大胆素敵なエレガンス バイカラーのウラカン EVO フルオ カプセル登場 | GQ JAPAN

大胆素敵なエレガンス バイカラーのウラカン EVO フルオ カプセル登場 | GQ JAPAN

Lamborghini Huracán EVO Fluo Capsule 超たくましく、ミドシップに縦置き搭載する … お問い合わせランボルギーニ カスタマーセンター https://www.lamborghini.com

大胆素敵なエレガンス──バイカラーのウラカン EVO フルオ カプセル登場 | GQ JAPAN
エヴァンゲリオンの卵みたいなフォルムに、奈良美智が描く少女の「眼」(のようなヘッドライト)をした、ランボルギーニ ウラカン EVOに、特別なバイカラーのシリーズが登場する。その名は「Huracán EVO Fluo Capsule」!

日本は「スーパーカー不毛の地」じゃなかった! F1エンジン搭載車もある圧巻の歴史 | 自動車情報 …

… となって開発したもので、全高わずか980mmという恐ろしく低いウェッジシェイプを持ち、ドアはランボルギーニ・カウンタックのように前支点で上に跳ね上がった。

日本は「スーパーカー不毛の地」じゃなかった! F1エンジン搭載車もある圧巻の歴史
2代目ホンダNSXの生産が2022年に終了されることがアナウンスされ、日本メーカーのスーパーカーは市場から姿を消す。ひとまず日本のスーパーカーの歴史がひとくぎりする形となる。そこで今回は、これまでに開発された数々の日本製スーパーカーを振り返ってみたい。
タイトルとURLをコピーしました