ホンダF1撤退も、2022年レッドブルとの協力体制継続とは? – Yahoo!ニュース

ホンダF1撤退も、2022年レッドブルとの協力体制継続とは? – Yahoo!ニュース

今年でホンダはF1のワークス活動を終了する。そして来年は二輪のホンダワークスともいえるHRC(ホンダ・レーシング)がレッドブルと協力してF1を戦うというの …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

9000回転まで高らかに歌い上げる「ホンダミュージック」! 中古価格高騰中の … – Yahoo!ニュース

1999年に発売され、2009年に生産を終了したホンダS2000。発表時ホンダが「リアルオープンスポーツ」と表現したこのモデルは、オープンカーながら硬派な …

9000回転まで高らかに歌い上げる「ホンダミュージック」! 中古価格高騰中の「S2000」が「空前絶後」と言われる理由とは(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 1999年に発売され、2009年に生産を終了したホンダS2000。発表時ホンダが「リアルオープンスポーツ」と表現したこのモデルは、オープンカーながら硬派なモデルでした。2021年現在中古相場が高騰

ホンダ、屋根付き電動三輪スクーター「ジャイロキャノピー e:」発売 新型バッテリ採用で一充電の …

本田技研工業は、屋根付きのビジネス用電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピー イー)」を、法人向けに10月29日に発売する。

ホンダ、屋根付き電動三輪スクーター「ジャイロキャノピー e:」発売 新型バッテリ採用で一充電の走行距離77km実現
 本田技研工業は、屋根付きのビジネス用電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピー イー)」を、法人向けに10月29日に発売する。新型の交換式バッテリ「Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパック イー)」を2個使用し、一充電あたりの走行距離77km(30km/h定...

ホンダが「名ばかりのオンライン販売」を始めた苦悩。ネット販売はこれから必須でも拭えぬ矛盾 …

2021年10月、ホンダがオンラインストア「Honda ON」をオープンした。 この発表を受けて「ホンダがオンライン販売を開始」という趣旨の報道も増えたが、 …

ホンダが「名ばかりのオンライン販売」を始めた苦悩。ネット販売はこれから必須でも拭えぬ矛盾(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
 2021年10月、ホンダがオンラインストア「Honda ON」をオープンした。  この発表を受けて「ホンダがオンライン販売を開始」という趣旨の報道も増えたが、実際はオンラインによる「販売」ではな

ホンダの総生産台数、200万台割れ…10年ぶり 2021年度上半期 | レスポンス(Response.jp)

ホンダは10月28日、2021年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同期比6.2%減の197万8792台、年度上半期として …

ホンダの総生産台数、200万台割れ…10年ぶり 2021年度上半期 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは10月28日、2021年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同期比6.2%減の197万8792台、年度上半期としては東日本大震災のあった2011年以来、10年ぶりの200万台割れとなった。

本気仕様も開発中!? 6MT搭載のホンダ新型「シビックSi」はスポーツ度強調で登場! 本命「タイプ …

ホンダのアメリカ法人は、2021年10月19日に新型「シビックSi」の市販仕様を世界初公開しました。一方、10月11日には先行してサーキット仕様も公開されてい …

本気仕様も開発中!? 6MT搭載のホンダ新型「シビックSi」はスポーツ度強調で登場! 本命「タイプR」も期待大?
ホンダのアメリカ法人は、2021年10月19日に新型「シビックSi」の市販仕様を世界初公開しました。一方、10月11日には先行してサーキット仕様も公開されています。両車は内外装にどんな特徴があるのでしょうか。

存在感強めで登場! ホンダ新型「ブリーズPHEV」はどんなギラ顔SUV? 直近の人気ぶりとは …

ホンダの中国における合弁会社「広汽ホンダ」は、新型「ブリーズPHEV」(ブリーズハイブリッドe+)を2021年10月18日に発表しました。2021年現在、日本国内 …

存在感強めで登場! ホンダ新型「ブリーズPHEV」はどんなギラ顔SUV? 直近の人気ぶりとは? 中国で発表(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダの中国における合弁会社「広汽ホンダ」は、新型「ブリーズPHEV」(ブリーズハイブリッドe+)を2021年10月18日に発表しました。2021年現在、日本国内においてホンダはSUVのPHEVモ

シビックSi 新型にレーサー、米ホンダのモータースポーツ部門が開発…SEMA 2021で発表へ …

ホンダの米国部門は10月26日、米国で11月2日に開幕するSEMAショー2021において、『HPDシビックSiレースカー』(Honda HPD Civic Si Race Car)の …

シビックSi 新型にレーサー、米ホンダのモータースポーツ部門が開発…SEMA 2021で発表へ | レスポンス(Response.jp)
◆防音断熱材などを省いて軽量化を図りロールケージを組み込む ◆HPD製のアンダーボディスポイラーを装着 ◆軽量ステアリングホイールやデータロガーを装備

ホンダF1撤退も、2022年レッドブルとの協力体制継続とは? – 自動車情報誌「ベストカー」

そして来年は二輪のホンダワークスともいえるHRC(ホンダ・レーシング)がレッドブルと協力してF1を戦うというのだ。これはどういうことなのか? 元F1メカニック …

ホンダF1撤退も、2022年レッドブルとの協力体制継続とは? - 自動車情報誌「ベストカー」
ホンダのF1撤退!2021年シーズンでは目覚ましい成果を見せているホンダのPU。これからはホンダの子会社HRCがレッドブルと協力していく? 今後のホンダF1を元F1メカニック津川哲夫が解説!

インドで電動三輪タクシー向けバッテリーシェアサービス開始…ホンダ | レスポンス(Response.jp)

ホンダは10月29日、新型の着脱式可搬バッテリー「ホンダ モバイルパワーパックe:」を活用したインドの電動三輪タクシー(リキシャ)向けバッテリーシェア …

インドで電動三輪タクシー向けバッテリーシェアサービス開始…ホンダ | レスポンス(Response.jp)
ホンダは10月29日、新型の着脱式可搬バッテリー「ホンダ モバイルパワーパックe:」を活用したインドの電動三輪タクシー(リキシャ)向けバッテリーシェアリングサービス事業を2022年前半に開始すると発表した。
タイトルとURLをコピーしました