ダイハツ 初のシリーズハイブリッド登場 | コラム | 環境ビジネスオンライン

ダイハツ 初のシリーズハイブリッド登場 | コラム | 環境ビジネスオンライン

ダイハツは11月1日、小型SUV「ロッキー」の技術改良を発表した。 主な内容は、パワートレインの新設だ。 これまでも採用してきた、直列3気筒1.0Lターボに …

ダイハツ 初のシリーズハイブリッド登場
ダイハツは11月1日、小型SUV「ロッキー」の技術改良を発表した。 主な内容は、パワートレインの新設だ。 これまでも採用してきた、直列3気筒1.0Lターボに加えて、新開発の直列3気筒1.2Lと、同エンジンを発電機として使うシリーズハイブリッド「eスマートハイブリッド」を追加で量産する。

ロッキー/ライズ、重いHEVの衝突安全に対応 骨格を改良 | 日経クロステック(xTECH)

新型ロッキー/ライズ(以下、新型車:トヨタは部分改良車と呼ぶ)は先代車と同様、ダイハツの車両設計・開発手法「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」 …

ロッキー/ライズ、重いHEVの衝突安全に対応 骨格を改良
 ダイハツ工業とトヨタ自動車は、2021年11月1日に発売した小型SUV(多目的スポーツ車)の新型「ロッキー/ライズ」に、シリーズ式ハイブリッド機構を搭載するハイブリッド車(HEV)を設定した。同車はハイブリッド機構やリチウムイオン電池パックなどを積むため、ガソリンエンジンの先代車に比べて、車両質量が80kg以上重くな...

低燃費で低価格なダイハツ・ロッキーのハイブリッドモデルが待望の市場デビュー(カー … – carview!

ダイハツが人気コンパクトSUVのロッキーに新開発の「e-SMART HYBRID」を搭載したハイブリッドモデルを新設定。合わせて新開発の1.2リットルガソリンエンジン …

低燃費で低価格なダイハツ・ロッキーのハイブリッドモデルが待望の市場デビュー(カー・アンド・ドライバー)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ダイハツが人気コンパクトSUVのロッキーに新開発の「e-SMART HYBRID」を搭載したハイブリッドモデルを新設定。合わせて新開発の1.2リットルガソリンエンジンを2WDモデルに採用 ダイハツは2021年11月1日、“アクティブ・ユース...(ヘッドライン)

漆の林づくり 苗木の植樹会/岩手・浄法寺町 – Yahoo!ニュース

(岩手ダイハツ販売 中田利光社長) 「浄法寺の漆はブランドだと思う。それをここから発信して二戸、岩手が元気になると、やっている甲斐があるなと」 岩手 …

漆の林づくり 苗木の植樹会/岩手・浄法寺町(IBC岩手放送) - Yahoo!ニュース
 漆の産地である岩手県二戸市と県内の自動車販売会社が8日、ウルシの林づくりを進めるため、植樹を行いました。  ウルシの苗木を植えたのは藤原淳二戸市長や岩手ダイハツ販売の中田利光社長など合わせて20

アースデイ中津2021でフードドライブ(食品寄付の受付)を行います! | 大分県中津市

開催場所. ダイハツ九州スタジアム 西側芝生広場アースデイ中津会場 環境政策課ブース(受付ブース近く) 「フードバンクnico」ののぼりが …

ページが見つかりません | 大分県中津市

吉村真晴、全3種目で本戦出場へ 昭和電工・鈴木は2種目通過<卓球・全日本茨城県予選 – Rallys

吉村真晴(愛知ダイハツ)は、男子ダブルス・混合ダブルスで予選を突破し、推薦で出場が決まっていた男子シングルスと合わせて、全3種目で全日本出場を決め …

吉村真晴、全3種目で本戦出場へ 昭和電工・鈴木は2種目通過<卓球・全日本茨城県予選> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
10月24、11月3日には、茨城県で全日本卓球選手権大会予選会が実施され、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの代表者が決定。吉村真晴(愛知ダイハツ)は、男子ダブルス・混合ダブルスで予選を突破し、推薦で出場が決まっていた男子シングルスと合わせて、全3種目で全日本出場を決めた。

新庄「ビッグボス」が初視察 日本ハム沖縄秋季キャンプ | b.[ビードット]

ダイヤモンド電機、低燃費化評価され受賞 「ダイハツ… ダイヤモンド電機(大阪市)はこのほど、ダイハツ工業(大阪府… ビジネス. 2021年10月05日 …

新庄「ビッグボス」が初視察 日本ハム沖縄秋季キャンプ
プロ野球日本ハムの新庄剛志監督が8日、自らを「ビッグボス」と称しての就任後初めて沖縄県国頭村で行われ......さらに見る

なぜスライドドアに人気集中? ワゴンRスマイルやルーミーなどスライドドア車が売れまくる3つの …

同じような軽自動車に、2016年に発売されたダイハツ「ムーヴキャンバス」もあります。全高は1655mmとやや低めに設定され、1755mm(2WD)のタントのように後 …

なぜスライドドアに人気集中? ワゴンRスマイルやルーミーなどスライドドア車が売れまくる3つの理由
2021年10月の軽自動車ランキングでは、スズキ「ワゴンR」が1位を獲得しましたが、これはスライドドア車の「ワゴンRスマイル」を加えたことにあります。スライドドアはなぜ人気なのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました