ホンダ、新型ESについて解説「F1で最後の大プロジェクト……カーボンニュートラル にも活きる …

ホンダ、新型ESについて解説「F1で最後の大プロジェクト……カーボンニュートラルにも活きる …

ホンダ・レーシングは、ロシアGPを前にホームページにF1パワーユニット責任者である浅木泰昭のコメントをウェブサイトに掲載。シーズン後半に投入された新型のエナジー …

ホンダ、新型ESについて解説「F1で最後の大プロジェクト……カーボンニュートラルにも活きる技術」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 ホンダ・レーシングは、ロシアGPを前にホームページにF1パワーユニット責任者である浅木泰昭のコメントをウェブサイトに掲載。シーズン後半に投入された新型のエナジーストア(ES)について説明した。

ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売 | レスポンス …

ホンダの米国部門は9月20日、新型『シビック・ハッチバック』(Honda Civic Hatchback)を米国市場で発売した。現地ベース価格は、2万2900ドル(約250万円)と発表され …

ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売 | レスポンス(Response.jp)
◆最大出力180hpの1.5リットルターボ搭載 ◆最大出力158hpの2.0リットル自然吸気搭載の「スポーツ」設定 ◆最新の「ホンダ・センシング」を標準装備

ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア | レスポンス(Response.jp)

ホンダは9月21日、新型『BR-V』(Honda BR-V)をインドネシアで発表した。3列シートの小型SUVの2世代目モデルとなる。 BR-Vは2015年12月、タイのバンコクで開催された …

ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア | レスポンス(Response.jp)
◆SUVのタフさにMPVの快適さを組み合わせ ◆7インチタッチスクリーンと4.2インチTFTディスプレイ ◆1.5リットル「i-VTEC」エンジンは最大出力121ps

ホンダ、F1 2021シーズン優勝を祈念する展示イベント開催中 – Car Watch

本田技研工業は、ホンダF1の2021シーズン優勝を祈念するイベント「Honda F1 2021 2nd Stage~夢は挑戦の先にしかない~」をホンダウエルカムプラザ青山において、9月21 …

ホンダ、F1 2021シーズン優勝を祈念する展示イベント開催中
 本田技研工業は、ホンダF1の2021シーズン優勝を祈念するイベント「Honda F1 2021 2nd Stage~夢は挑戦の先にしかない~」をホンダウエルカムプラザ青山において、9月21日~10月18日の期間開催中。

燃料電池車に「震え」がきた理由は ホンダFCX – Yahoo!ニュース

そこでいま、ホンダも(トヨタも)大型商用車向けの燃料電池の開発に力点を移し … 写真=ホンダ提供) 著者プロフィール小川フミオモータージャーナリストクルマ雑誌 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

新作アクセサリーやホンダ ヴェゼルなどを展示…HondaDog【アウトドアドッグフェスタin八ヶ岳 …

今回のアウトドアドッグフェスタでは、一般ユーザーの意見を反映させた新製品が展示された。 ◇定番の「ペットシートプラスわん」が新型にHonda Dogシリーズのドライブ用 …

新作アクセサリーやホンダ ヴェゼルなどを展示…HondaDog【アウトドアドッグフェスタin八ヶ岳】(REANIMAL) - Yahoo!ニュース
第7回「アウトドアドッグフェスタ in 八ヶ岳」が、9月19・20日に長野県の富士見高原リゾートで開催された。昨年に引き続き、入り口でのアルコール消毒や検温、入場者数の4割削減など、新型コロナウイル

オフィシャルテスト~ホンダの両雄がニューマシンを検証 – MotoGP

ホンダレプソル・ホンダ・チームは計6台のバイクを準備。初日2番手のポル・エスパルガロは、ニューバイクを初騎乗すると89ラップを周回して0.342秒差の6番手 …

オフィシャルテスト~ホンダの両雄がニューマシンを検証
ヤマハはプロトタイプマシン、スズキはニューシャーシ、ドゥカティとKTMはエアロボディをテスト

新しいアキュラRDX登場! 日本でも乗りたいホンダのプレミアムSUVとは?(GQ JAPAN …

現行RDXは2018年に登場した第3世代だ。2022年モデルは、新デザインのフロントグリルやエキゾーストフィニッシャーに変更された。 9月22日、ホンダのプレミアムブランドで …

新しいアキュラRDX登場! 日本でも乗りたいホンダのプレミアムSUVとは?(GQ JAPAN) - Yahoo!ニュース
9月22日、ホンダのプレミアムブランドであるアキュラは、「RDX」の2022年モデルを発表した。

【試乗レポート ホンダ シビック】走りのDNAはそのままに、すべてをイマドキにアップデート …

トヨタと日産の二強だった時代に、ホンダを象徴するモデルとして小柄ながら … なお、新型は車両価格が高くなったように感じられるのは、Honda CONNECTに対応した …

【試乗レポート ホンダ シビック】走りのDNAはそのままに、すべてをイマドキにアップデート | 中古車なら【グーネット】
フルモデルチェンジして登場したホンダ シビックを自動車ジャーナリストの岡本幸一郎氏がレポート。

まるで自転車!は言い過ぎだけど、軽くてアシにちょうどイイ! |ホンダDio110試乗レポート …

ホンダ・Dio110…..24万5300円(ブルー/ブラック)24万2000円(ホワイト/シルバー). ホンダ・Dio110 写真ではわかりずらいが、光の当たり方によって幾何学パターンの …

まるで自転車!は言い過ぎだけど、軽くてアシにちょうどイイ! |ホンダDio110試乗レポート
スマートキーやコンビブレーキ、新設計のeSPエンジンやフレーム、燃費運転を教えてくれるECOインジケーターなど、最新技術が盛り込まれるが、軽快すぎる走りも爽快で、乗れば乗るほど愛着と信頼感が増していく。そんな魅力に満ち溢れているDio110は価格も25万円以下と手頃なので注目だ。 REPORT●千輪 毅(CHIWA T...
タイトルとURLをコピーしました