トヨタやマツダ 脱炭素5社連携 – Yahoo!ニュース

トヨタやマツダ 脱炭素5社連携 – Yahoo!ニュース

トヨタ、マツダ、SUBARU、ヤマハ発動機、川崎重工業の5社は、脱炭素化に向け、内燃機関を活用した燃料の選択肢を広げる取り組みを進めると発表した。

トヨタやマツダ 脱炭素5社連携 - Yahoo!ニュース
トヨタ、マツダ、SUBARU、ヤマハ発動機、川崎重工業の5社は、脱炭素化に向け、内燃機関を活用した燃料の選択肢を広げる取り組みを進めると発表した。トヨタが車レースを通じて目指しているエンジンの脱炭素化への取り組みに4社が参加する。

トヨタ、脱炭素化で連携 エンジン活用、マツダなど4社と(時事通信) – Yahoo!ニュース

マツダは13日、美作市で開かれたレースに、バイオ燃料を使うディーゼルエンジン車で出場した。SUBARU(スバル)とトヨタは来年、バイオマス由来の合成燃料を使用 …

トヨタ、脱炭素化で連携 エンジン活用、マツダなど4社と(時事通信) - Yahoo!ニュース
 トヨタ自動車は13日、エンジンの技術を脱炭素化に活用する道を探る同社の取り組みに、マツダやヤマハ発動機など国内の四輪・二輪車メーカー4社が加わると発表した。  地球温暖化対策を急ぐ主要国を中心に

S耐第6戦のST-Q車両はユーグレナ社のバイオディーゼル燃料を使用。MAZDA SPIRIT RACING …

11月13日、マツダは岡山県の岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第6戦『スーパー耐久レースin岡山』の会場内で、 …

S耐第6戦のST-Q車両はユーグレナ社のバイオディーゼル燃料を使用。MAZDA SPIRIT RACINGが参戦 | 国内レース他 | autosport web
 11月13日、マツダは岡山県の岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第6戦『スーパー耐久レースin岡山』の会場内で、今回からST-Qクラスに参戦する37号車マツダ・デミオ・ディーゼルが、チーム名がMAZDA SPIRIT

マツダ「アクセラ」など約4万台リコール 走行中にエンストの可能性 – Yahoo!ニュース

マツダは「アクセラ」など約4万台について、走行中にエンストする可能性があるとして、 国土交通省にリコールを届け出ました。 マツダによりますと、 …

マツダ「アクセラ」など約4万台リコール 走行中にエンストの可能性(HOME広島ホームテレビ) - Yahoo!ニュース
マツダは「アクセラ」など約4万台について、走行中にエンストする可能性があるとして、 国土交通省にリコールを届け出ました。 マツダによりますと、リコールの対象となるのは、2018年4月から2019

マツダ4万2644台リコール 「デミオ」など – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

マツダは12日、燃料装置に問題があるとして「デミオ」「アクセラ」や、アバルトブランドで販売する「Abarth124Spider」など9車種計4 …

マツダ4万2644台リコール 「デミオ」など
マツダは12日、燃料装置に問題があるとして「デミオ」「アクセラ」や、アバルトブランドで販売する「Abarth124Spider」など9車種計4万2644台(平成…

マツダ、ユーグレナのバイオ燃料「サステオ」を100%使った「デミオ」でスーパー耐久参戦 水素 …

マツダ、ユーグレナのバイオ燃料「サステオ」を100%使った「デミオ」でスーパー耐久 … 37号車 MAZDA SPIRIT RACING Bio concept DEMIOとチーム集合写真。

マツダ、ユーグレナのバイオ燃料「サステオ」を100%使った「デミオ」でスーパー耐久参戦 水素カローラとカーボンニュートラルレースへ
 スーパー耐久のカテゴリーに1つとして2021年に新設された「ST-Q」クラス。今シーズンからスタートしたこのクラスは「STO(シリーズ主催者)が認めたメーカー開発車両、または各クラスに該当しない車両」が参戦できることになっている。規定に沿ったマシンとして開幕戦からROOKIE RacingのGRスープラが参戦していて...

マツダ、ヤマハ発動機がカーボンニュートラル実現に向け選択肢を広げる取り組みに挑戦 バイクで …

川崎重工、SUBARU、トヨタ、マツダ、ヤマハ発動機は11月13日・14日に行われる「スーパー耐久レースin岡山」(3時間レース)において、カーボンニュートラル …

川崎重工、SUBARU、トヨタ、マツダ、ヤマハ発動機がカーボンニュートラル実現に向け選択肢を広げる取り組みに挑戦 バイクでの水素エンジン活用を検討(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
 川崎重工、SUBARU、トヨタ、マツダ、ヤマハ発動機は11月13日・14日に行われる「スーパー耐久レースin岡山」(3時間レース)において、カーボンニュートラル実現に向け、内燃機関を活用した燃料の

トヨタやマツダなど5社、脱炭素エンジン活用で連携 選択肢を模索 – ロイター

トヨタ自動車、マツダ、SUBARU(スバル)、ヤマハ発動機、川崎重工業の5社は13日、脱炭素化に向け、内燃機関を活用した燃料の選択肢を広げる …

トヨタやマツダなど5社、脱炭素エンジン活用で連携 選択肢を模索
トヨタ自動車、マツダ、SUBARU(スバル)、ヤマハ発動機、川崎重工業の5社は13日、脱炭素化に向け、内燃機関を活用した燃料の選択肢を広げる取り組みを進めると発表した。トヨタが自動車レースを通じて目指しているエンジンの脱炭素化への取り組みに4社が参加する。

マツダ「アクセラ」など約4万台リコール 走行中にエンストの可能性 – 広島ホームテレビ

マツダは「アクセラ」など約4万台について、走行中にエンストする可能性があるとして、国土交通省にリコールを届け出ました。マツダによりますと、リコール …

マツダ「アクセラ」など約4万台リコール 走行中にエンストの可能性
マツダは「アクセラ」など約4万台について、走行中にエンストする可能性があるとして、国土交通省にリコールを届け出ました。マツダによりますと、リコールの対象となるのは、2018年4月から2019年8月にかけて生産されたマツダの「アクセラ」や「デ。

マツダCO-PILOT 2.0には、独自の「人間中心」思想がADASでも生きる!FRのラージモデルから …

緊急事態からドライバーを安全に帰還させることを可能にするマツダのCO-PILOT 2.0 ○やっぱりマツダは他とは違う、パッセンジャーに寄り添った安全運転 …

マツダCO-PILOT 2.0には、独自の「人間中心」思想がADASでも生きる!FRのラージモデルから搭載か!? | clicccar.com
■緊急事態からドライバーを安全に帰還させることを可能にするマツダのCO-PILOT 2.0 ●やっぱりマツダは他とは違う、パッセンジャーに寄り添った安全運転支援、自動運転レベル2
タイトルとURLをコピーしました