水素カローラも走るスーパー耐久ST-Qクラスにグリーンラインのマツダ「MAZDA2」が参 戦か …

水素カローラも走るスーパー耐久ST-Qクラスにグリーンラインのマツダ「MAZDA2」が参戦か …

ST-Qクラスの新規参戦車、37号車マツダ「MAZDA2」。緑が各所にあしらわれている. 11月13日~14日、岡山国際サーキットでスーパー耐久シリーズ2021 Powered …

水素カローラも走るスーパー耐久ST-Qクラスにグリーンラインのマツダ「MAZDA2」が参戦か? 岡山国際サーキットに登場
 11月13日~14日、岡山国際サーキットでスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookの最終戦が開催される。2021年のスーパー耐久は、ST-Qクラスに水素燃焼エンジンを搭載した水素カローラが参戦していることが話題となっている。最終戦岡山ではそのST-Qクラスに新たなクルマがエントリーすることが...

マツダ、販売・コスト改善で最終利益239億円…コロナ禍前の4割増 2021年4-9月期決算

マツダは11月10日、2021年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。販売台数は減少したものの、販売の質やコスト改善でコロナ禍前を上回る最終利益239億 …

マツダ、販売・コスト改善で最終利益239億円…コロナ禍前の4割増 2021年4-9月期決算 | レスポンス(Response.jp)
マツダは11月10日、2021年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。販売台数は減少したものの、販売の質やコスト改善でコロナ禍前を上回る最終利益239億円を確保した。

マツダがSUV「CX-5」大幅改良、進化のポイントは?(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

マツダは、スポーツ多目的車(SUV)「CX―5」を大幅改良して12月上旬に発売する。フロントフェイス、フロントグリルの意匠に大幅な変更を加えた。

マツダがSUV「CX-5」大幅改良、進化のポイントは?(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 マツダは、スポーツ多目的車(SUV)「CX―5」を大幅改良して12月上旬に発売する。フロントフェイス、フロントグリルの意匠に大幅な変更を加えた。性能面では長時間運転しても疲労感の少ない運動性能を目

マツダ、通期の売上高見通しを下方修正 生産調整の影響で 2021年4~9月期は黒字転換(日刊 …

マツダは10日、2022年3月期連結業績予想で売上高を下方修正して発表した。半導体供給不足に伴う生産調整の影響で、前回発表した従来予想に対し2千億円減を …

マツダ、通期の売上高見通しを下方修正 生産調整の影響で 2021年4~9月期は黒字転換(日刊自動車新聞) - Yahoo!ニュース
 マツダは10日、2022年3月期連結業績予想で売上高を下方修正して発表した。半導体供給不足に伴う生産調整の影響で、前回発表した従来予想に対し2千億円減を見込む。原材料価格の高騰に対し販売費の抑制や

買うならどっち? 大幅改良されたマツダ CX-5に来年発売のCX-60の価格やスペックを占うヒント …

大きく変わったフロントマスクの雰囲気マツダの主力モデル「CX-5」が大幅改良を発表しました。CX-5はマツダのグローバル販売の約29%を占めるだけに、かなり …

買うならどっち? 大幅改良されたマツダ CX-5に来年発売のCX-60の価格やスペックを占うヒントが詰まっていた(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
大きく変わったフロントマスクの雰囲気マツダの主力モデル「CX-5」が大幅改良を発表しました。CX-5はマツダのグローバル販売の約29%を占めるだけに、かなり力の入ったビッグマイナーチェンジとなっています。ひと目でわかるのはフロントマスクの変...

マツダ中間決算 黒字転換も 販売計画台数引き下げ – NHK.JP

自動車メーカーのマツダのことし4月から半年間の中間決算は、販売台数が増加したことなどから本業のもうけを示す営業損益は前の年の赤字から、39…

マツダ中間決算 黒字転換も 販売計画台数引き下げ|NHK 広島県のニュース
自動車メーカーのマツダのことし4月から半年間の中間決算は、販売台数が増加したことなどから本業のもうけを示す営業損益は前の年の赤字から、39…

東証>マツダがもみ合い 決算受け好悪材料が綱引き 生産・調達には不透明感 – 日本経済新聞

(9時40分、コード7261)マツダがもみ合っている。朝方は高く始まり、前日比23円(2.2%)高の1057円まで上昇した。10日に2022年3月期(今期)の連結最終損益 …

<東証>マツダがもみ合い 決算受け好悪材料が綱引き 生産・調達には不透明感
(9時40分、コード7261)マツダがもみ合っている。朝方は高く始まり、前日比23円(2.2%)高の1057円まで上昇した。10日に2022年3月期(今期)の連結最終損益が410億円の黒字(前期は316億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想の350億円の黒字から上方修正した。市場予想の平均であるQUICKコンセン...

車大手7社の中間決算、日産、マツダ、三菱自動車3社が黒字転換[新聞ウォッチ] | レスポンス …

トヨタ自動車、ホンダ、スズキ、SUBARU(スバル)の4社が増益を確保したほか、前の同じ期が赤字だった日産自動車、マツダ、三菱自動車の3社は黒字に転換した …

車大手7社の中間決算、日産、マツダ、三菱自動車3社が黒字転換[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)
3年ぶりの増収増益となったスズキが発表したことで、自動車大手7社の2021年9月中間連結決算が出そろい、きょうの読売や朝日などが取り上げている。

CX-8が消滅…CX-80は後継にならない?マツダが今後のSUVラインナップ公開 | MOBY [モビー]

マツダが2021年11月10日に、2022年3月期第2四半期決算のプレゼンテーション資料を公開しました。この資料の中で、今後の日本・北米・欧州におけるSUVの …

CX-8が消滅…CX-80は後継にならない?マツダが今後のSUVラインナップ公開 | MOBY [モビー]
マツダが2021年11月10日に、2022年3月期第2四半期決算のプレゼンテーション資料を公開しました。この資料の中で、今後の日本・北米・欧州におけるSUVのラインナップを確認することができますが、CX-8が記載されていません。

決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】引け後 … 昭電工、マツダ、セコム (11月10日発表分 …

最新投稿日時:2021/11/11 15:36 – 「決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】引け後 … 昭電工、マツダ、セコム (11月10日発表分)」(株探)

決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】引け後 … 昭電工、マツダ、セコム (11月10日発表分) 投稿日時: 2021/11/11 15:36[株探] - みんかぶ(旧みんなの株式)
最新投稿日時:2021/11/11 15:36 - 「決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】引け後 … 昭電工、マツダ、セコム (11月10日発表分)」(株探)
タイトルとURLをコピーしました