最後の純粋なイタリアメイド|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスターを試 す – Yahoo!ニュース

最後の純粋なイタリアメイド|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスターを試す – Yahoo!ニュース

この記事は「20世紀最後の“やりすぎた”ワンオフカー|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスター【前編】」の続きです。 ーーー○その後のプレグンタ 誕生から23年を …

最後の純粋なイタリアメイド|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスターを試す【後編】(octane.jp) - Yahoo!ニュース
この記事は「20世紀最後の“やりすぎた”ワンオフカー|ランボルギーニ プレグンタ・スピードスター【前編】」の続きです。 ーーー ●その後のプレグンタ   誕生から23年を経ても、いまなおプレグンタは

アンジャッシュ児嶋、3200万円ランボルギーニがお似合い 「かっこよすぎる!」と絶賛の声 …

「すげぇ、かっこいいじゃん!」 店頭に停車していたのは、黒い車体の高級ランボルギーニ・アヴェンタドール。 現行型のランボルギーニではトップグレードで、新車時で …

アンジャッシュ児嶋、3200万円ランボルギーニがお似合い 「かっこよすぎる!」と絶賛の声(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース
 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉がYouTubeを更新し、3200万円ランボルギーニの運転姿を公開。「かっこよすぎる!」と反響を呼んでいる。

ギャラリー:北海道の大地を走った イタリアのSUVで大自然を満喫「ランボルギーニ ウルス …

ギャラリー:北海道の大地を走った──イタリアのSUVで大自然を満喫「ランボルギーニ ウルス」. By 森口徳昭(GQ) 2021年9月18日.

ギャラリー:北海道の大地を走った──イタリアのSUVで大自然を満喫「ランボルギーニ ウルス」
サーキットから山道、砂地、雪上まで、どんな道でも走行していく超高性能SUV、ランボルギーニ ウルスで日本を縦断ドライブリレーする「UNLOCK ANY ROAD JAPAN」プロジェクト。福岡を出発し、北海道に渡り、東京へと向かう延べ6510kmを12人のジャーナリストでバトンを繋いだ。GQ森口は、青森―北海道間を担当...

カウンタックバカによる「新型カウンタック評」 | 日刊SPA!

ランボルギーニ・カウンタックは、人間をバカに変えるスーパーカーである。 正確には、「人間をバカに変える格好」だろうか。人はカウンタックの性能とは …

カウンタックバカによる「新型カウンタック評」 | 日刊SPA!
世界限定112台の新型を見て、カウンタックバカは何を思ったのか?新型カウンタックはありなのか?なしなのか?カウンタック復活のニュースは、買えない人も巻き込んで大きな話題になりましたが、数少ない元祖カ…

AOSHIMA、フラッグシップカー「アヴェンタドールS」の1/32模型を12月発売 – 価格.com

ランボルギーニ社のフラッグシップカー「アヴェンタドールS」が「ザ・スナップキット」から登場。ボディ色をプラスチック材料の着色で再現することで、塗装せずに …

価格.com - AOSHIMA、フラッグシップカー「アヴェンタドールS」の1/32模型を12月発売
青島文化教材社は、1/32スケールの模型として、「ランボルギーニアヴェンタドールSパールレッド」「ランボルギーニアヴェンタドールSパールホワイト」「ランボルギーニアヴェンタドールSパールイエロー」の3種を12月から発売すると発表した。ラン...

夢のカタチの変化、さよならランボルギーニ自然吸気V12 – carview!

夢のカタチの変化、さよならランボルギーニ自然吸気V12. 2021/09/19 08:00 カー・アンド・ドライバー.

夢のカタチの変化、さよならランボルギーニ自然吸気V12(カー・アンド・ドライバー)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
アヴェンタドール最終モデル「ウルティメ」登場 一つの時代が終わろうとしている。「究極」という名のアヴェンタドールが発表された。正確には「LP780−4ウルティメ」。その数字が示す通り、780hpを誇る自然吸気V型12気筒エンジンを積んだモデ...(ヘッドライン)

「ウイングをつけるのか、つけないのか?それが問題だ」エンスーとオタクの境界線はどこにある?

ランボルギーニは、究極のトップスピードを求めるけれど、あまり外向的でないタイプの人たちのために、ウイングを取り払い、SVの後部に小さなダックテールを付けて、最高 …

「ウイングをつけるのか、つけないのか?それが問題だ」エンスーとオタクの境界線はどこにある?な9台 | トップギア・ジャパン Top Gear JAPAN
「To be, or not to be, that is the question.(このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ)」とは、ハムレットの有名なセリフ。ここでは、ウイングをつけるのか、つけないのか、それが問題だ。なぜなら、エンスーか、オタクに見えるかの分かれ道となるから。そんなオプションでウイングが選...
タイトルとURLをコピーしました