【ランボルギーニ ウラカン STO 新型試乗】これが公道モデル?後輪駆動、ノーマル タイヤでも …

【ランボルギーニ ウラカン STO 新型試乗】これが公道モデル?後輪駆動、ノーマルタイヤでも …

ランボルギーニといえば、私も含めて多くの人にとってほとんど縁のないような夢の車だろう。ただ、スーパーカーとしてはフェラーリに並ぶイタリアのビッグネームとして多く …

【ランボルギーニ ウラカン STO 新型試乗】これが公道モデル?後輪駆動、ノーマルタイヤでも信じられない高性能…中谷明彦 | レスポンス(Response.jp)
◆後輪二輪駆動である理由 ◆レース仕様をそのまま公道モデルに作り替えたイメージ ◆あっという間に100km/hを超える ◆公道を走る車としては信じられないような高性能

カウンタック誕生50周年イベント「LAMBORGHINI COUNTACH CONTEST JAPAN」を開催 …

1971年のジュネーブ・モーターショーで衝撃のデビューを果たし、世界中のスーパーカーファンの心を魅了した名車「ランボルギーニ カウンタック」。

カウンタック誕生50周年イベント「LAMBORGHINI COUNTACH CONTEST JAPAN」を開催
アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、カウンタック誕生50周年を記念し、2021年10月8日から「LAMBORGHINI COUNTACH CONTEST JAPAN」を開催。一般投票から選ばれたカウンタック・ベスト10から、最終審査で日本の「Best of Countach」が決定する。

NSX生産終了は生まれ変わった新型コルベットのせい? 勝手にスーパーカー考察(週刊SPA …

フェラーリやランボルギーニにはなれなかったわけですが、こうした状況では是非もなし……。そう思っていたところ、コルベットがフェラーリのようなスーパーカーに …

NSX生産終了は生まれ変わった新型コルベットのせい? 勝手にスーパーカー考察(週刊SPA!) - Yahoo!ニュース
―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―
タイトルとURLをコピーしました