021年9月17日) - エキサイトニュース
「キットカー」の存在©sqoo920/stock.adobe.comキットカーは、部品の状態で購入し自宅のガレージなどで組むことができる自動車です。イギリスでは過去の名車や現代の高級車(フェラーリ、ラ...

テスラから乗り換える人が続出のタイカン! ポルシェの電動化戦略の「本気度」 | 自動車情報 …

なぜならば、それとほぼ同時期にフォルクスワーゲンではいわゆるディーゼル不正問題が発覚し、ポルシェ、アウディ、ランボルギーニなど、フォルクスワーゲ …

テスラから乗り換える人が続出のタイカン! ポルシェの電動化戦略の「本気度」
いま、EVに乗るセレブが続々とテスラからポルシェ・タイカンに乗り換えているという。これは、世界中のセレブが、ポルシェのEVに対する信頼と期待の高さの表れだろう。ポルシェは電動化に対してどのような戦略をとり、そしていかにしてタイカンというプレミアムEVを生み出したのかをその始まりとなったミッションeから振り返る。

新車で買えるアウディのクーペ16車種|2021年最新情報 – エキサイト

… 作ったり、同じフォルクスワーゲングループのポルシェやランボルギーニと、共通のプラットフォームやパワーユニットを使った車づくりも盛んなアウディ。

新車で買えるアウディのクーペ16車種|2021年最新情報 (2021年9月17日) - エキサイトニュース
アウディは「スポーツバック」重視のクーペラインナップ日本で浸透しているかはともかく、ドイツ第3の高級車メーカーを目指して高性能ブランド「アウディスポーツ」を作ったり、同じフォルクスワーゲングループのポ...
タイトルとURLをコピーしました