レジェンドにオデッセイにS660! 解せない理由で販売車種を減らすホンダに感じる 「危機 …

レジェンドにオデッセイにS660! 解せない理由で販売車種を減らすホンダに感じる「危機 …

S660やNSXでも同じことが言えるが、ホンダはせっかくのブランドを安易に捨てすぎている感じが否めない。 近年のホンダ車の売り方には、疑問を感じることが多い。シビックと …

レジェンドにオデッセイにS660! 解せない理由で販売車種を減らすホンダに感じる「危機」(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 近年のホンダ車の売り方には、疑問を感じることが多い。シビックとCR-Vは、国内販売を一度終了して、その後に復活させた。しかもシビックセダンは販売を再び打ち切り、新型はハッチバックのみになる。

レジェンドにオデッセイにS660! 解せない理由で販売車種を減らすホンダに感じる「危機 …

S660の終了も不可解だ。廃止の理由は「新たな法規に対応するのが困難」というものだが、ライバル車のコペンも、衝突被害軽減ブレーキを採用していないのに …

レジェンドにオデッセイにS660! 解せない理由で販売車種を減らすホンダに感じる「危機」
最近のホンダは、オデッセイ、レジェンド、クラリティ、S660、NSXの販売終了や、国内販売を一度終了したシビックとCR-Vの復活など、疑問に感じる売り方が多い。このように場当たり的になる背景には、ホンダ車全体の統合が図られていない事情がある。詳しく解説する。
タイトルとURLをコピーしました