トヨタ、今期営業利益2兆8000億円に上方修正-減産も円安追い風 – Bloomberg

トヨタ、今期営業利益2兆8000億円に上方修正-減産も円安追い風 – Bloomberg

The Toyota Motor Corp. Photographer: Toru Hanai/Bloomberg. トヨタ自動車は4日、今期(2022年3月期 …

トヨタ、今期営業利益2兆8000億円に上方修正-減産も円安追い風
トヨタ自動車は4日、今期(2022年3月期)の営業利益予想を2兆8000億円と従来計画の2兆5000億円から上方修正した。足下では半導体など部品不足の影響で減産が続くが、為替の円安方向などが追い風になるとみている。

トヨタ生産、12月最高へ 22年3月期純利益を上方修正 – 日本経済新聞

トヨタ自動車は半導体不足などの影響で落ち込んだ自動車生産の挽回を急ぐ。11月から前年同月比でプラス水準に引き上げる。12月には月間で過去最高にまで高め …

トヨタ生産、12月最高へ 22年3月期純利益を上方修正
トヨタ自動車は半導体不足などの影響で落ち込んだ自動車生産の挽回を急ぐ。11月から前年同月比でプラス水準に引き上げる。12月には月間で過去最高にまで高めて年間で前期比10%増の900万台の生産を計画する。4日、円安や急速な生産回復が寄与することで、2022年3月期の連結純利益(国際会計基準)見通しを前期比11%増の2兆4...

トヨタ、脱炭素化で最低評価 環境団体がランキング発表(時事通信) – Yahoo!ニュース

グリーンピースは報告書で、トヨタの2020年の世界販売に占めるEVや燃料電池車(FCV)の割合はわずか0.12%だったと紹介。その上で「エンジン車の段階的廃止 …

トヨタ、脱炭素化で最低評価 環境団体がランキング発表(時事通信) - Yahoo!ニュース
 【グラスゴー時事】環境保護団体グリーンピースが4日、英グラスゴーで開催されている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に合わせて公表した主要自動車メーカーの脱炭素化の取り組みのラン

トヨタ、新型クロスオーバー「アイゴ クロス」世界初公開 5速MTやキャンバストップモデルも …

トヨタ自動車は11月5日(現地時間)、欧州市場に導入する新型クロスオーバーモデル「Aygo X(アイゴ クロス)」を世界初公開した。

トヨタ、新型クロスオーバー「アイゴ クロス」世界初公開 5速MTやキャンバストップモデルもラインアップ
 トヨタ自動車は11月5日(現地時間)、欧州市場に導入する新型クロスオーバーモデル「Aygo X(アイゴ クロス)」を世界初公開した。Aセグメントクロスオーバーとして初めてキャンバストップモデルを採用するなど、楽しさを表現するモデルに仕上げた。

トヨタ、制約下の最高益 生産挽回へ部品在庫3割増 – 日本経済新聞

半導体などの供給制約で生産台数が減少したものの、トヨタ自動車の業績が拡大している。採算の良い多目的スポーツ車(SUV)の新型車を相次ぎ投入する商品 …

トヨタ、制約下の最高益 生産挽回へ部品在庫3割増
半導体などの供給制約で生産台数が減少したものの、トヨタ自動車の業績が拡大している。採算の良い多目的スポーツ車(SUV)の新型車を相次ぎ投入する商品政策が功を奏したほか、車不足のため販売店に支払う奨励金も抑えられた。2022年3月期で過去最高水準の利益を確保するには、計画通り21年10月~22年3月期に挽回生産できるかが...

トヨタ、脱炭素化で最低評価 環境団体がランキング発表 – 時事通信

【グラスゴー時事】環境保護団体グリーンピースが4日、英グラスゴーで開催されている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に合わせて …

トヨタ、脱炭素化で最低評価 環境団体がランキング発表:時事ドットコム
【グラスゴー時事】環境保護団体グリーンピースが4日、英グラスゴーで開催されている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に合わせて公表した主要自動車メーカーの脱炭素化の取り組みのランキングで、日本のトヨタ自動車が最低評価となった。電気自動車(EV)への移行の遅れが響いた。

トヨタ自動車の純利益1兆5244億円、コロナ禍前の3割増 2021年4-9月期決算 | レスポンス …

トヨタ自動車は11月4日、2021年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。最終利益はコロナ禍前の2019年同期を上回る1兆5244億円を確保した。

トヨタ自動車の純利益1兆5244億円、コロナ禍前の3割増 2021年4-9月期決算 | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車は11月4日、2021年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。最終利益はコロナ禍前の2019年同期を上回る1兆5244億円を確保した。

トヨタ新型SUV「アイゴクロス」世界初公開! 全長4m以下のヤリスクロス弟分! 2022年に欧州で …

トヨタの欧州法人(欧州トヨタ)は、新型SUV「Aygo X(アイゴクロス)」の詳細を発表しました。

トヨタ新型SUV「アイゴクロス」世界初公開! 全長4m以下のヤリスクロス弟分! 2022年に欧州で発売へ(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタの欧州法人(欧州トヨタ)は、新型SUV「Aygo X(アイゴクロス)」の詳細を発表しました。

トヨタ タンドラ 新型が砂漠レースのサポートカーに、437馬力ハイブリッド…SEMA 2021 …

トヨタ自動車の米国部門は11月2日、米国で開幕したSEMAショー2021において、新型『タンドラ』(Toyota Tundra)をカスタマイズした「TRDデザート・ …

トヨタ タンドラ 新型が砂漠レースのサポートカーに、437馬力ハイブリッド…SEMA 2021 | レスポンス(Response.jp)
◆ワンオフのワイドボディにTRDのロングストロークサス ◆夜間走行用の照明と荷台にレースサポートアイテム ◆オフロード仕様の「TRDプロ」がベース

トヨタ株はしっかり、市場では業績上振れ余地を評価 – ロイター

トヨタは4日、22年3月期の連結業績見通しを上方修正し、営業利益を従来予想の2兆5000億円から前年比27.4%増の2兆8000億円に引き上げた。

トヨタ株はしっかり、市場では業績上振れ余地を評価
4日の東京株式市場で、トヨタ自動車はしっかりの展開。午後の決算発表後、神経質な値動きとなったが、市場では上振れ余地を含んだ好業績を評価する声が出ており、小幅高となった。
タイトルとURLをコピーしました