【マツダ CX-5 改良新型】ボディ同色ガーニッシュが光る、最上級の「エクスクルー シブモード …

【マツダ CX-5 改良新型】ボディ同色ガーニッシュが光る、最上級の「エクスクルーシブモード …

マツダ『CX-5』の商品改良で新たに追加された3つのグレード、「スポーツアピアランス」「エクスクルーシブモード」「フィールドジャーニー」。

【マツダ CX-5 改良新型】ボディ同色ガーニッシュが光る、最上級の「エクスクルーシブモード」[詳細画像] | レスポンス(Response.jp)
マツダ『CX-5』の商品改良で新たに追加された3つのグレード、「スポーツアピアランス」「エクスクルーシブモード」「フィールドジャーニー」。今回はラインアップの最上級グレードに位置する「エクスクルーシブモード」を写真とともに紹介する。

マツダ 丸本社長「収益基盤強化は進展」…通期純利益は410億円に上方修正 | レスポンス …

マツダが11月10日にオンラインで発表した2022年3月期の第2四半期(4~9月期)連結決算は、北米などの販売回復により営業利益は397億円(前年同期は529億円の …

マツダ 丸本社長「収益基盤強化は進展」…通期純利益は410億円に上方修正 | レスポンス(Response.jp)
マツダが11月10日にオンラインで発表した2022年3月期の第2四半期(4~9月期)連結決算は、北米などの販売回復により営業利益は397億円(前年同期は529億円の赤字)と2年ぶりに黒字を確保した。

マツダ新技術「コ・パイロット」体験 自動運転技術にある「マツダ思想」とは? – Yahoo!ニュース

だからといって、今回三次で体験したのは、マツダが新開発した「空飛ぶクルマ」ではなく、乗用車であるマツダ3ファストバック・スカイアクティブDをベースとした …

マツダ新技術「コ・パイロット」体験 自動運転技術にある「マツダ思想」とは?(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
広島県の山間部にある三次(みよし)市。盆地であるため、冬は寒く、夏は暑い。 ここにあるマツダ三次自動車試験場で、筆者(桃田健史)はこれまでにさまざまなマツダ車を走らせてきた。

マツダ、新型「CX-50」を11月15日に米国で発表 決算説明会の質疑応答で丸本社長が発言 …

マツダは11月10日、2022年3月期 第2四半期(2021年4月1日~9月30日)決算説明会をオンラインで開催。この中で行なわれた質疑応答で、マツダ 代表取締役 社長 …

マツダ、新型「CX-50」を11月15日に米国で発表 決算説明会の質疑応答で丸本社長が発言(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
 マツダは11月10日、2022年3月期 第2四半期(2021年4月1日~9月30日)決算説明会をオンラインで開催。この中で行なわれた質疑応答で、マツダ 代表取締役 社長兼CEOの丸本明氏が「CX-

マツダが「CX-5」大幅改良、その性能とは? – ニュースイッチ

こちらは、マツダが「CX-5」大幅改良、その性能とは?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお …

マツダが「CX-5」大幅改良、その性能とは?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、マツダが「CX-5」大幅改良、その性能とは?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

マツダ 中間決算 397億円の黒字 海外中心に販売台数が増加 – NHK.JP

【NHK】自動車メーカーのマツダのことし4月から半年間の決算は、海外を中心に販売台数が増えたことなどから、本業のもうけを示す営業損…

マツダ 中間決算 397億円の黒字 海外中心に販売台数が増加 | NHKニュース
【NHK】自動車メーカーのマツダのことし4月から半年間の決算は、海外を中心に販売台数が増えたことなどから、本業のもうけを示す営業損…

マツダ社長、部品サプライヤーの業態変更の必要性を検討開始 | 会社四季報オンライン

ブルームバーグ / マツダは10日、世界的な脱炭素の流れを背景に電気自動車(EV)の普及が進む可能性があることから、雇用への影響や部品サプライヤーの業態 …

https://shikiho.jp/news/0/467937

マツダが今期売上高を下方修正、社長「最大リスクは半導体供給」 – ロイター

マツダは10日、2022年3月期(今期)の連結売上高予想を前期比11%増の3兆2000億円と、従来から2000億円下方修正した。

マツダが今期売上高を下方修正、社長「最大リスクは半導体供給」
マツダは10日、2022年3月期(今期)の連結売上高予想を前期比11%増の3兆2000億円と、従来から2000億円下方修正した。半導体不足による減産が響き、今期の世界販売計画も131万1000台と従来から9万8000台引き下げた。丸本明社長は決算会見で、足元での最大リスクは「半導体の供給問題」と懸念を示した。

マツダ社長、サプライヤーの業態変更の必要性検討-EV普及で不要に – Bloomberg

マツダは10日、世界的な脱炭素の流れを背景に電気自動車(EV)の普及が進む可能性があることから、雇用への影響や部品サプライヤーの業態変更の必要性 …

マツダ社長、サプライヤーの業態変更の必要性検討-EV化を想定
マツダは10日、世界的な脱炭素の流れを背景に電気自動車(EV)の普及が進む可能性があることから、雇用への影響や部品サプライヤーの業態変更の必要性について検討を始めたことを明らかにした。

マツダ 2年ぶりに営業黒字へ コロナ前より利益改善 – FNNプライムオンライン

自動車メーカーのマツダは今年度上期の決算を発表し、コロナ禍以前に比べ販売台数や売上高が減っているにも関わらず、固定費の見直しなどにより営業利益は …

マツダ 2年ぶりに営業黒字へ コロナ前より利益改善
自動車メーカーのマツダは今年度上期の決算を発表し、コロナ禍以前に比べ販売台数や売上高が減っているにも関わらず、固定費の見直しなどにより営業利益は増えていると発表しました。マツダによりますと今年度上期の国内・海外をあわせた販売台数は66万台で、売上高は1兆4959億円で営業利益は397億円だったということです。コロナ禍以...
タイトルとURLをコピーしました