ニッサン 2021スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート – autosport web

ニッサン 2021スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート – autosport web

23 MOTUL AUTECH GT-Rが3位表彰台 GT300クラスは#11 GAINER TANAX GT-Rが5位フィニッシュ SUPER GT 2021第6戦レースレポート 10月24日 オートポリス(大分 …

ニッサン 2021スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート | スーパーGT | autosport web
#23 MOTUL AUTECH GT-Rが3位表彰台 GT300クラスは#11 GAINER TANAX GT-Rが5位フィニッシュ SUPER GT 2021第6戦レースレポート 10月24日 オートポリス(大分県) 【GT500】

2021 スーパーGT第7戦ツインリンクもてぎ『MOTEGI GT 300km RACE』参加条件 – autosport web

… フェラーリ488 GT3、アウディR8 LMS、BMW M6 GT3の3車種のBoP重量が変更、最大過給圧ではフェラーリ、BMW、ニッサンGT-RニスモGT3が変更されている。

2021 スーパーGT第7戦ツインリンクもてぎ『MOTEGI GT 300km RACE』参加条件 | スーパーGT | autosport web
 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは10月22日付けで、11月6〜7日に栃木県のツインリンクもてぎで開催される第7戦『MOTEGI GT 300km RACE』の参加条件を発表した。今回発表された参加条件は下記のとおりだ。GT3車両ではフェラーリ488 GT3、アウディR8 LMS、BMW M6 GT3...

日産栃木工場、新型EV「アリア」量産へ 極限まで生産自動化 | 日経クロステック(xTECH)

新ラインに導入した生産技術コンセプト「ニッサンインテリジェント … その考え方は、「かつての『日産生産方式(Nissan Production Way)』から脈々と …

日産栃木工場、新型EV「アリア」量産へ 極限まで生産自動化
 日産自動車はSUV(多目的スポーツ車)タイプの新型電気自動車(EV)「アリア」を量産する栃木工場(栃木県上三川町)の新ラインを2021年10月に公開した。極限まで生産の自動化を進めることで、競合他社のEV専用ラインに比べてコスト競争力を高めたという。

日産、新型フェアレディZにもNISMO(ニスモ)仕様を設定! 東京オートサロン2022で世界初公開 …

その名は新型「フェアレディZ NISMO」だ! 1984年から続く伝統のブランド「NISMO(ニスモ:ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」.

日産、新型フェアレディZにもNISMO(ニスモ)仕様を設定! 東京オートサロン2022で世界初公開か(MOTA) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
日産が2022年早々にも正式発売予定の新型「フェアレディZ」市販モデルは、2022年8月にニューヨークで世界初公開された。本来なら2021年10月開催の東京モーターショー2021会場で華々しく日本デビュー! という流れが予定されていたはずだ...
タイトルとURLをコピーしました