開発が進む2022年F1マシン、現時点のシミュレータでの感触はイマイチ?「他のチー ムもそうだと …

開発が進む2022年F1マシン、現時点のシミュレータでの感触はイマイチ?「他のチームもそうだと …

F1は2022年シーズンにテクニカルレギュレーションの大改訂が行なわれ、それに伴いマシンも大幅に変化する。各チームは次世代マシンの開発に全力で取り組んでいるが、 …

開発が進む2022年F1マシン、現時点のシミュレータでの感触はイマイチ?「他のチームもそうだといいけど……」とノリス(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1は2022年シーズンにテクニカルレギュレーションの大改訂が行なわれ、それに伴いマシンも大幅に変化する。各チームは次世代マシンの開発に全力で取り組んでいるが、その感触は現行マシンよりも芳しくない

元F1ドライバー含めたF1関係者が現旧35首脳とともに租税回避「パンドラ文書」に名を連ねる …

一方、スペインの放送局『La Sexta』と『El Pais』紙は、ルノーF1の元ボスであるフラビオ・ブリアトーレと元F1最高責任者であるバーニー・エクレストンも関与していると …

元F1ドライバー含めたF1関係者が現旧35首脳とともに租税回避「パンドラ文書」に名を連ねる(TopNews) - Yahoo!ニュース
世界の富裕層の間で行われているオフショアでの税金対策について、F1関係者が新たなリーク情報に関与していることが明らかになった。

F1のドメニカリCEO、2022年はシーズン全体の1/3のグランプリでスプリント予選を導入予定と …

F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、2022年シーズンにスプリント予選レースの回数を増やし、グランプリレース全体の3分の1でこのフォーマットを導入する予定だ …

F1のドメニカリCEO、2022年はシーズン全体の1/3のグランプリでスプリント予選を導入予定と明かす(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、2022年シーズンにスプリント予選レースの回数を増やし、グランプリレース全体の3分の1でこのフォーマットを導入する予定だと語った。

F1、レッドブルからのメルセデス・エンジンに関する抗議は「却下」。どうやって20馬力アップを …

F1統括団体は、タイトル争いのライバルであるメルセデスのF1エンジンの運用方法に関するレッドブルからの抗議を却下した。 ○【タイムスケジュール】F1第16戦トルコGP …

F1、レッドブルからのメルセデス・エンジンに関する抗議は「却下」。どうやって20馬力アップを果たしたのか?(TopNews) - Yahoo!ニュース
F1統括団体は、タイトル争いのライバルであるメルセデスのF1エンジンの運用方法に関するレッドブルからの抗議を却下した。

【動画】メルセデスF1の裏方、トラックサイド・エレクトロニクスのリーダーが経験した"最悪の …

大勢の人々が働くF1チームだが、私たちの目に触れるのはドライバーやチーム代表、せいぜいチーフエンジニアぐらいのもの。それ以外の数百人に及ぶスタッフがどんな仕事をし …

【動画】メルセデスF1の裏方、トラックサイド・エレクトロニクスのリーダーが経験した"最悪の出来事" | F1 | autosport web
 普段私たちが目にすることの少ないF1チームの裏方に焦点を当てた、メルセデスの動画シリーズ『My Job in F1(F1での私の仕事)』。今回は『トラックサイド・エレクトロニクス・リーダー』のエヴァン・ショート氏が登場する。聞き慣れない彼の役職だが、グランプリの舞台で彼はどんな仕事をしているのだろうか。

F1メカ解説|メルセデスとレッドブル、激戦のタイトル争い……ライバルに打ち勝つための”空力 …

【ギャラリー】2021年F1マシン メカ解説イラスト集 そんな中ロシアGPでは、フェルスタッペンがパワーユニット(PU)交換を決断。このPUは年間の使用制限数を超えたモノ …

F1メカ解説|メルセデスとレッドブル、激戦のタイトル争い……ライバルに打ち勝つための”空力”セッティング(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 メルセデスのルイス・ハミルトンと、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが熾烈なタイトル争いを繰り広げている2021年シーズン。第15戦ロシアGPが終わった段階でふたりのポイント差はわずか2点差と

フォルクスワーゲン・グループのF1参戦を期待するアルファタウリのチーム代表(TopNews …

2026年にF1が導入する新エンジンルールは、ドイツの主要メーカー2社にF1への門戸を … とアウディがエンジンサプライヤーとしてF1参入する可能性があるとされている。

フォルクスワーゲン・グループのF1参戦を期待するアルファタウリのチーム代表(TopNews) - Yahoo!ニュース
2026年にF1が導入する新エンジンルールは、ドイツの主要メーカー2社にF1への門戸を開くものになるだろう。 そう考えているのはアルファタウリのチーム代表を務めるフランツ・トストだ。 F1では2

アストンマーティンF1、将来的に若手ドライバ―育成プログラムの設立を検討か | F1 | autosport web

アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、チームとして将来的に独自の若手ドライバ―育成プログラムを持つことを検討するかもしれないと …

アストンマーティンF1、将来的に若手ドライバ―育成プログラムの設立を検討か | F1 | autosport web
 アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、チームとして将来的に独自の若手ドライバ―育成プログラムを持つことを検討するかもしれないと述べている。 過去にはフォースインディアの名のもとで、アストンマーティンは若手ドライバーのトレーニングの場として機能してきており、なかでもジョージ・ラッセルやニ...

F1技術解説:2022年F1エンジンの開発は今後数年を決める危険な境界線

2022年のF1パワーユニットのホモロゲーション期限は、エンジンメーカーにとって“一度越えると元には戻れない境界線”とF1ジャーナリストのクレイグ・スカボローは語る。

F1技術解説:2022年F1エンジンの開発は今後数年を決める危険な境界線
2022年のF1パワーユニットのホモロゲーション期限は、エンジンメーカーにとって“一度越えると元には戻れない境界線”とF1ジャーナリストのクレイグ・スカボローは語る。2022年の話題は完全に新しいレギュレーションの元で開発されるF1マシンが中心であり、エンジンに関しては2026年の次世代のエンジン形式がどうなるかに焦点...

「フェラーリはハミルトンを欲しがっていた」とF1代表が明かす – TopNews

フェラーリF1は、ルイス・ハミルトンがF1で最も有名なチームのために赤いウェアを着てレースをする可能性について、ハミルトンと話し合いをしたという。

「フェラーリはハミルトンを欲しがっていた」とF1代表が明かす - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。
タイトルとURLをコピーしました