新しいマツダ3登場! 手が届きやすくなった新世代エンジン搭載モデルとは? | GQ JAPAN

新しいマツダ3登場! 手が届きやすくなった新世代エンジン搭載モデルとは? | GQ JAPAN

e-SKYACTIV X搭載車が200万円台で買える! マツダ3は、これまでの「アクセラ」と「ファミリア」の流れを汲むCセグメントに属するコンパクトカーだ。

新しいマツダ3登場! 手が届きやすくなった新世代エンジン搭載モデルとは?
10月28日、マツダは、コンパクトカー「マツダ3」の一部改良を発表した。

新しいマツダ3登場! 200万円台で買えるようになった新世代エンジン搭載モデルとは?(GQ …

マツダ3のボディは「ファストバック」と呼ばれる5ドア・ハッチバックとセダンの2種類。 10月28日、マツダは、コンパクトカー「マツダ3」の一部改良を発表した。

新しいマツダ3登場! 200万円台で買えるようになった新世代エンジン搭載モデルとは?(GQ JAPAN) - Yahoo!ニュース
10月28日、マツダは、コンパクトカー「マツダ3」の一部改良を発表した。

「仮想運転」技術が事故防止…ドライバー異常を察知するマツダの“コパイロット” | レスポンス …

事故により悲しい思いをする人ゼロを目指す ◇“副操縦士”が常に寄り添う「Mazda Co-Pilot Concept」 ◇2022年導入するラージ商品から展開を予定.

「仮想運転」技術が事故防止…ドライバー異常を察知するマツダの“コパイロット” | レスポンス(Response.jp)
◆事故により悲しい思いをする人ゼロを目指す ◆“副操縦士”が常に寄り添う「Mazda Co-Pilot Concept」 ◆2022年導入するラージ商品から展開を予定

マツダの新システム 運転手の異変検知し自動停止(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

大手自動車メーカーのマツダはドライバーが体調の急変や居眠りで運転できなくなった際に自動で停止する車を来年から販売すると発表しました。

マツダの新システム 運転手の異変検知し自動停止(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
 大手自動車メーカーのマツダはドライバーが体調の急変や居眠りで運転できなくなった際に自動で停止する車を来年から販売すると発表しました。  マツダが開発したのは「コ・パイロット・コンセプト」と呼ばれ

ドライバーの異常を検知してクルマを安全に停める、マツダ「CO-PILOT」に試乗してみた …

そうして開発されたのが、2022年から導入を予定しているマツダの「CO-PILOT 1.0(コ・パイロット)」である。いざというとき、高速道路だけでなく一般道でも車両 …

ドライバーの異常を検知してクルマを安全に停める、マツダ「CO-PILOT」に試乗してみた | レスポンス(Response.jp)
◆いざというときにクルマを安全に停める「CO-PILOT」 ◆ドライバーの異常検知はちゃんとできるのか ◆緊急時の車線変更は「ウィンカー」で大丈夫か?

ドライバー異常を検知する運転支援システム「コ・パイロット」 ラージモデルに2022年搭載 自動 …

マツダは4日、一般道路を含めてドライバーの異常検知して自動で退避する先進安全技術「コ・パイロット」を開発したと発表した。一部モデルで先行して実用化 …

マツダ、ドライバー異常を検知する運転支援システム「コ・パイロット」 ラージモデルに2022年搭載 自動退避も実用化(日刊自動車新聞) - Yahoo!ニュース
 マツダは4日、一般道路を含めてドライバーの異常検知して自動で退避する先進安全技術「コ・パイロット」を開発したと発表した。一部モデルで先行して実用化されているドライバー異常時対応システム(EDSS)

エネルギー価格急騰を背景に見るマツダの戦略 – 日経ビジネス

エネルギー価格急騰を背景に見るマツダの戦略. 2021.11.5. 23 件のコメント. 池田 直渡. 自動車経済評論家. 9月後半から、欧州での電気料金高騰が …

エネルギー価格急騰を背景に見るマツダの戦略
「エネルギー価格の高騰は産業構造改革のよいきっかけになる」と暴言(だろう)を吐いていたわが国の政治家などの皆さんは、この冬高騰し続ける電力価格を見て「ブラボー!」と拍手すべきだろう。

マツダ、「CX-3」を一部商品改良 – 先鋭的でエレガントな特別仕様車が登場 | マイナビニュース

マツダはこのほど、コンパクトSUV「CX-3」を一部改良し、特別仕様車を追加して予約受付を開始した。11月下旬の発売を予定している。今回の商品改良では、 …

マツダ、「CX-3」を一部商品改良 - 先鋭的でエレガントな特別仕様車が登場
マツダはこのほど、コンパクトSUV「CX-3」を一部改良し、特別仕様車を追加して予約受付を開始した。11月下旬の発売を予定している。今回の商品改良では、上質・洗練といった「CX-3」が備える特徴をさらに追求した特別仕様車「Super Edgy」(スーパー エッジー)を追加した。

マツダ、「MAZDA3」「CX-30」を一部商品改良 – 新機種と特別仕様車を追加 | マイナビニュース

マツダはこのほど、コンパクトカー「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」を一部商品改良し、e-SKYACTIV-X搭載車に新機種「Smart Edition」、 …

マツダ、「MAZDA3」「CX-30」を一部商品改良 - 新機種と特別仕様車を追加
マツダはこのほど、コンパクトカー「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」を一部商品改良し、e-SKYACTIV-X搭載車に新機種「Smart Edition」、すべてのパワートレイン搭載車に特別仕様車「Black Tone Edition」を追加して予約受付を開始した。

マツダ「CO-Pilot1.0」は、他メーカーと異なるスタンスで自動運転技術による安心なクルマ作りに …

マツダの安全技術「CO-Pilot1.0」とは? 超高度な自動運転レベル2。だけど、自動運転ではない! ○自動運転のイメージは、二人羽織で食べる蕎麦.

マツダ「CO-Pilot1.0」は、他メーカーと異なるスタンスで自動運転技術による安心なクルマ作りに大賛成!ハンズオフ反対派が解説【清水和夫 特別寄稿】 | clicccar.com
■マツダの安全技術「CO-Pilot1.0」とは? 超高度な自動運転レベル2。だけど、自動運転ではない! ●自動運転のイメージは、二人羽織で食べる蕎麦
タイトルとURLをコピーしました