トヨタが驚異の14インチ「巨大ディスプレイ」導入。日本に展開されるのか – Yahoo! ニュース

トヨタが驚異の14インチ「巨大ディスプレイ」導入。日本に展開されるのか – Yahoo!ニュース

北米向けのフルサイズピックアップトラック「タンドラ」に搭載されている、トヨタの新世代マルチメディアシステムがかなり凄い。レクサスNXに続くもので、 …

新型タンドラに驚異の14インチ「巨大ディスプレイ」搭載。トヨタの新世代マルチメディアシステムが、運転する楽しさを革新する(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
北米向けのフルサイズピックアップトラック「タンドラ」に搭載されている、トヨタの新世代マルチメディアシステムがかなり凄い。レクサスNXに続くもので、トヨタブランドとしては初採用となる。なんと言っても目

年間1800km分を屋根で発電!! トヨタ新EV「bZ4X」 ソーラー発電の本気度が意外にすごかった件 …

10月29日、ついにトヨタが新型EV「bZ4X」の詳細を発表。トヨタ肝入りの電気自動車だけに、大きな注目が集まっている。その詳細でいっそう目をひいたのが、 …

年間1800km分を屋根で発電!! トヨタ新EV「bZ4X」 ソーラー発電の本気度が意外にすごかった件(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 10月29日、ついにトヨタが新型EV「bZ4X」の詳細を発表。トヨタ肝入りの電気自動車だけに、大きな注目が集まっている。その詳細でいっそう目をひいたのが、オプション設定されるソーラーパネルの性能だ

トヨタがSUVミニバン新型「ヴェロズ」を発表! タフ顔&ジムニー並の地上高! 約201万円から尼 …

2021年11月10日にトヨタのインドネシア法人が発表した新型ミニバン「ヴェロズ」。東南アジアを中心に展開されているもモデルですが、そのデザインや …

トヨタがSUVミニバン新型「ヴェロズ」を発表! タフ顔&ジムニー並の地上高! 約201万円から尼で発売
2021年11月10日にトヨタのインドネシア法人が発表した新型ミニバン「ヴェロズ」。東南アジアを中心に展開されているもモデルですが、そのデザインやコンセプトから「SUVミニバン」ともいえる存在です。新型ヴェロズにはどのような特徴があるのでしょうか。

トヨタがSUVミニバン新型「ヴェロズ」を発表! タフ顔&ジムニー並の地上高! 約201万円から尼 …

トヨタのインドネシア法人は、2021年11月10日に同市場で新型ミニバン「ヴェロズ」を発表しました。 新型ヴェロズは、インドネシアで販売されているミニバン …

トヨタがSUVミニバン新型「ヴェロズ」を発表! タフ顔&ジムニー並の地上高! 約201万円から尼で発売(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタのインドネシア法人は、2021年11月10日に同市場で新型ミニバン「ヴェロズ」を発表しました。    新型ヴェロズは、インドネシアで販売されているミニバンとなる新型「アバンザ」の上級かつスポ

新しいトヨタRAV4登場! 新グレードも追加へ | GQ JAPAN

11月12日、トヨタの北米法人は、SUVの「RAV4」の2022年モデルを発表した。

新しいトヨタRAV4登場! 新グレードも追加へ
11月12日、トヨタの北米法人は、SUVの「RAV4」の2022年モデルを発表した。

トヨタ カローラシリーズ、グローバル累計販売5000万台達成記念モデル3車種を発売

トヨタ自動車は、『カローラ』シリーズのグローバル累計販売5000万台記念の特別仕様車を設定し、11月15日より販売を開始した。

トヨタ カローラ、グローバル販売5000万台達成! 記念モデル3車種を発売 | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車は、『カローラ』シリーズのグローバル累計販売5000万台記念の特別仕様車を設定し、11月15日より販売を開始した。

トヨタ、カローラに安定した車両挙動に貢献する「除電スタビライジングプラスシート」を採用 …

トヨタ自動車は11月15日、「カローラ」シリーズのグローバル累計販売5000万台を記念して、運転席の「除電スタビライジングプラスシート」などを特別装備した …

トヨタ、カローラに安定した車両挙動に貢献する「除電スタビライジングプラスシート」を採用した特別仕様車
 トヨタ自動車は11月15日、「カローラ」シリーズのグローバル累計販売5000万台を記念して、運転席の「除電スタビライジングプラスシート」などを特別装備したカローラ、カローラ ツーリング特別仕様車 HYBRID W×B“50 Million Edition”、カローラ スポーツ特別仕様車 HYBRID G“Style ...

第24回:ついに基本スペック公開! 「トヨタbZ4X」の姿をライバルとの比較で浮き彫りにする …

トヨタが、2022年に発売予定の新型EV「bZ4X」の概要を公開した。同社初のEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を用いた第1弾モデルは、どのようなクルマになっ …

第24回:ついに基本スペック公開! 「トヨタbZ4X」の姿をライバルとの比較で浮き彫りにする 【カーテク未来招来】 - webCG
トヨタが、2022年に発売予定の新型EV「bZ4X」の概要を公開した。同社初のEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を用いた第1弾モデルは、どのようなクルマになっているのか? 明らかになった情報をもとに、bZ4Xの特徴と、その背後にあるトヨタの狙いを読み解く。

トヨタ、車1台の利益でついたテスラとの3倍の差 – 日本経済新聞

世界の自動車メーカーが半導体不足に直面した中で、2021年7~9月期決算(国際会計基準)で純利益がこの時期としては過去最高になったトヨタ自動車。

トヨタ、車1台の利益でついたテスラとの3倍の差
世界の自動車メーカーが半導体不足に直面した中で、2021年7~9月期決算(国際会計基準)で純利益がこの時期としては過去最高になったトヨタ自動車。ただ出そろった主要自動車メーカーの決算を分析すると、車1台の純利益は米電気自動車(EV)大手のテスラに3倍近い差をつけられた。時価総額も15日時点でトヨタの34兆円に対し、テス...

米トヨタ、HV向け部品の生産ラインを新設へ—将来のEV生産も視野に | レスポンス(Response.jp)

トヨタ自動車の米国部門は11月11日、バージニア州のトヨタウェストバージニア(TMMWV)に2億4000万ドルを投資し、ハイブリッド車向けトランスアクスルの新た …

米トヨタ、HV向け部品の生産ラインを新設へ---将来のEV生産も視野に | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車の米国部門は11月11日、バージニア州のトヨタウェストバージニア(TMMWV)に2億4000万ドルを投資し、ハイブリッド車向けトランスアクスルの新たな生産ラインを設けると発表した。
タイトルとURLをコピーしました