ダイハツ、100%モーター駆動の“e-SMART HYBRID” 最大熱効率40%の1.2リッターエンジ ンを新 …

ダイハツ、100%モーター駆動の“e-SMART HYBRID” 最大熱効率40%の1.2リッターエンジンを新 …

ダイハツ工業は10月1日、100%モーター駆動で走行するシリーズ式ハイブリッドシステム“e-SMART HYBRID”を採用したコンパクトSUV「ロッキー」を、2021年11月に発売予定 …

ダイハツ、100%モーター駆動の“e-SMART HYBRID” 最大熱効率40%の1.2リッターエンジンを新開発
 ダイハツ工業は10月1日、100%モーター駆動で走行するシリーズ式ハイブリッドシステム“e-SMART HYBRID”を採用したコンパクトSUV「ロッキー」を、2021年11月に発売予定であることを明らかにした。

ダイハツ・タントが一部改良! 電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドなど先進安全 …

ダイハツ工業は、広々とした室内空間が魅力のタントを一部改良。先進安全装備の充実など魅力をアップさせた。メーカー希望小売価格は、タントが124万3000円~202万4000 …

ダイハツ・タントが一部改良! 電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドなど先進安全装備が充実(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 ダイハツ工業は、広々とした室内空間が魅力のタントを一部改良。先進安全装備の充実など魅力をアップさせた。メーカー希望小売価格は、タントが124万3000円~202万4000円(税込)、ウェルカムター

ダイハツ、10年ぶりHV 脱炭素に対応 – 日本経済新聞

ダイハツ工業は1日、小型の多目的スポーツ車(SUV)「ロッキー」のハイブリッド車(HV)を11月中に投入すると発表した。自社開発のHVの販売は約10年ぶり。

ダイハツ、10年ぶりHV 脱炭素に対応
ダイハツ工業は1日、小型の多目的スポーツ車(SUV)「ロッキー」のハイブリッド車(HV)を11月中に投入すると発表した。自社開発のHVの販売は約10年ぶり。自動車の脱炭素対応の流れで、競合のスズキは2~3年をめどに軽自動車の全車種でHVを発売する計画で、ダイハツも対応を急ぐ。エンジン停止時もモーターだけで走る本格的なH...

ダイハツe-SMART HYBRIDの発電用エンジンを考えてみた[WA-VEX] – モーターファン

2021年10月現在、国内向けのダイハツエンジンは2機種。KFとKRである。それぞれ0.66Lと1.0Lで、いずれも3気筒。ちなみに、ボア×ストロークは以下のとおり。

ダイハツe-SMART HYBRIDの発電用エンジンを考えてみた[WA-VEX]
日本のメーカーで唯一、パワートレインの電動化を進めていなかったダイハツが、ついにハイブリッド化のアナウンスを発した。シリーズハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」のエンジンの姿を予想してみる。

【ダイハツ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2021年10月最新リーク情報 …

トヨタ ライズおよびダイハツ ロッキーにハイブリッドモデルが追加されます。ダイハツでは初となるいわゆる「ストロングハイブリッド」で、エンジンで発電しモーターで駆動 …

【ダイハツ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2021年10月最新リーク情報 (2021年10月1日) - エキサイトニュース
今後デビューが予想されるダイハツの新型車、モデルチェンジ最新情報を徹底調査!過去1年以内に発売された新型車もまとめてお伝えします。【ロッキー】ダイハツ初のハイブリッドモデル登場出典:ダイハツトヨタライ...

新車登録台数、2.4%増の218万1017台 2021年第3四半期累計 | レスポンス(Response.jp)

バスは同28.9%減の5523台だった。 ブランド別では、トヨタ、日産、スバル、レクサス、三菱自動車がプラス。ホンダ、マツダ、スズキ、ダイハツがマイナスとなった …

新車登録台数、2.4%増の218万1017台 2021年第3四半期累計 | レスポンス(Response.jp)
日本自動車販売協会連合会は10月1日、2021年第3四半期(1~9月)の新車販売台数(軽自動車除く)を発表。前年同期比2.4%増の218万1017台となった。

軽自動車販売、2.3%増の129万9085台 2021年第3四半期累計

ブランド別では、ダイハツが同11.0%増の31万3006台を販売し、2年ぶりのトップ。スズキは同4.0%減の27万2866台と伸び悩んだ。 2021年第3四半期累計 軽自動車新車販売台数.

軽自動車販売、2.3%増の129万9085台 2021年第3四半期累計 | レスポンス(Response.jp)
全国軽自動車協会連合会は10月1日、2021年第3四半期(1~9月)累計の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。総販売台数は、前年同期比2.3%増の129万9085台だった。

9月の新車販売、32%減 部品調達の停滞響く(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

スズキが39・8%減、ダイハツ工業が37・9%減、ホンダが42・3%減だった。 軽以外の登録車は30・0%減の20万5423台。9月の台数としては1968年の統計開始以降、過去2番目に …

9月の新車販売、32%減 部品調達の停滞響く(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 9月に国内で売れた新車は31万8371台で、前年同月を32・2%下回った。前年同月割れは3カ月連続。8月の2・1%減から下げ幅が拡大した。コロナ禍で東南アジアでの部品調達が停滞し、工場の生産停止が

「スバル・シフォン」の一部改良モデル発売 新たに電動パーキングブレーキなどを採用 【ニュース】

シフォンはスバルがダイハツ工業からOEM供給を受けて販売する軽スーパーハイトワゴンであり、「ダイハツ・タント」の姉妹モデルにあたる。 今回の一部改良では電動 …

「スバル・シフォン」の一部改良モデル発売 新たに電動パーキングブレーキなどを採用 【ニュース】 - webCG
スバルは軽乗用車「シフォン」の一部改良モデルを2021年9月30日に発売した。今回は電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドを採用したほか、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールとレーンキープアシストの設定を拡大している。

新しいダイハツ・ロッキーにハイブリッドを追加!(GQ JAPAN) | 自動車情報サイト【新車 …

10月1日、ダイハツは、コンパクトSUVの「ロッキー」にハイブリッド・モデルを追加することを発表した。 ダイハツ量産車初のシリーズ・ハイブリッド.

新しいダイハツ・ロッキーにハイブリッドを追加!(GQ JAPAN) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
10月1日、ダイハツは、コンパクトSUVの「ロッキー」にハイブリッド・モデルを追加することを発表した。 ダイハツ量産車初のシリーズ・ハイブリッド2019年11月に、コンパクトSUVとして復活...
タイトルとURLをコピーしました