2000年以降登場の日本車ベストセレクション!! 【スズキ・ダイハツ編】 – carview!

2000年以降登場の日本車ベストセレクション!! 【スズキ・ダイハツ編】 – carview!

【スズキ・ダイハツ編】. 2021/11/15 14:02 ベストカーWeb. 1/ …

2000年以降登場の日本車ベストセレクション!! 【スズキ・ダイハツ編】(ベストカーWeb) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 2000年代に入って早くも21年が経過した。のちに「内燃機関最後の黄金時代」と呼ばれる可能性も高いであろう21年間だ。 本企画では、そんな2000年以降に登場した新型車をメーカー別にランキング。それはそのまま日本車の近代史にもなる。今回は...

日本連合で「超高回転」5万rpmへ、EV用モーター研究 | 日経クロステック(xTECH)

ダイハツとトヨタ、シリーズHEV発売 28.0km/Lの低燃費 … ダイハツ、DNGA海外第3弾は初のBセグ車 インドネシアに投入.

日本連合で「超高回転」5万rpmへ、EV用モーター研究
 国内自動車メーカーなどが集まる自動車用動力伝達技術研究組合(TRAMI)は2021年11月15日、22年度の研究方針を説明した。内燃機関から電気自動車(EV)用モーターやその関連技術に研究の軸足を移す。とりわけ重視するのがモーターの高回転化だ。現状は1万3000rpm前後にとどまるが、5万rpmの「超高回転」を見据え...

世界初公開したトヨタ新型ミニバン「アバンザ」 迫力グリルでゴツ顔に全面刷新! スライドドア …

ダイハツ版モデルは「セニア」という名前で販売されています。 アバンザのボディサイズは、先代が全長4190mm-4200mm×全幅1660mm×全高1695mmに対して、新型では …

世界初公開したトヨタ新型ミニバン「アバンザ」 迫力グリルでゴツ顔に全面刷新! スライドドア無いミニバンの特徴とは
日本においてミニバンといえばスライドドアを採用しているモデルが一般的ですが、東南アジアではヒンジドアを採用しているモデルも多く存在します。そうしたなかで、トヨタは新型ミニバン「アバンザ」を発表しました。

日産部品長野販売労組労組大会、ダイハツ労組青年部の皆さんとの意見交換… – 選挙ドットコム

マツダ労組政策制度研修会、日産部品長野販売労組労組大会、ダイハツ労組青年部の皆さんとの意見交換、日野労連政策制度研修会に出席し、国政報告や …

マツダ労組政策制度研修会、日産部品長野販売労組労組大会、ダイハツ労組青年部の皆さんとの意見交換... - 浜口誠(ハマグチマコト) | 選挙ドットコム
マツダ労組政策制度研修会、日産部品長野販売労組労組大会、ダイハツ労組青年部の皆さんとの意見交換、

トヨタの「軽」は儲からない!? それでもトヨタが軽自動車を売るワケ – 自動車情報誌「ベストカー」

良い軽自動車が欲しければ、トヨタ傘下のダイハツ販売店に行くほうが得策だ。タント・ムーヴ・タフトなど、魅力的なクルマが揃っている。

トヨタの「軽」は儲からない!? それでもトヨタが軽自動車を売るワケ - 自動車情報誌「ベストカー」
トヨタが軽自動車の販売を始めて10年が経過する。この10年間、積極的に販売するわけではないが、ラインナップされ続けている。軽に対して消極的なトヨタが販売を続ける意味はどこにあるのか。トヨタ販売店に軽自動車は必要なのか?

周囲に「わかってる」感がアピールできる! ちょっぴり優越感に浸れる「アウトドア向けカー」7 …

TAG: FJクルーザー, SUV, アウトドア, アウトバック, アウトランダーPHEV, ウェイク, キャンプ, ジープ, スバル, ダイハツ, ディフェンダー, デリカD:5, …

周囲に「わかってる」感がアピールできる! ちょっぴり優越感に浸れる「アウトドア向けカー」7選
アウトドアといえば、やはりクルマで出かけるもの。となると、荷物も積めて悪路もOKな、SUVが人気である。そこで、周囲のキャンパーなども納得する、装備や機能も充実したオススメのSUVを紹介。今回は国産から輸入車、そして中古車まで7台を厳選してみた。

【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアの使い勝手に尽きる…中村孝仁 | レスポンス …

… の多くのモデルはリアヒンジドアである。ところがここにスライドドアを持ったハイト系モデルが登場した。それがダイハツ『ムーブキャンバス』だ。

【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアの使い勝手に尽きる…中村孝仁 | レスポンス(Response.jp)
◆ワゴンRの誕生からスーパーハイト系へ ◆ムーブキャンバスより50kg軽く、45mm車高が高い ◆スライドドア版のワゴンRがあれば…

トヨタがSUVミニバン新型「ヴェロズ」を発表! タフ顔&ジムニー並の地上高! 約201万円から尼 …

インドネシア市場で展開されるアバンザは、トヨタとダイハツの共同開発となる3列7人乗りのミニバンで、2004年から2011年に初代、2011年から2021年まで2代目 …

トヨタがSUVミニバン新型「ヴェロズ」を発表! タフ顔&ジムニー並の地上高! 約201万円から尼で発売
2021年11月10日にトヨタのインドネシア法人が発表した新型ミニバン「ヴェロズ」。東南アジアを中心に展開されているもモデルですが、そのデザインやコンセプトから「SUVミニバン」ともいえる存在です。新型ヴェロズにはどのような特徴があるのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました