マツダ、スーパースポーツ「RX-9」は2023年発売? オープンモデルも登場か – Yahoo!ニ ュース

マツダ、スーパースポーツ「RX-9」は2023年発売? オープンモデルも登場か – Yahoo!ニュース

マツダが2015年に発表したコンセプトカー「RX-VISION」の市販モデルとなるスーパースポーツカー「RX-9」に関して新たな情報が入った。 2023年発売を目標に …

マツダ、スーパースポーツ「RX-9」は2023年発売? オープンモデルも登場か(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース
マツダが2015年に発表したコンセプトカー「RX-VISION」の市販モデルとなるスーパースポーツカー「RX-9」に関して新たな情報が入った。 2023年発売を目標に開発を進めていて、現在は550

マツダが22年に車両導入、ドライバーの異常を検知して危険を自動回避する技術の全容(ニュー …

マツダはドライバーの異常を検知すると、自動で危険を回避する高度運転支援技術(ADAS)「マツダ・コ・パイロット・コンセプト」を開発した。

マツダが22年に車両導入、ドライバーの異常を検知して危険を自動回避する技術の全容(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 マツダはドライバーの異常を検知すると、自動で危険を回避する高度運転支援技術(ADAS)「マツダ・コ・パイロット・コンセプト」を開発した。体調不良や居眠りなどドライバーの状態変化を捉え、高速道路や一

マツダが22年に車両導入、ドライバーの異常を検知して危険を自動回避する技術の全容|ニュー …

マツダは、ドライバーの異常を検知すると、自動で危険を回避する高度運転支援技術(ADAS)「マツダ・コ・パイロット・コンセプト」を開発した。

マツダが22年に車両導入、ドライバーの異常を検知して危険を自動回避する技術の全容|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、マツダが22年に車両導入、ドライバーの異常を検知して危険を自動回避する技術の全容のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

コスモスポーツ、ファミリア1000クーペ、K360・・・里帰りしたマツダ車たち その3|三次試験場 …

三次試験場50周年マツダファンミーティング Vol.6】 三次の試験場に集まった新旧マツダ車の総数は1047台! 1965年6月に開業して、ロータリーエンジンから …

コスモスポーツ、ファミリア1000クーペ、K360・・・里帰りしたマツダ車たち その3|三次試験場50周年マツダファンミーティング Vol.6
【三次試験場50周年マツダファンミーティング Vol.6】 三次の試験場に集まった新旧マツダ車の総数は1047台! 1965年6月に開業して、ロータリーエンジンからスカイアクティブ技術まで、マツダの技術を磨き、育んできたテストコース「三次試・・・

40年の時が流れても、コスモAPの匂いは消えず|1975年式 マツダ コスモAP リミテッド Vol.1

1975年10月にデビューしたコスモAPは、名車であるコスモスポーツからその名を引き継いだ、マツダのスペシャルティーカーだ。誕生から40年を経ても(2015年 …

40年の時が流れても、コスモAPの匂いは消えず|1975年式 マツダ コスモAP リミテッド Vol.1
1975年10月にデビューしたコスモAPは、名車であるコスモスポーツからその名を引き継いだ、マツダのスペシャルティーカーだ。誕生から40年を経ても(2015年当時)魅力があせることない、コスモAPを愛するオーナーの声をお届けする。【1975・・・

コスモスポーツ、ファミリア1000クーペ、K360・・・里帰りしたマツダ車たち その3|三次試験場 …

【三次試験場50周年マツダファンミーティング Vol.6】 三次の試験場に集まった新旧マツダ車の総数は1047台! 1965年6月に開業して、ロータリーエンジンから …

コスモスポーツ、ファミリア1000クーペ、K360・・・里帰りしたマツダ車たち その3|三次試験場50周年マツダファンミーティング Vol.6 (2021年11月5日) - エキサイトニュース
コスモスポーツ、ファミリア1000クーペ、K360・・・里帰りしたマツダ車たち その3|三次試験場50周年マツダファンミーティング Vol.6。【三次試験場50周年マツダファンミーティングVol.6】三次の試験場に集まった新旧マツダ車の総数は1047台!1965年6月に開業して、ロータリーエンジンからスカイアクティブ技...

初志貫徹! MAZDA CO-PILOTの原点は2014年にあった【週刊クルマのミライ】 | clicccar.com

ドライバーの意識喪失に対応するコンセプトは7年前からブレていない ○安全安心なクルマ社会の実現はマツダの願い マツダが「MAZDA CO-PILOT CONCEPT」 …

初志貫徹! MAZDA CO-PILOTの原点は2014年にあった【週刊クルマのミライ】 | clicccar.com
■ドライバーの意識喪失に対応するコンセプトは7年前からブレていない ●安全安心なクルマ社会の実現はマツダの願い マツダが「MAZDA CO-PILOT CONCEPT」という新しいテクノロジーを発表しました。

なぜ? 黒いディーラー増えたワケ 黒を採用する/しない ねらいは? | AUTOCAR JAPAN

メーカーの顔といっても過言ではないディーラー店舗に、各メーカーが挙ってブラックを起用する理由は、一体どこにあるのだろうか。 関東マツダ高田馬場店.

なぜ? 黒基調の自動車ディーラー増えたワケ 黒を採用する/しない ねらいは | AUTOCAR JAPAN
最近ブラック基調のディーラーが増えてきました。さまざまはメーカーにディーラーのイメージ戦略を取材しました。

マツダブース出展情報が決定!【EV:LIFE KOBE】 – carview!

… 旧居留地の特設会場において、入場無料のオープンイベント「EV:LIFE KOBE」を開催します! マツダの出展情報は次のとおり。 展示車 MX-30 EV MODEL …

マツダブース出展情報が決定!【EV:LIFE KOBE】(LE VOLANT CARSMEET WEB) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
自動車専門誌「ル・ボラン」は、来る11/21(日)、兵庫県の神戸・旧居留地の特設会場において、入場無料のオープンイベント「EV:LIFE KOBE」を開催します! マツダの出展情報は次のとおり。 展示車 MX-30 EV MODEL ...

なぜ黒基調のディーラーが増えた?「流行」の一言で片づけられないワケ – ライブドアニュース

黒色基調のディーラーが増えたここ最近、ディーラー店舗をブラック基調のデザインにするメーカーが増加傾向にある。【画像】変化するマツダの象徴【歴代 …

なぜ黒基調のディーラーが増えた?「流行」の一言で片づけられないワケ - ライブドアニュース
黒色基調のディーラーが増えたここ最近、ディーラー店舗をブラック基調のデザインにするメーカーが増加傾向にある。【画像】変化するマツダの象徴【歴代ロードスターを見る】全104枚メーカーの顔といっても過言で
タイトルとURLをコピーしました