スバル WRX 30年の歴史[フォトヒストリー](レスポンス) – Yahoo!ニュース

スバル WRX 30年の歴史[フォトヒストリー](レスポンス) – Yahoo!ニュース

グループのモータースポーツ専門会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)の各種専用装備・仕様を施した「WRX STi Version」も設定された。 WRX STi Versionを …

スバル WRX 30年の歴史[フォトヒストリー](レスポンス) - Yahoo!ニュース
スバルは9月10日、新型『WRX』を米国市場において世界初公開した。 初代WRXは『インプレッサWRX』として1992年に日本で発売された。WRXは、高出力パワーユニットを核とするシンメトリカルAW

スバルの新型「アウトバック」がユーロNCAPの安全性能テストで最高評価のファイブスターを …

衝突時に自動でブレーキをかけ減速することで多重事故の危険を低減する「ポストコリジョンブレーキコントロール」をスバルで初めて採用するなど、衝突安全性も向上.

スバルの新型「アウトバック」がユーロNCAPの安全性能テストで最高評価のファイブスターを獲得!
スバルはこのほど、新型「アウトバック(欧州仕様車)」がユーロNCAP(※)の2021年安全性能テストで、最高評価である「ファイブスター」を獲得したことを発表した。スバルがユーロNCAPで「ファイブスター」を獲得するのは、2019年のフォレスターに続いて9度目となる。 ※欧州各国の交通関連当局などで構成された独立機関が1...

新型スバルWRXの黒いホイールアーチは2014年より予告されていた! – Yahoo!ニュース

このモデルは、スバルのデザイン哲学である”Dynamic×Solid”を表現する新たなデザインコンセプト”BOLDER”(大胆)を具現化したものだという。

新型スバルWRXの黒いホイールアーチは2014年より予告されていた!(MotorFan) - Yahoo!ニュース
新型WRXのホイールアーチ部に装備された黒いガーニッシュが賛否を呼んでいるようだ。多くの意見はSUVっぽく見えてしまうので、ちょっとイメージが違うのでは? との声。ここではその謎を見ていこう。 by

新型スバルWRXの黒いホイールアーチは2014年より予告されていた! | Motor-Fan[モーターファン]

このモデルは、スバルのデザイン哲学である”Dynamic ×Solid” を表現する新たなデザインコンセプト ”BOLDER” (大胆)を具現化したものだという。

新型スバルWRXの黒いホイールアーチは2014年より予告されていた!
新型WRXのホイールアーチ部に装備された黒いガーニッシュが賛否を呼んでいるようだ。多くの意見はSUVっぽく見えてしまうので、ちょっとイメージが違うのでは? との声。ここではその謎を見ていこう。 by 松永大演 / Carstyling

一般道の自動運転車投入へ スバル、20年代後半 – 東京新聞

SUBARU(スバル)は21日、高速道路だけでなく一般道でもハンドル操作や加速、減速を自動制御して走行する「レベル2」相当の自動車について、2020年代後半 …

一般道の自動運転車投入へ スバル、20年代後半:東京新聞 TOKYO Web
SUBARU(スバル)は21日、高速道路だけでなく一般道でもハンドル操作や加速、減速を自動制御して走行する「レベル2」相当の自動車につ...

一般道で「レベル2」相当の自動運転車 スバルが20年代後半の投入目指す – 47NEWS

SUBARU(スバル、東京都渋谷区、中村知美社長)が高速道路だけでなく一般道でもハンドル操作や加速、減速を自動制御して走行する「レベル2」相当の自動運転車 …

一般道で「レベル2」相当の自動運転車 スバルが20年代後半の投入目指す 
 SUBARU(スバル、東京都渋谷区、中村知美社長)が高速道路だけでなく一般道でもハンドル操作や加速、減速を自動制御して走行する「レベル2」相当の自動運転車について、2020年代後半の投入を目指してい ...

SUBARU、一般道の自動運転車投入へ 2020年代後半の販売目指す – 社会 : 日刊スポーツ

SUBARU(スバル)は21日、高速道路だけでなく一般道でもハンドル操作や加速、減速を自動制御して走行する「レベル2」相当の自動車について、2020年代後半に販売する …

SUBARU、一般道の自動運転車投入へ 2020年代後半の販売目指す - 社会 : 日刊スポーツ
SUBARU(スバル)は21日、高速道路だけでなく一般道でもハンドル操作や加速、減速を自動制御して走行する「レベル2」相当の自動車について、2020年代後半に… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

一般道でも自動運転 スバル、20年代後半投入目標 | 毎日新聞

SUBARU(スバル)が高速道路だけでなく一般道でもハンドル操作や加速、減速を自動制御して走行する「レベル2」相当の自動運転車について、2020年代後半の投入を目指し …

一般道でも自動運転 スバル、20年代後半投入目標 | 毎日新聞
 SUBARU(スバル)が高速道路だけでなく一般道でもハンドル操作や加速、減速を自動制御して走行する「レベル2」相当の自動運転車について、2020年代後半の投入を目指していることが21日分かった。

ダイハツ、10月も国内5工場で生産調整…延べ21日間

同工場が生産する軽商用車などが加わり、影響を受けるモデルはダイハツ15車種、OEM供給しているトヨタ9車種、スバル6車種に増加する。

ダイハツ、10月も国内5工場で生産調整…延べ21日間 | レスポンス(Response.jp)
ダイハツ工業は9月21日、東南アジアでの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大に伴う部品供給不足により生産調整が続く、国内完成車工場の10月の稼働停止日程を発表した。

「初代の不満点を解消」新型スバルBRZ、米誌レビュー GT86と比べると? | NewSphere

スバルは今秋、トヨタと共同開発するライトウェイトFRスポーツのBRZについて、最新2022年型を投入する。アメリカでもほぼ同時期の発売が予告されており、現地では試乗 …

「初代の不満点を解消」新型スバルBRZ、米誌レビュー GT86と比べると?
スバルは今秋、トヨタと共同開発するライトウェイトFRスポーツのBRZについて、最新2022年型を投入する。アメリカでもほぼ同時期の発売が予告されており、現地では試乗レビューが登場している。ライトスポーツの期待を上回る排気量を実現するなど、BRZの良さを残しながら不満点をきれいに改善していると好評だ。2012年に初登場し...
タイトルとURLをコピーしました