マツダCXいくつまで出る? 数字で細分化して多車種製造 実は大きなメリット

マツダCXいくつまで出る? 数字で細分化して多車種製造 実は大きなメリット

マツダのSUV「CX」シリーズが今後ますます増えます。現行でもCX-3、CX-5、CX-30などがありますが、数字の違いでの細分化は日本では馴染みが薄い側面も。

マツダCXいくつまで出る? 数字で細分化して多車種製造 実は大きなメリット | 乗りものニュース
マツダのSUV「CX」シリーズが今後ますます増えます。現行でもCX-3、CX-5、CX-30などがありますが、数字の違いでの細分化は日本では馴染みが薄い側面も。しかし、そこにこそメリットがあるとも言えます。

マツダロードスター次世代型は、いよいよ電動化で登場の可能性もあり!? – Clicccar

2.0リットルSKYACTIV-Xと48Vマイルドハイブリッドの組み合わせが有力 マツダが世界に誇るライトウェイトスポーツカー、「ロードスター」次期型の開発が …

マツダロードスター次世代型は、いよいよ電動化で登場の可能性もあり!? | clicccar.com
■2.0リットルSKYACTIV-Xと48Vマイルドハイブリッドの組み合わせが有力 マツダが世界に誇るライトウェイトスポーツカー、「ロードスター」次期型の開発がスタートしていると思われますが、その最新情報を入手しました。 初代ロードスターは1989年に登場、「ユーノス店」第一弾モデルとして「ユーノス

マツダMX-30EVは使えるか? 500km走って考えた。コンベのMX-30とEVで燃料代・電気代は …

マツダの電気自動車MX-30EVは、WLTCモードで一充電走行距離が256kmだ。実走行では200km。航続距離が足りなくて不自由するか、電気代はいくらかかるか?

マツダMX-30EVは使えるか? 500km走って考えた。コンベのMX-30とEVで燃料代・電気代はどっちが高い?
マツダの電気自動車MX-30EVは、WLTCモードで一充電走行距離が256kmだ。実走行では200km。航続距離が足りなくて不自由するか、電気代はいくらかかるか? ガソリンモデルのMX-30と比べたらどうなのか? 1週間試乗して考えてみた。

MAZDA CX-30が一部改良を実施。「e-SKYACTIV-X」搭載車に新グレードの「Smart Edition」を設定

CX-5などで人気の特別仕様車「Black Tone Edition」も用意 マツダは、CセグメントハッチバックのMAZDA3、クロスオーバーSUVのMAZDA CX-30を一部改良し、同日 …

MAZDA3、MAZDA CX-30が一部改良を実施。「e-SKYACTIV-X」搭載車に新グレードの「Smart Edition」を設定 | clicccar.com
■CX-5などで人気の特別仕様車「Black Tone Edition」も用意 マツダは、CセグメントハッチバックのMAZDA3、クロスオーバーSUVのMAZDA CX-30を一部改良し、同日から予約受注を開始しました。発売は11月下旬の予定です。

開業50周年を記念した「ファンによる」盛大なミーティング|三次試験場50周年マツダ …

三次試験場50周年マツダファンミーティング(イベントふりかえり) Vol.1】 1965年6月に開業して、ロータリーエンジンからスカイアクティブ技術まで、マツダ …

開業50周年を記念した「ファンによる」盛大なミーティング|三次試験場50周年マツダファンミーティング Vol.1|イベントふりかえり
【三次試験場50周年マツダファンミーティング(イベントふりかえり) Vol.1】 1965年6月に開業して、ロータリーエンジンからスカイアクティブ技術まで、マツダの技術を磨き、育んできたテストコース「三次試験場」が開場50周年を迎えた。それ・・・

中古車のマツダ「プレマシー」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖 – 定額カルモくん

2013年のマイナーチェンジ以降はマツダの新世代技術である「SKYACTIV TECHNOLOGY」を2WDの主力グレードに搭載。最廉価グレードでSKYACTIV非搭載の「CS」、中間 …

中古車のマツダ「プレマシー」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖|中古車ならカルモマガジン
「走りを楽しめるミニバン」というコンセプトをもってデビューしたプレマシーは、スポーティーな走りを楽しめる上に居住性も抜群ということで人気を博しました。販売終了から3年以上が経つ現在でも中古車の流通量は600台を超えていて自分に合った1台を選ぶのはなかなかたいへんです。今回は中古車のプレマシーならどのモデル、グレード、年...

いま食べたい! マツダ「ロードスター焼きいも」の季節がキタ! 冬到来でホクホクが恋しい時期の …

夏が終わると季節到来!ロードスターで焼き芋を販売する「ロド芋」とは 度々、SNSなどで話題となるネタとして、マツダ「ロードスター」の焼き芋屋があります …

いま食べたい! マツダ「ロードスター焼きいも」の季節がキタ! 冬到来でホクホクが恋しい時期の変化とは(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■夏が終わると季節到来!ロードスターで焼き芋を販売する「ロド芋」とは 度々、SNSなどで話題となるネタとして、マツダ「ロードスター」の焼き芋屋があります。最近では寒い日が続きますが、ロド芋を求めるユーザーは増えているのでしょうか。  最近で...

秋の中国高校野球 広陵3年ぶりV 7―0で広島商下す – 山陽新聞

秋の中国高校野球大会最終日は31日、山口市の山口マツダ西京きずなスタジアムで決勝が行われ、広陵(広島3位)が7―0で広島商(同1位)を下し、3年 …

秋の中国高校野球 広陵3年ぶりV 7―0で広島商下す:山陽新聞デジタル|さんデジ
 秋の中国高校野球大会最終日は31日、山口市の山口マツダ西京きずなスタジアムで決勝が行われ、広陵(広島3位)が7―0で広島商(同1位)を下し、3年ぶり12度目の優勝を飾った。中国地区代表として明治神宮...

日野自動車はスズキ・SUBARU・ダイハツ・トヨタ・マツダによる次世代車載通信機の技術 …

日野自動車はスズキ・SUBARU・ダイハツ・トヨタ・マツダによる次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に参画.

日野自動車はスズキ・SUBARU・ダイハツ・トヨタ・マツダによる次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に参画 執筆: Media IR
日野自動車はスズキ・SUBARU・ダイハツ・トヨタ・マツダによる次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に参画

「150万円以下」で買えるなんて安すぎ! 乗るなら今しかない中古「ワークスコンプリートモデル …

トヨタ・パッソ TRDスポーツM; マツダ・マツダスピードアクセラ … マツダのコンパクトハッチ&セダンであった、ファミリアのあとを継いで2003年に登場した …

「150万円以下」で買えるなんて安すぎ! 乗るなら今しかない中古「ワークスコンプリートモデル」4選
運動性能を際立たせてクルマ好きを魅了するワークスコンプリートモデル。最近ではGRシリーズやニスモ、モデューロXやSTI Sportに注目が集まるが、それ以前よりも魅力的なモデルはある。今回は150万円以下で狙えるモデルを厳選してみた。
タイトルとURLをコピーしました