「コーナリングトレースアシスト」ダイハツ初、タントの一部グレードに採用され たその装備とは …

「コーナリングトレースアシスト」ダイハツ初、タントの一部グレードに採用されたその装備とは …

2019年7月に発売された現行タントは、ダイハツの新世代のクルマづくりである「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」第一弾として投入され、機能性と性能を大きく …

「コーナリングトレースアシスト」ダイハツ初、タントの一部グレードに採用されたその装備とは? | clicccar.com
■福祉車両シリーズも同時に一部改良を実施 ピラーインドアの「ミラクルオープンドア」による良好な乗降性、広い車内を誇るダイハツ・タントが一部改良を受けました。同時に、軽福祉車両のタント ウェルカムターンシート(回転シート車)、タント ウェルカムシートリフト(昇降シート車)、タント

中古車のダイハツ「ミラ」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖 – 定額カルモくん

1980年に登場してから“庶民の足”として長く親しまれてきたダイハツ「ミラ」。1990年代以降は軽トールワゴンや軽スーパーハイトワゴンに人気を譲ったものの、このサイズ …

中古車のダイハツ「ミラ」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖|中古車ならカルモマガジン
1980年に登場してから“庶民の足”として長く親しまれてきたダイハツ「ミラ」。1990年代以降は軽トールワゴンや軽スーパーハイトワゴンに人気が移ったものの、このサイズ感がいいと言う人から多くの支持を受けてきました。それだけに中古車の流通量も多く、自分に合った1台を選ぶのはなかなか大変です。この記事では中古車のミラなら、...

【一騎打ち】どっちがいい? 人気者「ルーミー」と先駆者「ソリオ」を比較 – Yahoo!ニュース

OEMモデルとしてトヨタへ供給されている。 同じボディを使う兄弟車としてはダイハツ「トール」やスバル「ジャスティ」が存在。 また以前はトヨタから「タンク」という …

【一騎打ち】どっちがいい? 人気者「ルーミー」と先駆者「ソリオ」を比較(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
執筆:Takahiro Kudo(工藤貴宏) 編集:Taro Ueno(上野太朗)

ダイハツ「フェローバギィ」など 「アグレッシブ」な軽自動車3選 – ライブドアニュース

アグレッシブ過ぎる軽自動車を振り返る現在、日本の自動車市場でベストセラーといえば軽自動車です。軽自動車は1949年に自動車の種類のひとつとして法律上で制定され、 …

ダイハツ「フェローバギィ」など 「アグレッシブ」な軽自動車3選 (2021年9月24日掲載) - ライブドアニュース
アグレッシブ過ぎる軽自動車を振り返る現在、日本の自動車市場でベストセラーといえば軽自動車です。軽自動車は1949年に自動車の種類のひとつとして法律上で制定され、本格的に普及が始まったのは1950年代に入って

本家はバカ売れなのにどうして? OEM車が「売れなくてもいい理由」とは(Auto Messe Web)

ダイハツは自社のロッキーをトヨタにライズの名称で供給している。 … トヨタ・カムリは2020年に1カ月平均で約1000台を登録したが、ダイハツ・アルティスは5台だ。

本家はバカ売れなのにどうして? OEM車が「売れなくてもいい理由」とは(Auto Messe Web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ブランド違いのOEM車にも異端児はいるのか 自社製品に別のメーカーのエンブレムを装着して、相手先に供給するのがOEM車だ。ダイハツは自社のロッキーをトヨタにライズの名称で供給している。逆にトヨタは、自社のカムリをアルティスの名称で供給してい...

う…売れそう… スズキ新型軽「ワゴンRスマイル」は売れ筋ど真ん中を狙ってきた!! – ベストカー

内装の上質さと居住性はライバルを超えた? 全高1700mm以下でスライドドアを備えるのはこのワゴンRスマイルとダイハツ ムーヴキャンバスのみだ。他 …

う…売れそう… スズキ新型軽「ワゴンRスマイル」は売れ筋ど真ん中を狙ってきた!! - 自動車情報誌「ベストカー」
2021年9月に発売されたスズキの新型軽自動車ワゴンRスマイル。どこか愛嬌のある丸形ヘッドライトと両側スライドドアが目を引く魅力的なモデルだ。この注目の新型軽を渡辺陽一郎氏が試乗レポート!
タイトルとURLをコピーしました