不具合指摘が多いカテゴリーは「運転支援」…自動車初期品質調査 JDパワー | レス ポンス …

不具合指摘が多いカテゴリーは「運転支援」…自動車初期品質調査 JDパワー | レスポンス …

マスマーケットブランドではダイハツ(120PP100)の不具合指摘数が最も少なかった。 9カテゴリーの中で不具合指摘が最も多かったのは「運転支援(23.6PP100)」、次いで「 …

不具合指摘が多いカテゴリーは「運転支援」…自動車初期品質調査 JDパワー | レスポンス(Response.jp)
J.D.パワージャパンは、2021年日本自動車初期品質調査の結果を発表。不具合指摘が最も多かったのは「運転支援」であることがあきらかになった。

ダイハツ工業 空間除菌と物体表面も可能 オゾンを利用した除菌装置開発 – 中部経済新聞

ダイハツ工業はこのほど、除菌効果のあるオゾンを利用した除菌装置「MIRACLEBUSTER(ミラクルバスター)」を開発し、福岡県久留米市の施設で除菌活動を …

ダイハツ工業 空間除菌と物体表面も可能 オゾンを利用した除菌装置開発
 ダイハツ工業はこのほど、除菌効果のあるオゾンを利用した除菌装置「MIRACLEBUSTER(ミラクルバスター)」を開発 ...

ダイハツ タントに足りないのは派手さと内装の高級感!? ユーザーがタントに期待したいこととは …

ダイハツ タントは今軽自動車でもっとも売れているスーパーハイトワゴン市場を開拓したパイオニア的存在である。だが、ご存知の通りホンダ N-BOXが市場を席巻して …

ダイハツ タントに足りないのは派手さと内装の高級感!? ユーザーがタントに期待したいこととは!?【みんなの声を聞いてみた】|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
ダイハツ タントは今軽自動車でもっとも売れているスーパーハイトワゴン市場を開拓したパイオニア的存在である。だが、ご存知の通りホンダ N-BOXが市場を席巻しており、タントは厳しい状況にある。それに対してSNSを見てみるとタントに対してさまざまな意見が出ているのだ。そこで今回はタントに対してユーザーが期待していることをご...

MBD推進センター委員長「道具は同じものを使って、競争はその使い方で」

そのほか、三菱自動車、ダイハツ工業、日立アステモなど8社も参画する予定だ。 自動車業界は100年に一度という大変革期を迎え、カーボンニュートラルやCASE(コネク …

MBD推進センター委員長「道具は同じものを使って、競争はその使い方で」 | レスポンス(Response.jp)
国内自動車メーカーと自動車部品メーカー10社は9月24日、モデルベース開発(MBD)を自動車産業に広げるために「MBD推進センター」を発足させたと発表した。MBDを普及させることで、日本の強みである擦り合わせのデジタル化を図ろうというわけだ。
タイトルとURLをコピーしました