【スバル ソルテラ】スバルらしいSUVをBEVで実現、とは?(レスポンス) – Yahoo!ニュ ース

【スバル ソルテラ】スバルらしいSUVをBEVで実現、とは?(レスポンス) – Yahoo!ニュース

スバルによると、e-Subaru Global Platformは、操縦安定性が高く、ドライバーのステアリング操作に対してリニアに反応する、スバルらしい動的質感の高い走りを …

【スバル ソルテラ】スバルらしいSUVをBEVで実現、とは?(レスポンス) - Yahoo!ニュース
スバルは11月11日、新型バッテリー電気自動車(BEV、フルEV)のソルテラを発表した。スバルらしいSUVをBEVで実現したという。デザイン、プラットフォーム、駆動システムのそれぞれでスバルのSUV

タマ不足だから儲かった トヨタ、スバル、三菱自の上期決算 – 日経ビジネス

各社の決算は予想を上回った。クルマの需要そのものが落ち込んではおらず、部品の入手さえ可能になれば、積み上がった受注残は生産ピッチを上げて取り戻せる …

タマ不足だから儲かった トヨタ、スバル、三菱自の上期決算
各社の決算は予想を上回った。クルマの需要そのものが落ち込んではおらず、部品の入手さえ可能になれば、積み上がった受注残は生産ピッチを上げて取り戻せる。その面ではむしろ工場稼働率の充実につながり、決算へのプラス効果も見込める。

【スバル ソルテラ】スバルらしいSUVをBEVで実現、とは? | レスポンス(Response.jp)

スバルは11月11日、新型バッテリー電気自動車(BEV、フルEV)のソルテラを発表した。スバルらしいSUVをBEVで実現したという。

【スバル ソルテラ】スバルらしいSUVをBEVで実現、とは? | レスポンス(Response.jp)
スバルは11月11日、新型バッテリー電気自動車(BEV、フルEV)のソルテラを発表した。スバルらしいSUVをBEVで実現したという。デザイン、プラットフォーム、駆動システムのそれぞれでスバルのSUVらしさを表現したそうだ。

ヤマハ、カワサキ、トヨタの社長が脱炭素へ向け岡山に集合 「意思ある情熱と行動で – Car Watch

バッテリEVであるソルテラを世界初公開した直後に参戦発表するスバル. 「出るからにはガチンコ勝負」と語った株式会社SUBARU 中村知美社長.

マツダ、スバル、ヤマハ、カワサキ、トヨタの社長が脱炭素へ向け岡山に集合 「意思ある情熱と行動で、10年後20年後の姿が変わってくる」と豊田章男自工会会長
 11月13日、スーパー耐久最終戦岡山が開催されている岡山国際サーキットにトヨタ自動車 豊田章男社長、マツダ 丸本明社長、スバル 中村知美社長、川崎重工業 橋本康彦社長、ヤマハ発動機 日髙祥博社長が集まり記者会見を行なった。会見の骨子はマツダがバイオディーゼル使用のデミオで、スバルが合成燃料使用のBRZで2022年のS...

「スバリスト」が“スバルの現実”に抱く不安の根拠 – ライブドアニュース

森の中を走るスバル「ソルテラ」(出所:スバル)(桃田 健史:自動車ジャーナリスト)スバル(SUBARU)は2021年11月11日、新型EV(電気 …

「スバリスト」が“スバルの現実”に抱く不安の根拠 - ライブドアニュース
森の中を走るスバル「ソルテラ」(出所:スバル)(桃田 健史:自動車ジャーナリスト)スバル(SUBARU)は2021年11月11日、新型EV(電気自動車)「ソルテラ(SOLTERRA)」を世界初公開した。ソルテラはラテン語

スバルが待望の初BEV「SOLTERRA」を発表、2022年半ばにもグローバル展開へ … – エキサイト

スバルは11月11日、グローバル展開するバッテリー電気自動車「SOLTERRA(ソルテラ)」を発表しました。バッテリー電気自動車(BEV)としては同社にとって初 …

スバルが待望の初BEV「SOLTERRA」を発表、2022年半ばにもグローバル展開へ (2021年11月13日) - エキサイトニュース
スバルは11月11日、グローバル展開するバッテリー電気自動車「SOLTERRA(ソルテラ)」を発表しました。バッテリー電気自動車(BEV)としては同社にとって初のグローバル展開モデルとなり、価格は未発...

絶滅危惧種? センターメーター…ちょっと気になる[日曜アーカイブ]

スバル レヴォーグ が依然好調、スポーツワゴン人気に再燃の兆しか? https://response.jp/article/2021/11/10/351225.html. SUVやミニバンが人気の昨今、 …

絶滅危惧種? センターメーター…ちょっと気になる[日曜アーカイブ] | レスポンス(Response.jp)
先週気になった記事はセンターメーター、ガソリン代と電気代の損得、スポーツワゴン人気など。

新型トヨタGR 86ついに発売! スバルの代名詞「アイサイト」がそのまま採用された理由とは?

エンジンに続き安全装備もスバルの技術を継承. GR 86には、先代型の水平対向エンジンに続いて衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能を兼ね備えるアイサイトも搭載 …

新型トヨタGR 86ついに発売! スバルの代名詞「アイサイト」がそのまま採用された理由とは?
ついに発売となったトヨタGR 86。2代目もスバルBRZと共同開発で誕生した。新型で注目したいのは、AT車の安全装備にスバルの代名詞ともいえるアイサイトが搭載されていることだ。なぜ、専売特許ともいえるアイサイトがそのままトヨタ車に採用されたのだろうか?

「スバリスト」が“スバルの現実”に抱く不安の根拠 – BIGLOBEニュース

(桃田健史:自動車ジャーナリスト)スバル(SUBARU)は2021年11月11日、新型EV(電気自動車)「ソルテラ(SOLTERRA)」を世界初公開した。

「スバリスト」が“スバルの現実”に抱く不安の根拠(2021年11月14日)|BIGLOBEニュース
(桃田健史:自動車ジャーナリスト)スバル(SUBARU)は2021年11月11日、新型EV(電気自動車)「ソルテラ(SOLTERRA)」を世界初公開した。ソルテラはラテン語の…|BIGLOBEニュース

スバル、マツダがカーボンフリー燃料でスーパー耐久シリーズに参戦を発表 | オートプルーブ

トヨタ、マツダ、スバル、ヤマハ、川崎重工の各社長が2021年11月13日、スーパー耐久レースの最終戦(11月13日~14日)となる岡山サーキットに勢揃いし、 …

スバル、マツダがカーボンフリー燃料でスーパー耐久シリーズに参戦を発表 | オートプルーブ - Auto Prove
トヨタ、マツダ、スバル、ヤマハ、川崎重工の各社長が2021年11月13日、スーパー耐久レースの最終戦(11月13日~14日)となる岡山サーキットに勢揃いし、マツダは今回から次世代バイオディーゼル燃料を使用するデミオ1.5ディーゼルで出場し、スバルは来年からバイオ燃料を使用する新型BRZで参戦することを発表した。 また同...
タイトルとURLをコピーしました