マツダの“人間中心の自動運転コンセプト”「コ・パイロット・コンセプト」とは 何か 進化版2.0を …

マツダの“人間中心の自動運転コンセプト”「コ・パイロット・コンセプト」とは何か 進化版2.0を …

2022年からマツダ・コ・パイロット1.0を導入. マツダが発表した新しい運転支援技術には「MAZDA Co-Pilot Concept(コ・パイロット・コンセプト)」という名が …

【試乗レポート】マツダの“人間中心の自動運転コンセプト”「コ・パイロット・コンセプト」とは何か 進化版2.0を体験してきた
 マツダが発表した新しい運転支援技術には「MAZDA Co-Pilot Concept(コ・パイロット・コンセプト)」という名が付けられた。いわく「人間中心の自動運転コンセプト」だという。

マツダが最新安全技術「マツダ・コ・パイロット・コンセプト」を解説、2022年投入のラージ商品 …

マツダは、現在開発中の次世代安全技術のコンセプト「マツダ・コ・ … の発生自体を抑制するマツダの安全思想「マツダ プロアクティブ セーフティ(Mazda …

マツダが最新安全技術「マツダ・コ・パイロット・コンセプト」を解説、2022年投入のラージ商品群から搭載
 マツダは、現在開発中の次世代安全技術のコンセプト「マツダ・コ・パイロット・コンセプト(MAMZDA Co-Pilot Concept)」について、報道陣向けにオンライン説明会を実施した。また、この安全機能は2022年に市場投入する予定の「ラージ商品群」から搭載する予定であることも明らかにした。

マツダの高度運転支援技術「CO-PILOT」は他社システムと何が違う? 2022年登場の新型車に …

マツダは2022年からラージ商品群に「CO-PILOT 1.0」という新技術を搭載する予定です。

マツダの高度運転支援技術「CO-PILOT」は他社システムと何が違う? 2022年登場の新型車に搭載!(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 マツダは2022年からラージ商品群に「CO-PILOT 1.0」という新技術を搭載する予定です。

マツダ ドライバーの異変検知で自動停止 機能搭載車を来年販売 | IT・ネット | NHKニュース

【NHK】自動車メーカーのマツダはドライバーの体調が突然悪くなった場合に、自動運転で停止するシステムを搭載した車を来年から販売する…

マツダ ドライバーの異変検知で自動停止 機能搭載車を来年販売 | NHKニュース
【NHK】自動車メーカーのマツダはドライバーの体調が突然悪くなった場合に、自動運転で停止するシステムを搭載した車を来年から販売する…

マツダ、安全支援技術「コパイロット」を22年の新モデルから採用 | レスポンス(Response.jp)

マツダは11月4日までに、ドライバーの異常を検知すると車両を停止させるなどの安全運転支援技術「CO-PILOT CONCEPT(コパイロットコンセプト」の説明会を …

マツダ、安全支援技術「コパイロット」を22年の新モデルから採用 | レスポンス(Response.jp)
マツダは11月4日までに、ドライバーの異常を検知すると車両を停止させるなどの安全運転支援技術「CO-PILOT CONCEPT(コパイロットコンセプト」の説明会をオンラインで開いた。2022年に発売する新モデルから導入し、その後も進化させていく。

マツダCX-30 SKYACTIV-DとG、そしてX、どれを選ぶ? 燃費・燃料代・そしてCO2排出量と価格 …

マツダCX-30は商品改良を受けて乗り味がさらによくなっていた。試乗したのはSKYACTIV-D1.8(ディーゼルエンジン)搭載の4WD・6ATモデル。1週間生活をともに …

マツダCX-30 SKYACTIV-DとG、そしてX、どれを選ぶ? 燃費・燃料代・そしてCO2排出量と価格を考えながら試乗した
マツダCX-30は商品改良を受けて乗り味がさらによくなっていた。試乗したのはSKYACTIV-D1.8(ディーゼルエンジン)搭載の4WD・6ATモデル。1週間生活をともにして665km走行した。走りながら考えたのは、燃費・燃料代・CO2排出量、そして価格だ。

マツダが体調不良検知 路肩に自動停車、2025年以降 – 産経ニュース

マツダは4日、運転手の姿勢や視線の動きなどで体調不良や居眠りの予兆を検知し、警告音を出す機能を搭載した車を2025年以降に発売すると発表した。

マツダが体調不良検知 路肩に自動停車、2025年以降
マツダは4日、運転手の姿勢や視線の動きなどで体調不良や居眠りの予兆を検知し、警告音を出す機能を搭載した車を2025年以降に発売すると発表した。意識を失うなど運転…

マツダが次世代安全技術を2022年発売のラージ商品群から導入 – webCG

マツダは2021年11月4日、次世代の安全技術コンセプト「マツダ・コパイロット コンセプト」の詳細を発表した。ドライバーの異常を検知すると安全な場所に自動 …

マツダが次世代安全技術を2022年発売のラージ商品群から導入 【ニュース】 - webCG
マツダは2021年11月4日、次世代の安全技術コンセプト「マツダ・コパイロット コンセプト」の詳細を発表した。ドライバーの異常を検知すると安全な場所に自動停止する機能などを、2022年発売の新型車から導入するという。

2022年にver.1.0を導入!マツダの新技術はオートパイロットではなく – モーターファン

マツダは人間中心の自動運転コンセプト、「Mazda Co-Pilot Concept」を発表した。自動運転の技術を用いているが、ドライバーの運転負荷を軽減するための技術 …

2022年にver.1.0を導入!マツダの新技術はオートパイロットではなく、コ・パイロット
マツダは人間中心の自動運転コンセプト、「Mazda Co-Pilot Concept」を発表した。自動運転の技術を用いているが、ドライバーの運転負荷を軽減するための技術ではない。事故の発生を抑制し、悲しい思いをする人をゼロにするのが狙いだ。 TEXT◎世良耕太(SERA Kota)PHOTO◎MAZDA

マツダが「副操縦士」システム導入 運転手の異常を検知し、自動停止 – 朝日新聞デジタル

マツダは、運転手の体調悪化や居眠りで事故の恐れがある場合に、車を自動で路肩などに停止させる「副操縦士システム」を、2022年度に発売する新型車に初めて …

マツダが「副操縦士」システム導入 運転手の異常を検知し、自動停止:朝日新聞デジタル
 マツダは、運転手の体調悪化や居眠りで事故の恐れがある場合に、車を自動で路肩などに停止させる「副操縦士システム」を、2022年度に発売する新型車に初めて搭載する。交通事故を減らすとともに、高齢者の運転…
タイトルとURLをコピーしました