ホンダが「変態」だった頃の究極スポーツカー S2000 Type S 引くほどの超性能 – ベス トカー

ホンダが「変態」だった頃の究極スポーツカー S2000 Type S 引くほどの超性能 – ベストカー

黄金時代のホンダがこだわりぬいたピュアスポーツ. 1999年4月に発売となったS2000。2リッター4気筒の自然吸気エンジンながら、最高出力は250ps/8,300rpm …

ホンダが「変態」だった頃の究極スポーツカー S2000 Type S 引くほどの超性能 - 自動車情報誌「ベストカー」
クルマ好きを熱くさせていたピュア本格スポーツカー、ホンダ「S2000」。S2000には、「Type S」という、さらにスポーツカーとしての性能を極めたモデルがあった。ホンダのスポーツカーが消えようとしているいま、改めて振り返ってみよう。

ホンダが「変態」だった頃の究極スポーツカー S2000 Type S 引くほどの超性能(ベストカーWeb …

1999年4月に発売となったS2000。2リッター4気筒の自然吸気エンジンながら、最高出力は250ps/8,300rpm、レブリミットは9,000rpm、最大トルク22.2kgm/7,500rpmを …

ホンダが「変態」だった頃の究極スポーツカー S2000 Type S 引くほどの超性能(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 ホンダ自慢のVTECエンジンにオープンボディ、高剛性シャシー、2シーター、後輪駆動、さらには6速MTのみという、刺激的な内容で、クルマ好きを熱くさせていたピュア本格スポーツカー、ホンダ「S2000
タイトルとURLをコピーしました