【緊急速報ライブ】トヨタの電気自動車、bz4xをライブで内外装チェック – YouTube

【緊急速報ライブ】トヨタの電気自動車、bz4xをライブで内外装チェック – YouTube

LOVECARS!TV!メンバーシップも是非!https://www.youtube.com/channel/UCtLo4nwb3ObCDZ4m8b8u7fA/joinYouTubeチャンネル登録はこちら!

【緊急速報ライブ】トヨタの電気自動車、bz4xをライブで内外装チェック
LOVECARS!TV!メンバーシップも是非!チャンネル登録はこちら!/Subscribe here→ ツイッター↓ht...

トヨタ『アイゴX』に「スパイシー」仕様、ベージュとブルー…2022年欧州発売へ | レスポンス …

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は11月5日、新型Aセグメントクロスオーバー車の『アイゴX』に、「ジンジャー」と「ジュニパー」を設定し、2022年に欧州 …

トヨタ『アイゴX』に「スパイシー」仕様、ベージュとブルー…2022年欧州発売へ | レスポンス(Response.jp)
◆スパイシーのテーマを反映させた「ジンジャー」と「ジュニパー」 ◆「トヨタ・スマート・コネクト」とスマホアプリの「MyT」 ◆1.0リットル直3エンジン搭載で目標燃費は21.3km/リットル

トヨタが新型ミニバン「アバンザ/ヴェロズ」を世界初公開! イケ顔の斬新 … – くるまのニュース

2021年11月10日にトヨタのインドネシア法人は、新型ミニバン「アバンザ」とスポーティ仕様の新型「ヴェロズ」を世界初公開しました。

トヨタが新型ミニバン「アバンザ/ヴェロズ」を世界初公開! イケ顔の斬新ミニバンに進化! 尼市場に投入へ
2021年11月10日にトヨタのインドネシア法人は、新型ミニバン「アバンザ」とスポーティ仕様の新型「ヴェロズ」を世界初公開しました。日本では販売されていないヒンジドア式のミニバンとはどのようなモデルなのでしょうか。

【池原照雄の単眼複眼】再生エネを自ら造るトヨタの新EV…スタンダードとしたい技術 …

電動車での蓄積生かしたプラクティカルなクルマ造り. トヨタ自動車が2022年半ばに世界で売りだす電気自動車(BEV=バッテリーEV)の第1弾、『bZ4X』の …

【池原照雄の単眼複眼】再生エネを自ら造るトヨタの新EV…スタンダードとしたい技術 | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車が2022年半ばに世界で売りだす電気自動車(BEV=バッテリーEV)の第1弾、『bZ4X』の詳細を公表した。バッテリーの長寿命化など、これまで培ってきた電動車での技術蓄積を生かし……

トヨタが新型ミニバン「アバンザ/ヴェロズ」を世界初公開! イケ顔の斬新ミニバンに進化! 尼 …

トヨタのインドネシア法人Toyota-Astra Motor (TAM)は、2021年11月10日に新型ミニバン「アバンザ」と、上級かつスポーティ仕様の新型「ヴェロズ」を世界初 …

トヨタが新型ミニバン「アバンザ/ヴェロズ」を世界初公開! イケ顔の斬新ミニバンに進化! 尼市場に投入へ(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタのインドネシア法人Toyota-Astra Motor (TAM)は、2021年11月10日に新型ミニバン「アバンザ」と、上級かつスポーティ仕様の新型「ヴェロズ」を世界初公開しました。  

【これは売れるEV】トヨタbZ4X実車見聞…テスラとは違うのだよ?【藤トモCHECK】 – YouTube

2022年央より世界各地で発売されるトヨタの新しい電気自動車(BEV)、bZ4Xの実車を確認できました。今回はプロトタイプ、とのことで走らせることは …

【これは売れるEV】トヨタbZ4X実車見聞…テスラとは違うのだよ?【藤トモCHECK】
2022年央より世界各地で発売されるトヨタの新しい電気自動車(BEV)、bZ4Xの実車を確認できました。今回はプロトタイプ、とのことで走らせることはできませんでしたが…写真や映像で見るよりグッと現実的で、「これは売れるな…」と思わせる完成度でした。開発主査にも話を聞いています。気になったのは、あの特徴的な、操縦桿...

迫力グリル採用のトヨタ新型「タンドラ」12月発売へ! 「もっとも力強い」超巨大トヨタ車が米で …

トヨタが米国で2021年12月に発売予定としている新型フルサイズピックアップトラック「タンドラ」。内外装や搭載されるパワーユニットには、どんな特徴がある …

迫力グリル採用のトヨタ新型「タンドラ」12月発売へ! 「もっとも力強い」超巨大トヨタ車が米で登場
トヨタが米国で2021年12月に発売予定としている新型フルサイズピックアップトラック「タンドラ」。内外装や搭載されるパワーユニットには、どんな特徴があるのでしょうか。

高齢者のペダル踏み間違いを防げ! 「トヨタ安心ドライブサポートクッション」登場(ベストカー …

そして、トヨタではこのほど、「安心ドライブサポートクッション」も新たに加えた。これはペダルの踏み間違い事故をシートの付加機能によって防止する装備だ …

高齢者のペダル踏み間違いを防げ! 「トヨタ安心ドライブサポートクッション」登場(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 交通事故の原因として、最近はペダルの踏み間違い事故が頻繁に報道されている。新車は衝突被害軽減ブレーキと併せて誤発進抑制機能なども採用しているが、事故を積極的に防ぐには、現在保有されている車両に装着

トヨタ初の本格EV「屋根の上の黒い“隠し玉”」 | クルマ最新事情 | 川口雅浩 – 毎日新聞

トヨタ初の世界戦略EV(2) トヨタ自動車が2022年の年央に日本、北米、中国、欧州など世界で発売する電気自動車(EV)「bZ4X」は、トヨタがSUBARU(スバル) …

トヨタ初の本格EV「屋根の上の黒い“隠し玉”」 | クルマ最新事情 | 川口雅浩 | 毎日新聞「経済プレミア」
トヨタ初の世界戦略EV(2)  トヨタ自動車が2022年の年央に日本、北米、中国、欧州など世界で発売する電気自動車(EV)「bZ4X」は、トヨタがSUBARU(スバル)と共同開発した両社初の本格量産EVだ。

なぜトヨタ「THS II」を使わない? ダイハツがシリーズHEVで独自路線

どうしてトヨタ自動車のハイブリッド機構を採用しなかったのか――。ダイハツ工業が2021年11月1日に発売した小型SUV(多目的スポーツ車)「ロッキー」の部分 …

なぜトヨタ「THS II」を使わない? ダイハツがシリーズHEVで独自路線
 どうしてトヨタ自動車のハイブリッド機構を採用しなかったのか――。ダイハツ工業が2021年11月1日に発売した小型SUV(多目的スポーツ車)「ロッキー」の部分改良車における最大の疑問だ。ダイハツが選んだのはシリーズ式。競合する日産自動車が「e-POWER」として推す方式である。開発陣を直撃し、今回の決断に至った経緯を探...
タイトルとURLをコピーしました