【タイム結果】F1第17戦アメリカGPフリー走行2回目 – autosport web

【タイム結果】F1第17戦アメリカGPフリー走行2回目 – autosport web

2021年F1第17戦アメリカGPのフリー走行2回目が行われ、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・ …

【タイム結果】F1第17戦アメリカGPフリー走行2回目 | F1 | autosport web
 2021年F1第17戦アメリカGPのフリー走行2回目が行われ、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは8番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは12番手、角田裕毅は16番手となっている。 ■2021年F1第17戦アメリカGPフリー走行2...

【タイム結果】F1第17戦アメリカGPフリー走行1回目 – autosport web

2021年F1第17戦アメリカGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・ …

【タイム結果】F1第17戦アメリカGPフリー走行1回目 | F1 | autosport web
 2021年F1第17戦アメリカGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは7番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅は18番手となっている。 ■2021年F1第17戦アメリ...

F1第17戦アメリカGPフリー走行1回目速報:メルセデス、ボッタス首位&ハミルトン2番手の1-2 …

F1第17戦アメリカGPのフリー走行1回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。2番手にもチームメイトのルイス・ハミルトンが …

F1第17戦アメリカGPフリー走行1回目速報:メルセデス、ボッタス首位&ハミルトン2番手の1-2体制。角田18番手(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1第17戦アメリカGPのフリー走行1回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。2番手にもチームメイトのルイス・ハミルトンが入り、メルセデスが1-2発進となった。

F1アメリカGP フリー走行2回目:レッドブル・ホンダのペレスがトップ – F1-Gate.com

2021年 F1アメリカGPのフリー走行2回目が現地時間10月22日(金)に行われ、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がトップタイムをマークした。

F1アメリカGP フリー走行2回目:レッドブル・ホンダのペレスがトップタイム。フェルスタッペンはアタックできず8番手
2021年 F1アメリカGPのフリー走行2回目が現地時間10月22日(金)に行われ、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がトップタイムをマークした。気温29度、路面温度39度のドライコンディションで60分間のFP2セッションはスタート。フリー走行2回目は、主に1回目のセッションで収集したデータを元にセットアップを煮詰...

F1アメリカGP フリー走行1回目:ボッタス首位でメルセデスが1-2

2021年 F1アメリカGPのフリー走行1回目が現地時間10月22日(金)にテキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、バルテリ・ …

F1アメリカGP フリー走行1回目:ボッタス首位でメルセデスが1-2。3番手のフェルスタッペンは0.9秒差
2021年 F1アメリカGPのフリー走行1回目が現地時間10月22日(金)にテキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムを記録した。新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催となるF1アメリカGP。舞台となるサーキット・オブ・ジ・アメリカズは、反時計回りのコースで、...

メルセデスF1、バルテリ・ボッタスに6基目のエンジンを投入 F1アメリカGP 【 F1-Gate .com 】

メルセデスF1は、F1アメリカGPのフリー走行1回目に先立ち、バルテリ・ボッタスに6基目のICE(内燃エンジン)を投入した。今シーズン、メルセデスF1の …

メルセデスF1、バルテリ・ボッタスに6基目のエンジンを投入 F1アメリカGP
メルセデスF1は、F1アメリカGPのフリー走行1回目に先立ち、バルテリ・ボッタスに6基目のICE(内燃エンジン)を投入した。今シーズン、メルセデスF1のパワーユニットはICEに信頼性の懸念があり、バルテリ・ボッタスは第14戦イタリアGPで4基目、第15戦ロシアGPで5基目のICEを投入。ルイス・ハミルトンも前戦F1トル...

マックス・フェルスタッペン 「メルセデスのペースを心配しても仕方ない」 F1アメリカGP

レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、チームは自分たちことに集中する以外にやれることは「何もない」ため、メルセデスのペース …

レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「メルセデスのペースを心配しても仕方ない」 F1アメリカGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、チームは自分たちことに集中する以外にやれることは「何もない」ため、メルセデスのペースについて「心配はしていない」と語る。F1イギリスGP以降、メルセデスはレッドブル・ホンダに対して優位に立っているのは明らかだ。突然のゲインにレッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチ...

フェルスタッペン、NetflixのF1ドキュメンタリーへの出演を拒否 – F1-Gate.com

F1イギリスGPとF1イタリアGPでの2度の接触によって、二人の関係は緊張し、スチュワードはそれぞれ事故でどちらかに責任があると判断した。 だが、マックス・ …

レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン、NetflixのF1ドキュメンタリーへの出演を拒否
マックス・フェルスタッペンは、NetflixのF1ドキュメンタリー『Drive to Survive』の最新シリーズへの主演を拒否したと明かした。マックス・フェルスタッペンは、その理由として、NetflixのF1ドキュメンタリーは、「実際に存在しない」「偽のライバル」関係を演出する傾向があるためだと述べた。

【ホンダF1】30年ぶりの戴冠をめざす終盤戦…技術首脳が語る、躍進の理由と意義 | レスポンス …

21日、ホンダはF1の今季終盤戦を前に「シーズンクライマックス取材会」をオンラインにて実施、F1プロジェクトのLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)で …

【ホンダF1】30年ぶりの戴冠をめざす終盤戦…技術首脳が語る、躍進の理由と意義 | レスポンス(Response.jp)
21日、ホンダはF1の今季終盤戦を前に「シーズンクライマックス取材会」をオンラインにて実施、F1プロジェクトのLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)である浅木泰昭氏が技術解説を行ない、ラストシーズンでの30年ぶりとなる戴冠を目指す思いなども語った。

F1は再び『走る実験室』になった。今季限りで撤退のホンダが – Motorsport

本田技術研究所 HRD Sakuraセンター長兼F1プロジェクトLPLの浅木泰昭が、オンライン会見に登場し、今のF1は再び「走る実験室」としての立場を取り戻しつつ …

F1は再び『走る実験室』になった。今季限りで撤退のホンダが、燃料とバッテリーの開発に込めた”未来”
本田技術研究所 HRD Sakuraセンター長兼F1プロジェクトLPLの浅木泰昭が、オンライン会見に登場し、今のF1は再び「走る実験室」としての立場を取り戻しつつあると語った。
タイトルとURLをコピーしました