ホンダ、「空飛ぶ車」を30年以降に事業化へ 北米でまず展開 – ロイター

ホンダ、「空飛ぶ車」を30年以降に事業化へ 北米でまず展開 – ロイター

ホンダは自動車の開発などで培ってきた電動化・燃焼・空力・制御などの技術を生かす。機体は8つのプロペラを搭載し、モーターとガスタービンの力で浮上。

ホンダ、「空飛ぶ車」を30年以降に事業化へ 北米でまず展開
ホンダは30日、「空飛ぶ車」などと呼ばれる垂直離着陸機の開発を進めていると発表した。2030年以降の事業化を目指す。北米での展開をまず狙い、将来的にアジアや日本も視野に入れる。

【ホンダ新領域】宇宙へ、再使用できる小型ロケットを開発 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダ新領域】宇宙へ、再使用できる小型ロケットを開発. 2021年9月30日(木)20時00分. ホンダ(本田技研工業).

【ホンダ新領域】宇宙へ、再使用できる小型ロケットを開発 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは9月30日、宇宙など新たな事業領域への取り組みを発表し、再使用が可能な小型ロケットの開発に着手していると明らかにした。

黒パーツで武装!? ホンダ新型「シビック」発表! 派手色仕様やエンジン2種類設定で中国で登場 …

ホンダの中国における合弁会社の東風ホンダは、中国仕様の新型「シビック」を2021年9月24日にオンライン発表、発売しました。日本では同年9月3日に発売された新型 …

黒パーツで武装!? ホンダ新型「シビック」発表! 派手色仕様やエンジン2種類設定で中国で登場(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダの中国における合弁会社の東風ホンダは、中国仕様の新型「シビック」を2021年9月24日にオンライン発表、発売しました。日本では同年9月3日に発売された新型シビックですが、中国仕様と日本仕様で

ホンダ、「アバターロボット」開発。缶ジュースも空けられる – Impress Watch

ホンダは、バーチャルに自己能力を拡張する「Hondaアバターロボット」の開発を発表。2030年代の実用化を視野に、2023年度中の技術実証開始を目指す。

ホンダ、「アバターロボット」開発。缶ジュースも空けられる
ホンダは、バーチャルに自己能力を拡張する「Hondaアバターロボット」の開発を発表。2030年代の実用化を視野に、2023年度中の技術実証開始を目指す。

ホンダ、中国で新型「インテグラ」公開 MTモデルもラインアップ – Yahoo!ニュース

本田技研工業は9月28日(現地時間)、中国市場で展開する新型「インテグラ」を公開。中国で公開された新型インテグラは、5ドアハッチバックを採用して、MTモデルを …

ホンダ、中国で新型「インテグラ」公開 MTモデルもラインアップ(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
 本田技研工業は9月28日(現地時間)、中国市場で展開する新型「インテグラ」を公開。中国で公開された新型インテグラは、5ドアハッチバックを採用して、MTモデルをラインアップするなど、スポーティな印象

【ホンダ新領域】時空を超えるアバターロボット、ASIMO進化…2023年に実証 | レスポンス …

ホンダは9月30日、ロボティクスや宇宙など新たな事業領域への取り組みを発表し、「アバターロボット」(分身ロボット)の開発を進めていると明らかにした。

【ホンダ新領域】時空を超えるアバターロボット、ASIMO進化…2023年に実証 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは9月30日、ロボティクスや宇宙など新たな事業領域への取り組みを発表し、「アバターロボット」(分身ロボット)の開発を進めていると明らかにした。

ホンダの海外向け高級車ブランド、『インテグラ』のエンジンサウンドを公開 – Yahoo!ニュース

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは9月29日、2022年に米国市場で復活 … ホンダブランドの日本仕様では角形ヘッドライトの後期型がベースだが、アキュラ …

ホンダの海外向け高級車ブランド、『インテグラ』のエンジンサウンドを公開(レスポンス) - Yahoo!ニュース
ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは9月29日、2022年に米国市場で復活させる『インテグラ』(Acura Integra)のエンジンサウンドを公開した。

【ホンダ新領域】技術研究所社長「コア技術を重ね合わせることで実現が可能」

eVTOLは発電用のガスタービンの搭載により航続400kmを実現、パーソナルな都市間移動のためのモビリティとなる。ホンダの執行役常務で、研究開発部門である本田技術研究所の …

【ホンダ新領域】技術研究所社長「コア技術を重ね合わせることで実現が可能」 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは9月30日、電動垂直離着陸機や分身ロボット、再使用型小型ロケットなど新たな領域として取り組んでいる技術研究を公表した。

ホンダ “空飛ぶクルマ”開発 航続距離伸ばし都市間の移動にも | NHKニュース

ホンダは、次世代の交通システムとして注目されている、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発を進めていることを明らかにしました。ビジネスジェットの事業で得たノウハウを …

ホンダ “空飛ぶクルマ”開発 航続距離伸ばし都市間の移動にも | NHKニュース
【NHK】ホンダは、次世代の交通システムとして注目されている、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発を進めていることを明らかにしました。ビ…

ホンダ、“空飛ぶクルマ”開発へ。ハイブリッド型で都市間移動を目指す – Impress Watch

「Honda eVTOL」は都市間移動を実現するハイブリッド型. Hondaの研究開発を担う本田技術研究所では、モビリティの可能性を“3次元”や、時間や空間の …

ホンダ、“空飛ぶクルマ”開発へ。ハイブリッド型で都市間移動を目指す
Hondaは、コア技術を生かした新領域へのチャレンジとして電動垂直離着陸機「Honda eVTOL」などに取り組む方針を発表した。
タイトルとURLをコピーしました