現行スズキ・アルトワークスに積まれるエンジンは、ドコが凄い?|Dr.SUZUKIのワー クス歴史講座

現行スズキ・アルトワークスに積まれるエンジンは、ドコが凄い?|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座

改良型R06Aエンジンは、多くのスズキ車に載る一種の汎用ユニットだが、メカはDOHC4バルブ3気筒ターボである。 ボア64.0mm×ストローク68.4mmの比は、歴代ワークスに載る …

現行スズキ・アルトワークスに積まれるエンジンは、ドコが凄い?|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.9(MotorFan) - Yahoo!ニュース
現行のアルト ツインカムターボワークス。DOHC4バルブ3気筒ターボエンジンの搭載は、初代から続く伝統だ。5代目は既存の改良型R06Aにチューニングを加えて専用化。トランスミッションにも専用チューン

【運転をシンプルでスマートに】スズキ・アクロス(最終) 長期テスト 優秀なPHEV(AUTOCAR …

長期テストは終了となるが、スズキ・アクロスは筆者を驚かせるクルマだった。 日常的な自動車利用を、とても上手にこなしてくれることに深く感心した。予想外といえるほど …

【運転をシンプルでスマートに】スズキ・アクロス(最終) 長期テスト 優秀なPHEV(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
text:Olgun Kordal(オルガン・コーダル) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   スズキ・アクロスの、トヨタ水準の組み立て品質を疑うようなことが起きた。

現行スズキ・アルトワークスに積まれるエンジンは、ドコが凄い?|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座

ワークスを語り始めたら終わらない(?!)スズキ博士の “ワークスの歴史” を繙く連載、第9回。 TEXT / PHOTO:スズキ博士(Dr. SUZUKI) …

現行スズキ・アルトワークスに積まれるエンジンは、ドコが凄い?|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.9
現行のアルト ツインカムターボワークス。DOHC4バルブ3気筒ターボエンジンの搭載は、初代から続く伝統だ。5代目は既存の改良型R06Aにチューニングを加えて専用化。トランスミッションにも専用チューンを施し、スズキの誇るエンジン特性と見事に連携させた。 人気連載・週刊【スズキ・アルトワークスを語り尽くす】。ワークスを語り...

収納も居住性もバッチリのスズキの軽「スペーシア」と一週間暮らした – アスキー

クルマ好きアラサー女子の矢田部明子です。今回はスズキの「スペーシア」についてレポートしていきたいと思います。1週間乗ってみて分かった、良かったこと&悪かった …

収納も居住性もバッチリのスズキの軽「スペーシア」と一週間暮らした (1/2)
クルマ好きアラサー女子の矢田部明子です。今回はスズキの「スペーシア」についてレポートしていきたいと思います。1週間乗ってみて分かった、良かったこと&悪かったことをお伝えいたします。

待望の「軽セブン」が復活 軽自動車登録できるケータハム・セブン170が発売 – Yahoo!ニュース

スズキ製の0.66リッター・ターボ搭載□ エンジンはスズキ製の658cc直3ターボを搭載。最高出力85ps/6500rpm、最大トルク116Nm/4000-4500rpmはセブン160よりも5ps/9Nm …

待望の「軽セブン」が復活 軽自動車登録できるケータハム・セブン170が発売(ENGINE WEB) - Yahoo!ニュース
イギリスのスポーツカー・メーカー、ケータハムが新機種の「セブン170」を発売した。惜しまれながら生産を終了した軽自動車規格の「セブン160」の後継車だ。

【順位結果】2021EWC第4戦モスト6時間耐久ロードレース 決勝 – Yahoo!ニュース

タイトル獲得は、Suzuki Endurance Racing Team(SERT)としては2連覇で通算は17度とEWC最多、今季から体制を変更したヨシムラSERT Motulとしては初となる。

【順位結果】2021EWC第4戦モスト6時間耐久ロードレース 決勝(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2021FIM世界耐久選手権(EWC)第4戦モスト6時間耐久ロードレースの決勝が10月9日にチェコのオートドローム・モストで行われ、BMW M1000RRを走らせたBMW MOTORRAD WOR

スズキの新型ワゴンRスマイルと軽スライドドア王者、ホンダ N-BOXのガチバトル! 意外 … – MOTA

違うのだ。N-BOXや同じ全高1.7m台のダイハツ タントやスズキ スペーシアの良さは室内の高さだが、正直ムダっぽい部分も …

スズキの新型ワゴンRスマイルと軽スライドドア王者、ホンダ N-BOXのガチバトル! 意外にも新型ワゴンRスマイルが有利なワケ|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
ガチライバルはダイハツ ムーヴキャンバス! 誰もがそう思うはずの、背が微妙に低い全高1.6m台スライドドア軽として登場したスズキの新型ワゴンRスマイル。 だが、自らホンダ N-BOXを所有する筆者、モータージャーナリストの小沢コージ氏は「案外、国内最多販売を誇る全高1.7m台の人気スライドドア軽“N-BOX”をも食う存...

スズキ「Vストローム650/XT」を解説(2021年)|長距離走行も大得意 – carview!

スズキ「Vストローム650 ABS / XT ABS」の特徴道を選ばず得られる軽快な走りと優れた実用性 スズキのアドベンチャーツアラー・VストロームシリーズのミドルモデルがV …

スズキ「Vストローム650/XT」を解説(2021年)|長距離走行も大得意、ミドルアドベンチャー界のロングセラーモデル(webオートバイ) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
スズキ「Vストローム650 ABS / XT ABS」の特徴道を選ばず得られる軽快な走りと優れた実用性スズキのアドベンチャーツアラー・VストロームシリーズのミドルモデルがVストローム650/XT。クチバシ形状マスクが目立つスタイルは兄貴分・...

モーターマガジンMovie「竹岡圭の今日もクルマと」週間視聴回数BEST10(2021年10月2日

竹岡圭の今日もクルマと【スズキ ソリオ HYBRID MZ】より使いやすく、より快適になったポイントをチェック! youtu.be. 第6位 スズキ スイフトスポーツ(2396視聴回数)⇩.

モーターマガジンMovie「竹岡圭の今日もクルマと」週間視聴回数BEST10(2021年10月2日〜10月8日) - Webモーターマガジン
話題のクルマをモータージャーナリスト竹岡圭さんの試乗でお届けする、YouTubeチャンネル「モーターマガジンMovie」(チャンネル登録14万9000人超)の「竹岡圭の今日もクルマと」。このコーナーでは、毎週土曜日に1週間の視聴回数ランキングBEST10を紹介していきます。(データはYouTubeアナリティクスで、20...

サンクチュアリー・コウガGSX-R1100(スズキGSX-R1100)油冷R1100の最後期型を元に必要な …

1999年型としてのスズキ・ハヤブサ(GSX1300R)登場まで、長くスズキ・フラッグシップの座を守ってきたのはGSX-R1100。軽く、力強く、運動性に優れる。

サンクチュアリー・コウガGSX-R1100(スズキGSX-R1100)油冷R1100の最後期型を元に必要な箇所をアップデート【Heritage&Legends】(webオートバイ)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
キャブへの興味を受けて効果を吟味した上で装着1999年型としてのスズキ・ハヤブサ(GSX1300R)登場まで、長くスズキ・フラッグシップの座を守ってきたのはGSX-R1100。軽く、力強く、運動性に優れる。それは’86~’92年の油冷エンジ...(ヘッドライン)
タイトルとURLをコピーしました