モーターマガジンMovie「竹岡圭の今日もクルマと」週間視聴回数BEST10(2021年10月2 日

モーターマガジンMovie「竹岡圭の今日もクルマと」週間視聴回数BEST10(2021年10月2日

… を魅了してきたモデル、しかも10月4日に次期シビック タイプRの存在がアメリカで公表されたこともあり、視聴者の関心も大いに高まっていたのではないでしょうか。

モーターマガジンMovie「竹岡圭の今日もクルマと」週間視聴回数BEST10(2021年10月2日〜10月8日) - Webモーターマガジン
話題のクルマをモータージャーナリスト竹岡圭さんの試乗でお届けする、YouTubeチャンネル「モーターマガジンMovie」(チャンネル登録14万9000人超)の「竹岡圭の今日もクルマと」。このコーナーでは、毎週土曜日に1週間の視聴回数ランキングBEST10を紹介していきます。(データはYouTubeアナリティクスで、20...

ホンダ「新型シビック」販売の4割が6MTになる訳。新型でも楽しさは健在、シフト操作が魅力を …

それもタイプRを除いて30%というのだから、いかにシビックでマニュアル車が選ばれているかがわかる。今日、自動変速が主流で、電動化が進めば、変速機という機能 …

ホンダ「新型シビック」販売の4割が6MTになる訳。新型でも楽しさは健在、シフト操作が魅力を加速させる。(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
 ホンダから「新型シビック」が発売されたが、初期受注では6速マニュアルシフト車が40%を占めるという。ちなみに前型でも30%がマニュアルシフトを選択しているそうだ。それもタイプRを除いて30%という

二度と世に出ないV12の咆哮!! 珠玉のホンダ F1エンジン 5選 – 自動車情報誌「ベストカー」

これまで「NSX」や「シビックタイプR」、「S2000」など数々の名機を世に送り出してきたホンダ。その頂点ともいえるのが、F1エンジンだろう。量産車にはないV10やV12が …

二度と世に出ないV12の咆哮!! 珠玉のホンダ F1エンジン 5選 - 自動車情報誌「ベストカー」
数々の名機を世に送り出してきたホンダ。その頂点ともいえるのが、F1エンジンだろう。元F1メカニックの津川哲夫氏が、5つのホンダF1エンジンを解説する。

もう復活はありえない? 2リッター2WDの王道スポーツカー3選 | くるまのニュース

また、同じくアメリカホンダは、2021年10月4日に新型「シビック タイプR」のテスト車両の画像を世界初公開しました。 さすがに2ドアクーペや3ドアハッチバッククーペは望め …

もう復活はありえない? 2リッター2WDの王道スポーツカー3選
2021年10月7日に、日産新型「ノート AUTECH クロスオーバー」が発売されました。日産のベーシックカーに、新たな派生車が加わったかたちです。ノートといえば、昔ならば大衆車と呼ばれるモデルです。大衆車は1960年には誕生し、1970年代には一気にラインナップが増えました。そこで、大衆車ながら優れたデザインの日産製...
タイトルとURLをコピーしました