ホンダがロケット開発を正式表明。「開発年数」「燃焼色」からその方向性を読み 解く(秋山文野)

ホンダがロケット開発を正式表明。「開発年数」「燃焼色」からその方向性を読み解く(秋山文野)

2021年9月30日、本田技術研究所および本田技研工業は宇宙事業への参入を明らかにした。今年4月、三部敏宏社長の就任会見で触れられた小型ロケット開発も、あらためて …

ホンダがロケット開発を正式表明。「開発年数」「燃焼色」からその方向性を読み解く(秋山文野) - 個人 - Yahoo!ニュース
2021年9月30日、本田技術研究所および本田技研工業は小型衛星打ち上げロケットの開発を表明し、「再使用型小型ロケット」であることが判明した。

ホンダが「空飛ぶハイブリッドカー」「アバターロボ」「月面循環エネルギーシステム」「再使用 …

ホンダが「新しい事業領域に関する説明会」を開催し、都市間や都市内移動用の「Honda eVTOL(電動垂直離着陸機)」や、時間や空間の制約に縛られず、バーチャルな能力 …

ホンダが「空飛ぶハイブリッドカー」「アバターロボ」「月面循環エネルギーシステム」「再使用型小型ロケット」など挑戦 | TechCrunch Japan
ホンダが「新しい事業領域に関する説明会」を開催し、都市間や都市内移動用の「Honda eVTOL(電動垂直離着陸機)」や、時間や空間の制約に縛られず、バーチャルな能力拡張を実現する「Hondaアバターロボット」の開発に取り組んでいくと発表しました。また、月面で使用することを想定した燃料電池式発電システムの開発も行う..

「ホンダ eVTOL」が空の移動を快適で身近なものにする。2030年に実用化!?(Webモーター …

ホンダが開発を進める「eVTOL(イーブイトール)」(電動垂直離着陸機)の模型。 2021年9月30日、ホンダは自身の持つコア技術を生かした新領域におけるチャレンジとして、 …

「ホンダ eVTOL」が空の移動を快適で身近なものにする。2030年に実用化!?(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
2021年9月30日、ホンダは自身の持つコア技術を生かした新領域におけるチャレンジとして、さまざまな事業を公開、現在取り組んでいる技術開発の方向性を発信した。今回はそのひとつ、空の移動を身近にする「

ホンダ新型「クライダー」発表! 水平基調の新グリルで顔つき刷新 音声操作も対応 中国で発売 …

先進装備として、「Honda CONNECT 3.0」を新たに搭載。音声操作にも対応し、広汽ホンダによるとエアコンやナビゲーション、マルチメディア機能などを声でコントロールする …

ホンダ新型「クライダー」発表! 水平基調の新グリルで顔つき刷新 音声操作も対応 中国で発売(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダの中国における合弁企業「広汽ホンダ」は、2021年9月28日に新型「クライダー」を発表、同日に発売しました。ホンダの中国専売モデルがフェイスリフトを受けて登場しましたが、いったいどんな特徴が

クルマ界初の生前葬!? 2021年中に逝くホンダの3台を惜別試乗!! (ベストカーWeb)

ホンダは国内主要工場のひとつである狭山工場(埼玉県・狭山市)の閉鎖に伴い、そこで生産するオデッセイ、レジェンド、クラリティの年内での生産終了を正式に発表。

クルマ界初の生前葬!? 2021年中に逝くホンダの3台を惜別試乗!! (ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 ホンダは国内主要工場のひとつである狭山工場(埼玉県・狭山市)の閉鎖に伴い、そこで生産するオデッセイ、レジェンド、クラリティの年内での生産終了を正式に発表。ちなみにクラリティについては、2021年8

MT採用! 世界初公開のホンダ新型「インテグラ」はどんなスポーティセダン? 独自グリル採用し …

ホンダの中国における合弁会社「広汽ホンダ」は、2021年9月28日に新型「インテグラ」を公開しました。中国仕様の新型「シビック」と姉妹車の関係になるといいますが、 …

MT採用! 世界初公開のホンダ新型「インテグラ」はどんなスポーティセダン? 独自グリル採用し中国で復活(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダの中国における合弁会社「広汽ホンダ」は、2021年9月28日に新型「インテグラ」を公開しました。中国仕様の新型「シビック」と姉妹車の関係になるといいますが、外観デザインはどんな特徴があるので

ホンダ インテグラ、まずは中国で復活… シビック 新型と兄弟車に | レスポンス(Response.jp)

ホンダの中国部門は9月28日、新型『インテグラ』(Honda Integra)を発表した。 中国のインテグラは米国のアキュラ版とは別モデル. 新型インテグラに関しては、ホンダ …

ホンダ インテグラ、まずは中国で復活… シビック 新型と兄弟車に | レスポンス(Response.jp)
◆中国のインテグラは米国のアキュラ版とは別モデル ◆「カッコ・インテグラ」を彷彿とさせるキャッチコピー ◆新型シビックセダンとの外観の違いは前後マスクに集中 ◆1.5リットルターボ搭載の可能性 ◆イメージカラーは「ホットイエロー」でMTも用意

背水の陣で挑むホンダ、日産 | EV産業革命 | 特集 | 週刊東洋経済プラス

脱エンジンを掲げるホンダと経営再建中の日産は共通の課題に直面している。 40年に100%EV・FCVに. 「次世代バッテリー開発」「電動車の技術渉外」「OTAによる車載 …

背水の陣で挑むホンダ、日産 | Part2 EVシフトの激流|事業体制の転換は待ったなし
「次世代バッテリー開発」「電動車の技術渉外」「OTAによる車載ソフトウェア配信システムの企画開発」…

「激戦」ロケット参入のホンダ、EVと両立課題 – 日本経済新聞

ホンダがロケット事業に参入する。四輪車を皮切りにジェット機などこれまでにも相次ぎ新分野を開拓してきた。4月には国内自動車大手で初めて2040年にガソリン車を全廃 …

「激戦」ロケット参入のホンダ、EVと両立課題
ホンダがロケット事業に参入する。四輪車を皮切りにジェット機などこれまでにも相次ぎ新分野を開拓してきた。4月には国内自動車大手で初めて2040年にガソリン車を全廃する方針も打ち出した。ただ、屋台骨の四輪車事業の収益は低迷しており、「宇宙」と「脱炭素」の両立にかかる巨額投資を賄えるかが課題になる。(1面参照)「当社の社名は...

中古車のホンダ「シャトル」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖 – 定額カルモくん

ホンダ「シャトル」には、クラス唯一のハイブリッド+4WDもラインナップするコンパクト・ステーションワゴン。今や国産車ではマイノリティになってしまった …

中古車のホンダ「シャトル」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖|中古車ならカルモマガジン
中古車サイトで数多く存在するホンダ「シャトル」。この記事では中古車のシャトルの相場感やどのモデルやグレード、年式のものを買えば一番お得なのか、間違いがないのかといった正しい買い方を専門家の目線で徹底解説します。ぜひ参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました